新年のご挨拶

►2017/01/07 22:20 

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお付き合いのほどよろしくお願いします。



先月は記事をひとつもあげることもなく過ぎてしまった。
忙しかったとはいえ、PCを立ち上げられないほどの忙しい日々でもなかった。

なんとなく、というか以前のように「記事になるようなネタがないかなぁ」と
アンテナをはって生活することもなくなったし、
忙しいだけの変わりばえのない生活というか
「姫(若)が立った!歩いた!しゃべった!」というような感動もなくなってなんとなくすぎる日々。

よく言えば“穏やかで落ち着いた日々”。
・・・ものは言い様だな


↓↓↓玄関の鏡餅
IMG_4141.jpg


姫の冬休みの宿題に「お正月についてしらべる」というのがあった。

鏡餅のいろいろなパーツの名前や由来を調べた。
スマホって便利~とネットでいろいろ検索した。
知らないことばかりで勉強になった。

手前にある干し柿、本来ならば串にさした串柿にするらしいけど
我家は一つだけ。
そして橙(だいだい)ではなくみかんをおいた。

そして、写真を見て気付いたのだが、餅の右手前に黄色いものが。。。
みかん?姫か若が置いたのかな?



★★★おまけ★★★

↓↓↓玄関かざり
IMG_20170105_152020.jpg

結婚して初めて鏡餅以外の正月飾りを置いた。
なんとなく気分がいい。
来年はもうちょっと増やしてみようかな。
正月っぽいもの。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

初盆 精霊流し その②

►2016/10/11 22:45 

前回の続き、というか精霊流しの裏方の話。
といってももう10月なんで8月の話をするのも遅すぎるんだけど。





精霊流しは、炎天下の中外で船をつくるのが一番大変なのだが、
宴会準備もこれまた大仕事。

母方の祖母も初盆ではあったが、こちらの方が手が必要だということで
私達3姉妹は長崎市の精霊流しの方に参加。

飲食関係の準備はおば達の指示を受けながらあちらこちらへ買出し。



私達3姉妹は得意分野が違うからか、いつごろからか
何をやるにしてもうまい具合に仕事が担当制になる。
しかも暗黙の了解というかごく自然に。

基本私が指揮官。
そして妹達はそれに従う。

といっても、特に指示せずとも「きっとこれは私の仕事だなぁ~」という感じで
各自がその仕事に就いていく。

運転とか機転とか行動力とかフットワークが必要になるものは次女が。
今回でいうと、飲み物や宴会で必要な小物類などの買出しはすべて次女がしてくれた。


現役教師で体力と忍耐力がある三女は主に子守、そしてその他雑務。
小学生の姫と姪っ子にとって、いや私と次女にはとってはありがた~い家庭教師。
宿題でわからないところはMM姉ちゃんに教えてもらい!
夏休みの工作はMM姉ちゃんに手伝ってもらい!とまるなげ~
しかもタダ

今回は炎天下の中、父の精霊船作成のお手伝い。
『ま、まさかの“外”班・・・』と黒いTシャツが塩吹くほどに汗をかいて頑張ってくれた。

私は次女が生まれて一つ昇格。次女は三女が生まれて一つ昇格。
三女は・・・ずっと下っ端から抜けられない。

今回準備班のメンバーの年齢を考えると、やっぱり一番の若手。
しょうがないね~。



私はというと、ほぼほぼ実家で台所しごと。
朝食の片付けをしたと思ったらもう昼ごはん。
出かけて夜戻ってきてバタバタ夕食の準備。


しかも毎夜毎夜父を囲んでの宴会。
娘婿が二人もおったから父の酒もすすむすすむ。

片付けは深夜まで・・・。



食事の世話だけではない、同時に子供達に昼寝をさせたり
お風呂に入れたりフル回転。



いや~眠かった。毎日毎日午前様。
頼まれた船の帆(?)は本番前日の夜中1時から縫い始めた。
やってもやっても終らぬ仕事。


当日も就寝したのは真夜中。

そして翌日。

宴会会場となった祖母宅から持ち帰った、あまった飲食物を分けたり、
ゴミを分別したり、帰る荷造りをしたり。

妹が福岡に戻ってから洗濯したくないから洗濯を終らせてから帰りたい、というので
それもそうだ、と何回もまわして洗濯をした。
前夜から洗ってるのに使ったシーツやタオルケットやバスタオル等など
終らない、終わらない・・・。

