船便の梱包と開封作業 ②

►2007/05/12 15:00 

昨日のつづき。

ひとつずつエアパッキンで厳重梱包され、つめこまれて
出来上がったダンボールは44箱
(業者が梱包)

今の部屋は中国で住んでいた部屋の半分しかない。
この荷物が届いた時は『いったいどこに納まるのか?』と
心配になったが、結構すんなり納まった。

それもそのはず、<厨房>とかかれた中くらいのダンボールには、
中身がたったの12個しか入っていなかったのだ。

しかも割と小さな食器・・・。

昨日も書いたが、小皿もエアパッキン(プチプチ)で
ばか
丁寧にぐるんぐるんに巻いて、
小どんぶりくらいの大きさにしてくれたからだ。

船便で届いたものはとりあえず破損してなかった。
しかし、ダンボールはかなりボロボロになっていた。
『なにこのダンボール。中は大丈夫??』という状態だった。
衣類のダンボールは、上面の真ん中がかなり凹んでいたし、
どのダンボールも角が凹んでいた。

ダンボールも砂というかススまみれで扱うと手がすぐに真っ黒になった。

一番大変だったのは、品物の開封作業

梱包された品物は、エアパッキンでぐるぐるに巻かれた後、
透明のガムテープで十文字にがんじがらめに巻かれていた。

こうなると、とても手では開封できない。
カッターが必要となる。
しかし、中身に傷が入ってはいけないので、
カッターに力を入れるわけにはいかない。

少しずつ、慎重にカッターでガムテープに切り目をいれていき、
手で剥ぎ取っていった。

こうやってはぎとられたエアパッキンは
再利用は不可能な無残な状態になり、完全にゴミとなった。

包まれた品物は、まず白い薄い紙でくるまれたのち
エアパッキンで包まれていた。

ということで、大量な白い薄紙とエアパッキンが
ゴミとなって出てしまった。

透明の45ℓのゴミ袋にぎゅうぎゅうにつめても
何袋にもなった。

幸い、このゴミはダンボールとともに
引っ越し業者が引き取ってくれたので助かったが
とにかくすごいゴミの量だった。

ちなみに、この大量に出たエアパッキン、
日本のものに比べると、薄汚れた色で厚さも薄かった。

新品なはずなのに古紙の様な色だった。
リサイクルされたものではないと思う。中国なだけに・・。
引っ越しで使われたダンボール、
3層ダンボールにはなっていたが、日本の2層ダンボールくらいの
厚みくらいしかなかった。

やっぱり日本の品物って、どれを(品物・サービス)とっても
すばらしいなと感じた引っ越しだった。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

船便の梱包と開封作業 ①

►2007/05/11 06:07 

久しぶりの中国ネタ記事。

以前の記事の末文に『このつづきはまた今度。』となっているものが
沢山あったので、その中のどの続きを書こうか結構迷ったのだが
とりあえず、記憶が鮮明なものから辿っていくことにした。

今回は中国から船便で送った引っ越し荷物の
開封作業
について書く。


空輸便で送ったものは一部破損していたが、
船便はとりあえず無事だった。
完全なる無傷ではなかったけど・・。

中国から日本に送った船便は44箱
海外駐在の奥様達には
『44箱なら上出来。』とのお言葉を頂戴した。

44箱といっても、中身がぎっしりつまった44箱ではない。
ぎっしりといえばぎっしりつまってはいるのだが・・。

品物は引っ越し業者がつめてくれた。
中国人スタッフが、日本人の指導のもと梱包してくれた。

輸送中に粗雑に扱われることを前提にしているのか、
とにかく梱包する品物を、ぐるぐるまきにして
ダンボールにつめてくれた。

そのおかげでかなりかさばり、44箱にもなってしまったのだ。


どれくらいぐるぐるまきにされたかというと・・

小さな10cm大の小皿は、大きなエアパッキン(プチプチ)で
ぐるぐる巻かれ、小どんぶりくらいの大きなだんごになる。

しかも、同じお皿があっても重ねず1枚ずつ梱包するのだ。

さらに! 「普通、こんなものまで梱包する??」というものまで
厳重に梱包してくれた。

例えば、洗面台の石けん置き。もちろんプラスチック。
それから電池クッションまで・・・。

おそらく『割れないように、厳重に梱包せよ。』との
指示に従い、機械的に梱包したに違いない。


おっと。。。今回は開封作業まで書く予定だったのに、
全然開封作業までたどり着かない
つづきは明日!

