スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

最後の広州探索 ⑩

►2007/03/28 00:47 

妹達が広州に遊びに来た5泊6日の旅、第5日目

・・・のつづき

6日目は朝出発で帰国するので、
多分今回がこのシリーズの最終章。

おぉぉ、までいったぞ。

北京路へ行った後は、お金がすっからかんになってしまったので
いったん家に帰って銀行へ。
懐が温かくなったところで再び出発。

旅の締めくくりは、やっぱりマッサージ♪

マッサージは今回2回目。

前回同様、フットマッサージを選択。
ぐっすり寝てしまってあっという間に75分終了。
タイムサービス時ということもあって、
75分で60元(900円)。

ここは行きつけのマッサージ屋。
中国には至る所にマッサージ屋がある。
しかも安い。

フットマッサージといっても、
大抵、腕や肩、背中や首のマッサージもしてくれる。

ここも“そう”で、アロマの香りのする
やや熱めのお湯が入った樽に足を突っ込んでいる間
上半身を背中側から念入りにマッサージしてくれる。

マッサージは人によって当たりハズレがある。
大体の流れは同じだが、あとは人によって
アレンジが加えられたものになっている。

だいたい番号札を胸につけているので、
もし、気に入ったら番号を控えたり聞いたりして
次回行った時も指名することが出来る。

指名するのは中国では当たり前の様で、
日本婦人会の会話集にも、
「あなたの番号は何番ですか?」というような
マッサージをしてくれるお姉さん(ほとんどが女性)の
番号を聞くフレーズが載っていた。

何人かで並んでやってもらうと、マッサージをしてくれる人によって
やり方かなり違うのがわかって結構おもしろい。

中には整体師の様に客の体を右に左に、上に下にねじらせて
ボキボキならそうとする人もいたりする。

イスの横の小さなサイドテーブルには
毎回果物とさ湯が振舞われる。

果物は大抵甘くないスイカ。


それにしてもこのマッサージ屋にはこの1年よく通った。

マッサージの上手さに当りハズレはあったものの、
誰にあたっても一生懸命マッサージしてくれたし、
安いし大満足だった。

中国在住中に行った最後のマッサージが
この日になっていたことに気がついた。

あぁ、もう1,2回行っておくべきだった。

日本だったらだいたい10分1000円。

日本高けぇ~


あ、ちなみにこの晩の食事は
近くの味峰というところで食べた。

やっぱり茄子の鉄板焼は美味しかった。

やっと(?)のことで

“最後の広州探索”シリーズ はおしまいです。

スポンサーサイト

中国:広州探索Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

最後の広州探索 ⑨

►2007/03/27 00:23 

妹達が広州に遊びに来た5泊6日の旅、第5日目

この日は北京路に遊びに行った。
若者街という感じだ。
キレイなショップもあるし、小さな区画ごとに
商品をもりもりディスプレイして売っている店もあるし、
ショッピングモールもある。

旧正月中ということで、赤いちょうちんがぶら下がっていて
中国らしい感じに飾られていた。

物価は“○○広場”と名のつく市場よりは安いのだがやや高め。

ここでは洋服関係を購入した。

三女が、ある店でスカートを買ったら、その服に似合いそうな
トップスを『これも買ったら素敵よ。』と定員がすすめてきた。
かわいかったのだが、三女の財布には全然お金が残っていない。

定員が提示する金額にはほど遠い。
『彼女はお金がない。』と妹の代わりに伝えたら
『じゃあ、あなたは?』と聞いてきた。

・・・え?私に聞くの?と思ったが『私もない。』と伝えた。
それでも店員の“買って!買って!攻撃”は続いた。

結局、三女はお財布の中身を見せ、定員の前で数えてみせた。
提示された金額には程遠かったが、
店のお姉さんは『んー!いいや!それでOK!』と
びっくりするくらいにまけてくれた。