その間食事の用意もいるわけで。
女性3人もいてなぜこんなにも進まぬ・・というくらいに時間がかかった。


私と次女が家事に奮闘する間、三女は姫と姪っ子の夏休みの宿題をみてくれた。
一番大変な、小学生の夏休みの自由課題。


↓↓↓姫の作品
IMG_3711.jpg

上手に描けました!


三女へのリクエストは

①2年生レベルを超えすぎない程度に「上手!」と思ってもらえるレベルに仕上げる。
②先生が「おうちの人と楽しく描いたのねぇ~」と思ってくれる程度に手伝う。

さすが教師が指導しながら描いた作品よねぇ~♪





洗濯物はやっつけて自宅に戻ったはずなのだが、
翌朝の洗濯カゴはびっくりするくらいに山盛りになていた。


・・・・・なぜ?????


ちなみに、次女も三女も同じ悲鳴をあげたらしい。



いや~働いたぁ~。









テーマ : 行事・イベント - ジャンル : 育児

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

初盆 精霊流し その①

►2016/09/17 17:27 

昨年末、父方の祖母が他界した。
そして今年のはじめに母方の祖母も。

その他、親戚のおじいさんやおばあさん、おじさんなどが
相次いで亡くなり、あちらでもこちらでも初盆だった。


長崎の初盆は派手にやる。
にぎやかといった方が伝わるかな。
花火をして、爆竹をして、にぎやかに送り出す。


精霊船をつくってみんなで同じ衣装に身を包み、
個人を偲びながらもお祭り騒ぎで楽しく船を流す(運ぶ)。

↓↓↓今回流した精霊船
IMG_20160815_165720.jpg



今まで何回か参加したことがあるが、招待される側だったので
当日集合時間の夕方に行って楽しい時間だけを過ごして帰るだけだったが、
今回は祖母だったので、父が責任者。
初めて準備をする側にまわった。

母は自分の実家の初盆に行って不在だったので
船以外の部分はおば二人といとこと妹達とで準備をした。

準備はしたことはなくても大変なのは想像していたし、
手伝いは要らないかと何度も父に聞いたのだが、
その時は父もあっぷあっぷで私達に指示を与えられず
結局盆に帰省した時に「え・・・全然準備すすんでないじゃん。」と発覚することに。


8月15日の精霊流し当日は、
夕方集合して集合写真を撮った後、出発式と称し飲みながら軽く食べて出発。
流し終えた後は再び戻って打ち上げ。
船を作るのも大変だが、飲食の準備も大変。

おば達の指示のもと、紙コップや紙皿なんかは前日に買出しに行き、
足りないもが当日の昼過ぎからも出てきて大忙しだった。

大人だけならいいのだが、姫と若、姪っ子と甥っ子も抱えての準備なので
旦那がいたとはいえ大変だった。
夜遅くまでぐずらずに起きていられるように無理矢理に昼寝をさせるのも大変だったかな。