中国:住・施工Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

入居後工事

►2007/04/10 10:31 

華ちゃん宅にお泊りさせてもらったのが、
ちょうど華ちゃんが新居に引越しした直後の時で、
毎日、しかも一日中不具合修理工事だったり、
入居条件の工事だったりで
業者が出入りしていた。

華ちゃん達が入居時にオーナーに交渉したりして
交換をすることになったのは
バスタブと便器1ヶ所、ガスコンロの交換だった。
もっとあるかもしれないが、メインはこの3つだと思う。

とにかく施工業者も不動産業者もひどかった。
聞くだけでも『あぁ、華ちゃんお気の毒に・・。ご苦労様。』と
労をねぎらいたくなるくらいに大変そうだった。

ただ、私も中国慣れしていたせいか、“それ”を聞いても
たいして驚かなかった。

その“それ”を紹介していく・・。
※華ちゃんへ・・・もし内容が違ってたらごめんなさい。

①いつまたっても終わらない電球交換。

照明の球切れが数箇所あった。
普通、数箇所分の電球の品番をすべて控えて、
いっぺんに買いにいくと思う。

その、普通が普通じゃないのが腹が立つというか面白い。

華ちゃんは、業者のおじさんに照明の球切れ箇所をすべて説明。
おじさんは電球を買いに行き戻ってきた。

が!買ってきたのは1箇所分の球だけ。
しかもサイズが合わなかった、とか言っていた気がする。

品番きちんと控えていけばいいのに・・。
電気屋に何度も足を運ばず、いっぺんに買いに行けばいいのに・・・。

その後、おじさんは何度も華ちゃん宅と電気屋を往復して
電球交換をしたようだ。

しかし、現在不具合箇所の電球交換が完了したのかは不明。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

入居条件

►2007/04/07 00:34 

中国で外国人が借りて住む住居は大きく分けて2タイプある。
どちらも家具・家電付。

一つはサービスメントアパート(←言い方間違ってるかも。)

ホテルの客室清掃係の様なスタイルの人達が
部屋のシーツ交換や清掃をしてくれる。
週に何回来てくれるかは、金額やマンションによって異なるらしい。

友人が住むマンションは、朝食券も月々配布されると言っていた。
本当にホテルみたいだなと驚いたのをおぼえている。

もう一つは、オーナーから部屋を借りて住むタイプだ。
(何と言うかは知らない。)

私が住んでいた部屋は後者のタイプ。

マンションの部屋ごとにオーナーが違う。
最近中国では、マンションの部屋を買って外国人向けに改装し、
貸して家賃収入を得る不動産投資が流行っているらしい。

よって、部屋によって備え付いている家具や家電も様々で、
間取りもオーナーによって設計・施工されるので
雰囲気も部屋によってかなり違う。

入居を決めるにあたり、
『寝室にTVとDVDをつけてくれたら入居してもいいよ。』とか、
『冷蔵庫と洗濯機を新しく買い換えてくて下さい。』とか、
条件を提示してオーナーと交渉することが出来る。

大抵のことは了承してもらえる。
それくらい家賃が高いということだ。
家賃には、入居時にいろいろと入居者の希望を叶えるだけのお金も
含まれているらしい。

・・・ということで、希望は“言わなきゃ損”なのだ。

ちなみに、私が住んだのは新築。
提示した条件は、

①寝室にTV設置。
②DVDデッキ設置。
③NHK受信デッキ設置。
④書斎の照明交換。(もっと明るいものへ)
⑤衣類乾燥機の設置。


もちろん、すべて承諾してもらった。(させた?)

・・・・・・・という長い前置きになってしまったが、
昨日の続きに戻る。

華ちゃん宅も入居時にいろいろ条件提示していた。
浴槽交換、2F便器交換などなど。

その工事もなかなかのハプニングだった。

この様子はまた次回。


テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(3)Trackback(0) | Top ▲

入居直後 in中国

►2007/04/05 22:08 

日本に帰ってくる前に、数日間
友人宅(華ちゃん)にお世話になった。
中国にいることを忘れるくらいの
高級住宅街にあるおうちだった。

ちょうど華ちゃんが同じエリア内で
マンション棟から戸建てに引越したばかりの時だったので、
引越し直後のてんやわんやの時期にお邪魔してしまった。

中国では、引越してきた当日から
快適に普段どおりの生活が出来ない
のが普通だ。

業者に何度も来てもらいながら、1週間から10日、
かかる時は半月から1ヶ月くらい手直ししてから
やっと普段の生活が送れるのが普通
なのだ。

最近まで住んでいた家に入居した時は、
一見豪華で見た目もいいのに、不具合ばかりで
約1ヶ月も手直しをしてやっとまともに住めるようになった。
場所(不具合)によっては結局なおらないまま
目をつぶって最後までやりすごしたところもあった。