実はこの方法、店で値切らせるために使う常套手段らしい。
ある程度の下見をして金額を知った上で、
購入したい希望金額くらいのお金しか財布に入れないで
買いに行く
らしい。

中国では、『また今度ね。』とか
『(買うかどうか)少し考えてみる。』というのは
断り文句でしかなく、
定員は、目の前の客を意地でも放さない覚悟で売り込んでくる。

『手持ちのお金がないから今度。』の<今度>
“ない”のが普通。
よって、儲けは少なくても“ゼロ”よりはましということで
その金額で売ってくれるというわけだ。

やったことがない人は是非お試しあれ。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:広州探索Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

最後の広州探索 ⑧

►2007/03/26 20:51 

前回のつづき。

ビーズ市場でゲットしたものの紹介をする。

①ブラックパールのペンダントトップ
↓↓↓
20070325163324.jpg


横幅が15,6mmくらいある大粒のパール。
先日東京の駅ビルの中のジュエリーショップで
同じような大きさのものをみたが、
チェーンがついた状態でだいたい25万くらいした。

このパールはプレゼントであげたものなので値段はあかせないが、
中国でゲットしたこのパールが
いったいいくつ買えるのかと計算してしまうくらいに安かった。

今回買ったものは金具もついた完成品だったが、
“珠”だけでも売っていた。

“珠”だけで購入する場合は、
7mm~7,5mmとか、4mm~4,3mmという風に、
大きさによって袋に分けられているものの中から選ぶことになる。

時間と根気さえあれば、何千個の中から吟味して選べる。


2,3時間という時間があっという間に時間が過ぎてしまうほどに
選んでいて楽しかった。

②7,5mm~8mmくらいのパールのネックレス
↓↓↓
20070325163314.jpg


大きさ、色、形、状態、傷の有無によって
値段がびっくりするくらいに違う。

それでも日本で買うよりは格段に安い。

写真のパールは200元(3千円)。
①のペンダントトップを一緒に買ったので安くしてもらった。

最初は日本円で1万から3万くらいのものを探していたが、
最後はどうでも(?)よくなって、この200元のものに
おさまってしまった。
次女も同じものを購入した。

最初は、『これで800元?それなら、もう少し出して1000元の
こっちの方が断然いい。』と
見るほどに上がっていったが、
最後は『これで1000元、これが500元、そしてこれが200元・・。
ぱっと見、ほとんど変わらない気がしてきた。』という
感じになってしまった。

こういうものは、見れば見るほどにわからなくなるものだと実感。

ちなみに、このパールは糸でつながっているので、日本に戻ってから
釣り糸の様な透明のもっとしっかりとした糸でつなぐ必要がある。
ちなみに、次女が日本で調べたところによると、
糸交換に3千円もしたとか。
中国で3千円で買ったパールの糸を日本で3千円で交換?

それもどうかと思い、糸交換はしばらくしないことに決めた。

ややくたびれながらも、やっぱり宝飾品が大好きな私は
あ~楽しかった♪とビーズ市場をあとにした。

広州に行った時は、また行ってみようと思う。

中国:広州探索Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

最後の広州探索 ⑦

►2007/03/22 20:14 

妹達が広州に遊びに来た5泊6日の旅、第4日目
やっと4日目に突入。

午前中はジャスコに行ってお土産(お菓子)を購入。
三女はまだ学生で、大多数の大学友人へのお土産をここで購入。

純中国製のお菓子は、中には頂けないまずいものもあるが、
日系のお菓子を中国で生産しているものは普通に美味しい。

たとえば<コアラのマーチ><おっとっと><きのこの山>などなど・・。
味は日本と同じだが、パッケージがほぼ漢字表記なのだ。
それだけで中国土産な感じがする。

安上がりで喜ばれる、間違いのないお土産だ。

その後は妹たちをIKEAに連れて行き、
その間私は習い事(太極拳)へ。
今回は転勤による本帰国の報告と太極拳を辞めなければならない旨を
伝えるために行った。

本当は今回限りで終わるつもりだったが、
先生が私の腰痛にいい塗り薬をどうしても渡したいと
おっしゃって下さったため、
無理やり予定をあけて次週まで通うことになった。