お盆期間は13日~15日まで3日間お墓参りをする。
長崎の墓参りが他の地域とちょっと違うのは、
お墓で花火をしながら長居をするってこと。

↓↓↓提灯をかざる
IMG_20160813_184337.jpg

こうやってずらーっと提灯をぶらさげるのは初盆のところだけ(多分)
最終的には一つ残してすべて精霊船に移設する。


↓↓↓日がおちるとこんな感じ
IMG_20160814_200019.jpg

この明かりをたよりに蚊と格闘しつつ、大人は談笑し子供は花火をした。

昔は親戚と「じゃあ、墓に○時集合ね」と墓集合墓解散で
積もる話をしながら過ごした。

私には馴染みのある過ごし方だが、旦那はちょっと驚いている様だった。



出発式を終え、いざ出発。
祖母の家は高台にあるので、急な坂を慎重に下ろすところから始まる。

↓↓↓坂道の移動中
IMG_20160815_182451.jpg

↓↓↓飲み物のポリタンク
IMG_20160815_182607.jpg

このカートの中には
氷とビール、お茶やジュースが入っている。

↓↓↓火がともる船
IMG_20160815_195237.jpg

この船は多分標準サイズいや、小さい方かな?
これよりも大きな船は沢山あって、どっかの社長の船とか、
合同の船とかでかいものはほんとにすごい。
連結されてるものとか全長何メートル?って感じ。

↓↓↓甥っ子と若
IMG_20160815_192409.jpg

どれだけジュースを飲んでも怒られないのをいいことに、
カルピスからコーラからもう飲み放題。

何度トイレに連れて行ったことか。

↓↓↓爆竹の残骸
IMG_20160815_201145.jpg

爆竹は箱ごと、それも数箱から十数箱一度に火をつけるので
時には火柱がたつほどの豪快な鳴らし方になる。

道路は爆竹の残骸で埋め尽くされる。

これが翌朝にはキレイになってるんだからすごい。
素晴らしいシステムだわ。



つづく・・・



テーマ : 行事・イベント - ジャンル : 育児

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

じいじの大根

►2016/01/22 23:05 

実家の菜園で父が大根を育てた。

正月、ちょうど引き抜き時ということで
姫が大根を収穫した。

↓↓↓収穫したての大根
IMG_2774_201601222208206e5.jpg

↓↓↓とったどー!
IMG_2773.jpg


生のまま食べても結構甘かった。

1本は料理で食べ、残りの2本は漬物にした。

小ぶりの2本だったが、細かく切ったら結構な量になり、
大きなボールいっぱいになった。

↓↓↓甘酢づけ(ゆず風味)
IMG_20160122_213635.jpg

↑の写真の姫の格好は正月時とは思えぬ薄着。
こんなに暖かい冬でいいのか?と心配してしまうくらいに暖かく、
もう少し冬らしく寒くなってもいいんだけどなぁ~なんて思っていた。

しかし・・・ここまでの大寒波は望んでいなかった。

このところの寒さ、どうにかしてくれー

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2016 新年のごあいさつ

►2016/01/05 22:40 


久しぶりの更新。

まる一ヶ月更新せずにいて
ページトップに広告が出てしまったのはブログ開設いらいはじめて。


とにかく忙しかった年末年始。
あーーーっという間だった。

ぼちぼちアップしていこうかな。


ではあらためまして・・・。


あけましておめでとうございます



去年は姫が1年生になり、若が幼稚園生になり、
日中やっと自分の時間が出来るようになって
バンバンザイの日々がおとずれると思いきや・・・・。


もうとんでもない1年だった。

私厄年だったっけ?と思うことも。



自分のことで時間を使うことがほとんどない1年で、
美容院もママラチも気ままショッピングも全然出来なかったが、
過ぎてみれば充実した1年だったかな。
久しぶりに試験勉強もしたし。


今年は去年の1/2のペースでのんびり過ごしたいなぁと思っている。
出来るかわからないけど。


最近物忘れがひどくて「脳神経外科へ行け」と真剣に
旦那に言い渡されたワタクシもろあいですが

本年もよろしくお願いします。。





未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

出会って20周年記念旅行 ②

►2014/11/16 00:07 

前回のつづき。

私が入部した時の大学のサークル。
大所帯で100人いたかも?と思えるくらの多さだった。
(そんな印象があるだけで実際はもう少し少ないとは思う)

そのサークルメンバーも時代と共に減っていき、
現在16,7人にまで減ってしまったとか。

こんなに少なくなったのに、16名でも17名でもなく
16,7名としかわからないのってどういうこと?
微妙な人が一人いるってことかな。
私が直接聞いたわけじゃないからわからないけど。