だから、華ちゃん宅にお邪魔した時も
同じように毎日業者が出入りしていた。

華ちゃんは
『バタバタしちゃって、ゆっくりくつろげなくてごめんね。』と
申し訳なさそうに何度も謝ってくれたが、
華ちゃん夫婦と華ちゃん宅のお手伝いさんの気遣いで
十分に快適に過ごせた。
それに、華ちゃんには申し訳ないのだが
『おぉ、ブログネタになるぞ~。』と彼ら(業者)を観察するのも
とても楽しかった。

とにかく、ネタ満載の彼らは見ていて本当におもしろかった。
華ちゃんはキーってなってたけど。

詳しくはまた・・・。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

引越し 荷解き ①

►2007/04/03 23:24 

先日中国生活を終え、日本に帰ってきた。
空輸便で送ったものだけが、日本に到着して1週間くらいで届いた。
なかなか早かった。
空輸便で送ったのはゴルフ道具とダンボール一箱のみ。
(空輸便については昨日の記事参照

ゴルフ道具は無事損傷なく届いた。
ダンボールの方はというと・・・。

開けてびっくり!!というかショック!

ダンボールの中で、宝石箱(木箱)や書類ケースが
おどっていた

宝石箱は結構沢山入るもので、ピアスや指輪や時計など
いろいろ収納出来る結構大きな木箱だった。

中身だが、高価なものは手荷物にしていたし、なくなったものは
なかったのだが、かなりあらされた状態だった。

木箱の端の方は割れていた。

中に入れていたスワロブスキーの髪留めは、
キラキラしたキレイなストーンがぽろぽろ台座から外れていた。

梱包時は、結構隙間なくきちんと詰めてくれていたのを見た。
エアパッキン(あんこ?)などをまるめてぎゅうぎゅうに詰めていた。

・・・ということは、

税関の人々が細部までくまなくチェックし終わった後、
乱雑に詰め
その時に入らなかったエアパッキンは
撤去して再梱包。
(梱包というよりは、ただ突っ込んで封をしただけだと思われる。)

その後空輸便で日本に向かう道中にさらに粗雑に扱われ、
何なら放り投げられていたに違いない。
もしかしたら逆さになって運ばれた可能性もある。

そうでないと、説明がつかない。

ピアスも指輪も宝石箱の仕切りも全部定位置から
ずれるどころか完全に外れていた。

船便が届いたら、まとめて引越し会社に言わなければ。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

引越し 中国→日本 ④

►2007/04/02 01:36 

中国から日本への引越しシリーズ④。
空輸便で送った荷物について書く。

ゴルフクラブ、化粧品関係、帰国後割と早い時期に必要そうな
書類や物を空輸便にした。
それ以外は船便。

2年くらい前は、ゴルフクラブは盗まれる可能性が大なので
手荷物にするのが普通
と聞いたことがあったので
今回の引越しでもそうすべきだと思ったが
空輸便として扱ってもらうことが出来た。

引越し業者に大丈夫なのか聞いてみた。
すると、『2年前は反日デモが多かった時期で、ゴルフ道具等の
高級品が盗まれたのはほぼいやがらせ。歴史問題等、日中関係が
よくない状態だと盗まれる。』と言われた。

日中関係の良し悪しと、盗難に遭う可能性は関係性があるらしい。


この空輸便、税関か飛行機の荷物チェックか何かでひっかかったのか、
完全に調べ上げられ、飛行機に乗せられない物が
預けたパスポートとともに戻ってきた。
外貨(タイ紙幣)、未開封の化粧品(化粧水や美容液)、
電動歯ブラシ、などが返ってきた。

引越し業者からは「梱包出来ない(税関など荷物チェックを通らない)」
等何の指摘もなかったし、返却されたものは彼らが梱包したものだった。


ただでさえもスーツケースの荷物が多くて重量制限を越えているのに
重たいものばかりが返却されて結構困った。

納得いかないぞ!!

しかも、到着した空輸便の荷物は・・・・。
↑これについてはまた次回。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

引越し 中国→日本 ③

►2007/04/01 10:53 

昨日のつづき。

引越しの荷物の仕分けが大変だったが、
それよりも大変だったのは、
仕分けどおりに梱包してもらうことだった。

スタッフはリーダー以外全員中国人。
なかなか指示が行き渡らない。

一応梱包するものと、そうでないものにしるしをつけて
梱包してもらった。

それでも不安だったので、『これは梱包しないでね。』と
いちいち指示しながらまわった。
リーダーの日本人にも何度も説明した。

一応持ち場の様なものがあって、キッチンをメインで梱包する人、
書斎をメインで梱包する人、と担当わけをしていた。
しかし、最後の方になると担当もくそ(・・失礼。)もなくなっていた。