この“こと”(太極拳のこと、もらった薬のこと)については
また後日・・。

この日の午後は、リーワン広場(市場だったかな。。)
というビーズ市場へ行ってきた。

三女はビーズが趣味なので、『私ここに一日いてもいい!』と大興奮。
結構な滞在時間を費やしながらうろうろした。

私はビーズで何かを作ったりしたことがないので、
日本での価格がどんなものかは知らない。
知っているのは、ただとんでもなく安いということだけ。
今回、三女に具体的に教えてもらった。

ある7mm大くらいのビーズ1つ
これが日本だとだいたい90円もするとか。

その1つ90円もする小さな7mm大のビーズが
30cmくらいの糸に目一杯通されて

なんと1本70円くらいだとか。

安いぞ中国、と驚く前に、高すぎるぞ日本!と思った。

長くなってきたので今日はこのへんで。。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:広州探索Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

最後の広州探索 ⑥

►2007/03/22 00:48 

少し間があいたが、
妹達が広州に遊びに来た5泊6日の旅、第3日目

3日目の午後は飲茶の後はネイルサロンへ。
行きつけの店なのだが、ローカル価格にしてはやや高い。
だが、とてもキレイでゆったりした気分になれるのでよく行く。

人の手間がかかる施術に関してはかなり格安。
日本とは逆。

私と三女はスパマニキュア。
腕のエステと甘皮処理などの手先ケアとマニキュア。
しめて90元(1700円)

次女はフットケアとスパマニキュア。
いくらだったかは忘れた。

3人で『まぁ、美しくなったわぁ~♪』と
自分達の指先を見せ合いながら店を後にした。

大満足のまま歩くこと数分・・・

『あ!!ごちゃごちゃ市場で買ったもの一式、
店に置いてきた!!!』とこの私が気づき

あちゃーーー!! と言いながら
3人で慌てて戻った。
3人とも忘れるなんて

気づいたのが早かったので、忘れてきたものは無事だった。

次女は『お姉ちゃんが先に気づくなんて不覚だわ。』と
失礼なことを言っていたが本当のことなので反論は出来ない。
思わず『ホントだねぇー。』と納得(?)してしまった。

話は変わって
マニキュアに関しては中国で十分堪能出来た。
手先のケアとマニキュアだけだったら
300円~450円くらいで出来てしまう。

ジェルマニキュアをしたり、人口爪を作ってもらったり
結構いろいろやった。
マニキュアの話は今度まとめて書く。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:広州探索Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

最後の広州探索 ⑤

►2007/03/15 00:36 

妹達が広州に遊びに来た5泊6日の旅、
しつこくもまだ続いている第3日目

海珠広場に結構長居し、その後はランチをしてネイルサロンへ。

ランチはkiyopiさんに紹介してもらった店で飲茶
天河北路と龍口西路の交差点あたりで、帝景広場の3F。
結構高級感漂う中華料理店。
トイレも結構キレイ。←これ重要。

3人で5、6品頼み、ビールまで飲んで100元ぽっきり。
なんと一人あたり約500円!
安っす~い! 大満足!

ただ、ちょいと残念なことが。

お昼時を過ぎていたからか、客は私達を含めたったの3組。
私達のテーブルの横には、腰壁を隔てて大きなホールがあった。
円卓がいくつも並んでいる。

そのホールの照明がほとんど落とされていたので、
私達のテーブルはかなり薄暗かった。
ホールスタッフがいそいそとディナーのテーブルセッティングをしていた。

隅に追いやられたかたちでの食事となったが、
美味しかったし安かったし、『ま、いっか。』と思うことにした。

ここが、中国の「おしい!あと一歩!」というところなんだよなぁ~。


この後はネイルサロンへ。
しつこくもまだまだつづく第3日目・・・。


テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:広州探索Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