とりあえず細々とではあるけど存続していた部を見届け、
当時新館だった建物(現在は築20年)へ行ったり
部室や大練習場がどうなっているかを見学にサークル会館へ寄ったりして
学内探索をしてから出た。

この旅、私は姫と若を連れてから行った。
もちろん子供達にとってはおもしろくもなんともない時間。
この間姫はずっと『早く温泉行こうよ。お母さん、まだ行かないの?』と
言っていた。

姫達にはわるかったが、私達大人はビールに焼き鳥で
なつかしい気分にひたって楽しかった。


この後は目的地の川棚温泉へ。

到着後はご想像通りのコース。

温泉入って飲んで食べて深夜までしゃべりたおした。


翌日は川棚温泉名物の瓦そばを食べて帰った。

↓↓↓瓦そば
NEC_0430.jpg

写真は3人前。
これを食べたのは学生以来。

ぱりぱりの茶そばに甘いつけだれ。

美味しかったー。




あっという間の2日間だったが、
とってっもとっても楽しかった。

姫も小学校のお兄ちゃんに沢山遊んでもらったし、
若は唯一男性参加の先輩に「おとうさん」と呼んで沢山遊んでもらった。
(↑今回の旅行は同期旅行だが、同期が一つ上の先輩と結婚したので
一緒に家族参加してくれた)
今回子連れじゃない一人参加の友人達が
いっぱい子供達をみてくれたのでとっても楽だった。

姫も若も『楽しかったー!』と言ってくれた。


ただ・・・もう年ですな(苦笑)
帰宅当日はパタンキュウ。
疲れは数日取れないし。


次回はまた10年後。
私、・・・いくつ?
恐ろしいけど次回も楽しみ。

次の次の話題は
老いと健康と病気と・・・もしかしたら孫の話も出来るかな?




★★★ おまけ ★★★

大学のトイレで、大きな鏡の前に立ったとき、
両脇に学生が数人立っていた。

両目で左右をチラリ。


わ・・若い。(当たり前だけど)

水を弾きそうな肌。
透明感のある肌。
ショートパンツを履いた生足。

完敗。。。



しっかーし。

相手(?)は若さはあるが洗練された感じはナシ。
田舎大学生らしいというか。

うーん、なんというか、“もたっとした感じ”。


負け惜しみではあるが
『若さは完敗だが、私達の方が洗練されてるわ』と強く思った。
いや、思うことにした。

普段の、幼稚園の送り迎えメインの生活の私は
ジーパンにパーカーにひっつめ髪。

この日はいつもよりちょっとよそ行き。
髪もきれいにまとめた。

まだまだ若い者にはまけませぬよ~なんて大それたことは思わなくても
年寄りには見られたくなかったのだ。

しかーし、呼び込みの学生から

 『そこのおかあさーん』と呼ばれてしまった。


なにー?何ですと? なぜ? どんなにこぎれいにしても
母親臭出てる?とショックーーと落ち込むこと数秒。


あ、私若を前おんぶしてた。


そっか、おんぶしてるからお母さんって呼ばれてもしょうがないね(笑)


あの時の学生くん、
子供抱っこしてなかったら「おかあさーん」とは呼ばなかったよね?



未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

里帰り

►2014/08/13 22:40 

先週末から11日間実家に帰っていた。
妹親子も一緒だったのでとても賑やかだった。

ちょうど台風10号と11号がきてほとんどが雨だったが、
なんとか花火や庭でのプール遊び、公園遊びも出来たし
姫と姪っ子は朝から晩まで目一杯フル回転で遊んで楽しんだ。

私はというと、到着初日から食材の買出しから
昼飯と夕飯を担当し、ずっとキッチンに立っていた。
台風雨で汚れた1階の窓をキレイにしたり駐車場をキレイにしたり
私もかなりフル回転だった。
休養という名の里帰りでは全くなかった