そのおかげで、結局梱包されては困るものが結構梱包されてしまった。

何を梱包されてしまったかというと、タンスの中にとっておいた
数日間分の結構な量の洋服・・・。

『このタンスの中身は梱包しないで下さい。』と伝えていたのは
リーダーと寝室梱包担当者。
そしてタンスの引き出しに梱包不要のしるしもつけておいた。

しかし、最後の方でぐるっと「梱包もれがないかな」と
点検してまわった人は多分指示をしていない別の人。
どうやらその人が梱包指示を出してしまったみたいだった。

梱包ミスに気づいたのは引越し屋が帰ったあと。。。

どうしようかと困ったが、スーツケースの中の服と、
洗濯機につっこんでおいた服でなんとかすることにした。
あぁがっくし。。

その他の“がっくし”とハプニングはというと・・

①『このあたりのものはすべ梱包してください。』と指示したら
濡れた台布巾や石鹸も梱包されてしまった。

②キッチンのキャビネットの扉が一部とれていて、
その金具とねじを別にしておいたのに(しかもわかりやすく)
梱包されてしまった。

③部屋のどこかしこに飾られていた額付きの絵を
梱包されてしまった。・・が、これはすぐに気づいて
元にもどしてもらった。

『見られたくないものは事前に梱包していてもいいですよ。』
言われ、ダンボール5箱分くらいつめておいた。
・・・が!! その中身(下着類など)を男性にチェックされ、
再梱包された。「見られたくない」の意味がない。。

などなど引越しハプニングはまだまだあるので続きは次回。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

引越し 中国→日本 ②

►2007/03/31 01:49 

中国から日本に帰る引越しの話のつづき。

今回の引越しは荷詰めを業者がしてくれたが、
結構大変だった。

何が大変だったかというと、荷物の仕分けが大変だった。

引越し荷物の搬出後も、預けたパスポートが戻ってくるまで
(税関手続きで必要なため数日預けた)
その家でしばらく過ごさなければならなかった。

家具・家電付住宅なので、必要最低限のものがあれば
数日くらいは普通に生活出来る。
よって、シャンプーや洗濯洗剤類、必要最低限の鍋釜類や食器等を
残しておかなければならなかった。
その仕分けが面倒だった。

どういう風に分けたかというと・・

①航空便で日本に運ぶもの。(最大60キロまで)

②船便で日本に運ぶもの。

③引渡し当日まで使って、人に譲るもの。

④引越し当日まで使って、捨てるもの。

⑤手荷物として日本にはこぶもの。
(手荷物は飛行機で運ぶので重量制限あり)



一見簡単そうに思えるが結構大変だった。
『これは手荷物にした方がいいかぁ。でも重いなぁ。』
『洗濯しながら○日すごすから△着くらいあったらいいかな。』
の様に、一人ぶつぶつ言いながら仕分けた。

鍋釜類や食器類を仕分けするときは、冷蔵庫の中身と相談して決めた。

荷物の仕分けが面倒だったが、
それよりも大変だったのは、
その仕分け通りに梱包してもらうこと。

引越し業者のリーダーは日本人だったが、
スタッフは中国人、しかも結構大人数。
なかなか指示が行き渡らない。

もともと家に備え着いているものを
間違って梱包されないようにする
のも大変だった。

しっかり見張っていたはずなのだがやっぱり失敗・・・。

失敗の内容は明日。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

引越し 中国→日本 ①

►2007/03/30 01:18 

先日、無事引越しを終え日本に帰ってきた。(完全帰国)
その引越しのことについて。

引越しは突然決まった。
妹達が広州に遊びに来て、帰ったのが3月日。
なんと引越しは12日。

バタバタだな、と思ったが
荷詰めはほとんど業者がしてくれるとのことで
結構のんびり構えながら当日を迎えた。

荷物の搬出日は日本に帰国する日よりもだいぶ前だったが
手続き上の問題12日になった。

引越しの荷物を税関に通すと時にはパスポートが必要で、
コピーではなく原本が必要らしい。

その手続きには5日ほどかかるらしく、
その間パスポートを預けることになる。

パスポートが手元に戻ってからでないと
帰国どころか国内移動で飛行機に乗ることも出来ない。

ということで、帰国日程よりもだいぶ前に引越しするはめになった。

この手続き期間は、広州は特別長いらしい。
他の地域は5日もかからないらしい。
なぜかは不明。

実際は5日以上かかり、間に合うかひやひやした。

引越し当日は、さすが日系企業、ほぼ時間通り9時に来て
割といい感じに作業してくれた。

それでもハプニング続出だったが期待以上だった。

例えば、
塗れた台拭きまで梱包されちゃった 
とか。

どうかどうか、カビが生えていませんように・・・

詳しくはまた。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»