最後の広州探索 ④

►2007/03/14 10:27 

昨日のつづき。
海珠広場の話。

アンティークの木箱を買った後に結構長居したのが
きらきらとしたコンパクトだけが売ってあるお店。
値段もデザインもさまざまで、今まで見た中で
一番品揃えのある店だった。

↓↓↓妹がゲットしたもの。美しいので拡大してご覧あそばせ・・。
海珠2


あるデザインのコンパクトが一つ45元(700円弱)だった。
このコンパクトは3つ買えば42元と言っていたくせに、
私達が買う気満々で数個ずつ選び出したが最後、
『42元?そんなことは言っていない。』という感じになり
45元です、の一点張りになってしまった・・・。

さっきの教訓が全く活かされていない。。。

やっぱり値段交渉をしてから本格的に選ぶべきだった。

ただ、空港、三元里、駅近辺、ショッピングモールのどこよりも
安かったのでよしと思うことにした。

広州空港の品物はとてつもなく高い。
2倍3倍どころではない。

コーヒーなんか1杯65元~70元(だいたい1000円)くらいする。
中国の物価から考えてありえない高価格だ。

**広州へ遊びに来られる方へ**
買いそびれたものは空港で買おう、免税だしとは決して思わず
地元で値切り交渉の末買うことをオススメ致します。

広州なんて桂林に行く時の経由地としてしか
下り立つこともないでしょうけど。
まぁ、参考までに・・。

それから話はもどって、再び海珠広場での買い物の話。

春節(中国正月)時期だったせいか、
いかにも中国を思わせるグッズが多く売られていた。

切り絵は中国の伝統芸術として、有名だ。

妹が横25cm縦50cmくらいの額縁に入った切り絵を買った。

どうやってこんなにも細かく切りかけるのか不思議なくらいに細かい。
カッターやはさみではどうしようもないくらいに細かく、
機械で作っているのではと思うくらいに繊細で美しい。

しかーし!
額縁込みでなんと50元(約750円)!
安すぎる・・・。

あとは何を買ったかな。
思い出したらまた追記として書くことにする。

中国:広州探索Comment(3)Trackback(4) | Top ▲

最後の広州探索 ③

►2007/03/13 08:11 

妹達が広州に遊びに来た5泊6日の旅、第3日目

3日目は海珠広場へ。
ここは私の中で『ごちゃごちゃ市場』と命名している。

三元里だったらバック、というような
特に強いイメージのものはない。

まあ、しいて言えば雑貨、それもごちゃごちゃした感じの・・・
やっぱりあそこは『ごちゃごちゃ市場』という名にふさわしい。

ここには、ショールなどの布製品、ビーズのバック、髪留め関係、
中華チックな小物、ドライフラワー、フラワーベース、絵、アクセサリー、
とにかくいろんなものがあるのだが、
今回ゲットしたのはアンティークな木箱

赤茶っぽい、ワイン色の様な、ややすすけた印象のある木箱。
見た目からして結構お高そう・・・。
で、店のお姉さんに値段を聞いてみた。

『1個、45元。』

・・・え?45元!?(680円)
値段を聞いたらどうしても買いたくなった。
どの木箱も素敵でどれもこれも買いたくなったが、
とりあえず3人ともこのみの木箱を1つずつセレクトし、
今度は別のお姉さんに、再び全部でいくら?と聞いてみた。

すると『全部で195元。』

内訳を聞いてみると
『全部1つ65元だという。』

『あれ?さっき、別のお姉さんがこの箱45元って言ったよ!』と
言ったが取り合ってくれなかった。
やっぱり先に“買う気”を見せたのがいけなかったか・・・。

さっき買っとけばよかったと思いつつも気を取り直して
ここから値段交渉。

195元を155元にしてもらって3人で割り勘した。
↑やっぱり甘い?やっぱり目標はあくまで半額の100元?