・・・とかけば、もろあいさんのご両親は、
娘がきてそれはそれは楽させてもらったのね~なんて思われそうだが
そうではない。

水遊びをしたり、食いこぼしたり、汗だくになって
次から次へと出る子供たちの洗濯物とタオルを母は一日洗濯していた。
雨ばかりで全然乾かないし。


父はというと、

「お父さ~ん、姫達がおじいちゃんと一緒にお風呂に入りたいってー」と
お風呂に入れてもらい、

「あんた達、おじいちゃんが庭にいるよ。遊んどいで。
ついでに公園にも連れてってもらい。」と

子供達を外へ連れ出してもらった。

プール遊びも花火も外遊びは父担当。


姫はずっとおじいちゃんと寝た。


ぎっくり腰の回復もままならぬ腰をかかえ
だましだまし・・というよりは
腰のことは無視で孫達を上に下にふりまわして遊んでいた。





2歳半の若と2歳4ヶ月の甥っ子は、子供4人で一日中過ごす日々が
かなり刺激になった様で、
目で見えるくらいの成長を遂げた。

若はトイレでのおしっこに初成功したし
言葉がまだ出ない甥っ子は「もろあいねえちゃん」と言えるようになったし
(気が向いたらだけど)若の名前も
気持ちはわかるぞーというレベルで言えるようになった。

仲の良いはとこ全員に会えたし、
大勢での夕食会も何回もあってそれはそれは楽しくあっと言う間の里帰りだった。

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

新年のご挨拶

►2013/01/01 08:37 

明けましておめでとうございます。



もちろんこれは病室のベッドの上にて。

今朝の病院食だが、祝い盛りという正月風に飾られたものが出てきた。

ただ、今日から朝食をご飯からパンに変えてもらったんで
不思議なプレートになっている。
味噌汁の横に牛乳もあるし。和食?洋食?って感じ。
祝い盛には、寿の字が入った蒲鉾と卵とじに何か具材が入ったもの、
そして黒豆が入っていた。デザートはもも缶。


写真とるはずだったのに残るは無惨な残骸ばかり‥


昨年末は人生初の手術を経験し、まだ入院中。

健康のありがたさを痛いほどに感じた。


ということで、

今年のテーマはやっぱり健康。


子供達のために元気なもろあい母ちゃんでいられるように
頑張ります!

皆さまも今年一年つつがなくお過ごしになれますように。

では本年もよろしくお願い致します。


もろあい

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

ただ今里帰り中

►2012/08/08 00:46 

ただ今里帰り中。
今年も妹親子と6人で共同里帰りで9日滞在する。
現在5日目。
それぞれの旦那はお留守番。

狭い空間に大人5人子供2人赤ちゃん2人で過ごすもんで
うるさいわ暑いわで、「里帰り=休養」とは程遠い日々を送っている。

祖母はマイペースに過ごし、
父は日中は仕事をし、帰宅後はオリンピック観戦をしつつ
姫たちと遊んでいる。

姫と姪っ子は仲がいいのか悪いのか、
一日中ケンカしては仲直りしながら騒がしく過ごしている。

一番大変なのはもちろん母。
家の仕事以外にも町内会の仕事もあったりするなか、
姫と姪っ子の相手をするメインは母なので
かなり体力を使ってる様子。

しかも母もオリンピック好きで
夜中の中継も結構見ているらしく
「眠い」「疲れた」と連呼している。

私と妹は、オリンピック観戦で寝不足の中、
昼間は姫と姪っ子のケンカの仲裁や若と甥っ子の沐浴等々
ものすごく忙しい日々を送っている。

なぜ“ものすごく”と書いたかというと、
結構家事もしているからだ。

姫と姪っ子が母の手を完全にとってしまうので、
私達がやるしかない場面が多々出てくる、というわけだ。

母が用事に姫と姪っ子を連れて出かけた。
その間に若達を寝かせて私達も仮眠を!と思っていたが
なかなか寝てくれなくて、おんぶをして寝かせながら
掃除機をかけたり洗い物をしたりしているうちに
姫たちが「ただいまー!」と帰宅