↓↓↓購入したのはコレ!
海珠


海珠広場の話はもう少しつづく・・・

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:広州探索Comment(2)Trackback(4) | Top ▲

最後の広州探索 ②

►2007/03/12 13:41 

妹達が広州に遊びに来てくれた5泊6日の旅、第2日目

1日目は夜に着いたので食事だけ。
ちなみに食事は近所の韓国料理店で焼肉。

2日目はややゆっくりのスタートでまずは三元里へ。
ここは革製品関係、主にバックが売ってある市場だ。
以前も紹介したことがあるが巨大バック市場という感じだ。

大きな建物中に、3畳くらいの小さな店がひしめきあいながら
店を連ねている。

よいものを数点ディスプレイし、
センスの良さをアピールしている店は皆無だ。

もうこれ以上は飾れない、というくらいに
壁いっぱい天井いっぱいにこんもりぶら下げ、
うちは沢山あるぞ~という取り扱い数をアピールしている。

普通は前者の方が商品が良く見えるはずなのだが、
不思議とボリュームがある店の方に足が向いてしまう。

ここに来るのもかれこれ7回目くらい。
行く店も決まってきた。

コピー商品がものすごい数で当たり前の様に売られているのだが、
結構精巧に出来ている。
コピー商品意外に目を向けてみても結構よく出来ている。

結婚式やパーティで使えそうな、ビーズできらきらしたバックや
着物の時でも使えそうなラメが上品に入ったバックなどは
日本で買うのがバカらしいくらいに安い。

ここで、妹達はお土産のバックから自分のバックまでいろいろと買い、
私も負けじと(?)いろんなバックを買った。

旅行先では最終日に買ったものを一斉に並べて写真をとるのだが、
今回は疲れ果てて取りそびれてしまった。
う~ん、残念。

次女がずっと『同じようなバックを売っている店がこんなに
軒を連ねていて採算が合うんだろうか。』と言っていた。
確かに日本で、ある薬局の隣に別の薬局があり、通りをはさんで
真向かいに3軒の薬局がある・・・なんてことはありえない。

以前、韓国でこの質問をガイドさんにしたことがある。

ガイドさんは『同じ店が沢山並んでいた方が逆に
お客さんを捕まえやすい。』と言っていた。

例えば、ピンクのバックが欲しかったとする。
近くのスーパーのバックコーナーで物色し、もしなかったら
別のショッピングセンターの1Fと5Fでバックを探す・・・
というのはやはり面倒。
○○へ行けばきっと見つかると思えば皆○○へ行く。

店側もそれを見越して皆同じ場所で商売をする。

とまあそんなところらしい。

つづく・・

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:広州探索Comment(3)Trackback(1) | Top ▲

広州探索 

►2007/03/11 22:58 

実は4月から日本に完全帰国することになった。
ということで、残念ながら

“もろあい”の海外生活-珍体験日記

しばらくしたら閉めるることになった。

まぁ、そのことは置いておいて・・・


私が中国にいる間に、ということで妹達が
時期的にはほぼ駆け込み状態だが遊びに来てくれた。

日本からのお客様を迎えるのは今回で3度目。
広州案内も慣れてきたものだ。
毎回似たようなところを回るのだが、
人によって興味も様々なので毎回違う発見が出来て楽しい。

今回は広州滞在中に得た知識をフル稼働させ、
今までの広州案内の経験をふまえ妹達を連れまわした。

自分自身も『ここに来るのは今回が最後かも。』と思うと
観光客気分を味わえた。

ちなみに妹達が滞在したのは3月3日から8日。
5泊6日の旅。初日は晩について最終日は朝家を出るので中5日。

とにかくめーいっぱい遊んだ。

最初はややリッチな感じだったが、
買い物しすぎて、最後の方はやっぱり貧乏旅行になってしまった^^;

明日からはその広州滞在記を書いていく。

つづく・・・

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:広州探索Comment(3)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。