姫も姪っ子も普段よりもかなり早い時間に起きるので
昼過ぎぐらいから眠くてぐずぐず言い出す。

うまくお昼寝を挟めなかった場合は
寝るまでケンカの仲裁に入らないとならなかったりして
とてものんきに昼寝をする時間なんてないのだ。

若におっぱいをあげながらうとうとし始めると
 『おかあぁさーんNNちゃんが○○って言ったぁぁ』と泣いてきて起こされる。

もちろん二人で仲良くおとなしく遊んでいる時間もかなりあるのだが、
『おかあさん、うんち。』『おかあさん、おちゃー。』と
いいタイミングで私のところにくるもんで昼寝はほぼ出来ない。

しかし、夜のオリンピックはやっぱり見たい。

今は卓球の女子団体決勝を見ながら更新している。

女子バレーボールの準々決勝を見ながらやりはじめたのだが、
完全互角のシーソーゲームでものすごくおもしろくて
PCに向かうだんじゃなくて。

夜中起きているとおなかがものすごくすく。
授乳中だからよけいに食べても食べてもおなかがすく。

夕食後、10時ごろ夜食を食べ、
その後も甘いものをちょいちょいつまみながら
連日連夜すごしていたら・・・

数日で1.5キロ増えた


帰ったら旦那のお盆が始まり、
主婦業24時間営業の日々が始まる。

そのための休養を取って帰りたいのだがちょっと無理な模様。


もうちょっとで男子サッカーの準決勝、
今晩も寝られませんなぁ。。


★★★ おまけ ★★★


今日、若が初めてつかまり立ちをした
生後7か月弱ということで姫よりも1ヶ月早い。

生後5ヶ月たっても寝返りをしなかったので、
つかまり立ちも遅めだろうなぁと思っていたのでびっくり。

つかまり立ちした瞬間を実家のみんなで見守れたし
なかなかいいタイミングだった。

離乳食はなかなか順調。
我が家のプリンス、若殿、すくすく成長しとります



テーマ : つれづれ日記 - ジャンル : 日記

未分類Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

頑張れニッポン!

►2012/07/30 21:36 

ロンドンオリンピックが始まった。

日本人は五輪好きな国民らしい。
そして私も御多分にもれず、どっぷりはまる方。

実家の両親も好きで、そんな環境で育ってきたからか、
オリンピック期間は眠い目こすりながらテレビにかじりつくのが
誰でも当たり前の光景だと思っていた。

しかし、旦那はちょっと違う様で、
“結果”がわかればいい、という感じで
勝負の過程はそれほど興味がない様子。

日本国中の期待を背負って重圧で戦う選手達に
声援を送ってあげて欲しいところなのだが、
「応援の声なんてとどかんじゃん」と
みもフタもない事を言い出す。

声じゃないの!“念”を送るの!と言ってもわかってもらえない。
なんとももどかしい。


LIVEであっている試合があるのにドラマを見ようとする旦那を
非国民扱いをしながら、なんとかチャンネル権を渡さずに
テレビの前を陣取っている。


LIVEだと、試合と試合の間が結構あったりして、
その間に過去の試合のVTRを繰り返して放送されたりする。

いい結果の試合だったら、何度も放送されるが、
旦那はそれが気に食わないらしい。

「またこの試合?もう見たよ。」と深いため息。

私は
「感動のシーンは何度みてもいいでしょ?」と
そのシーンを見るたびごとにじーんとくる。


この温度差って・・・。



金の期待が強くかかる選手こそ、応援したくなる。
彼らにかかる重圧を思うと祈るような気持ちになる。



旦那の実家両親はオリンピックにそれほど興味がないらしい。
やっぱり環境かな。

あんまり興味のない旦那と
どっぷりつかる私。

姫と若、さてさてどちらに染まるかなぁ~。


頑張れニッポン!


テーマ : つれづれ日記 - ジャンル : 日記

未分類Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»