スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

バンコク★いろいろ

►2006/08/23 10:20 

★★バンコクの印象★★


もし、日本から来たのであればきっと「汚い」と感じたであろう街は、
中国の街に慣れつつある私にとっては「キレイ」にさえ思えた。
もちろんタイも排気ガスが充満し、歩道の舗装状態は悪く、決してキレイとは言えないのだが、
「あんまりゴミが落ちてない~」「車が歩行者を優先にしてくれる~」「屋台の食材も結構衛生的!」「マナーが結構いい!」「高級感あるデパートや店が沢山!さすが首都バンコク!」「パンがおいしそう!」といちいち感動してしまった。
バリでも感じたが、バンコクは日本人のための観光都市に思えた。
日本人観光客が多いせいか、屋台のおにいちゃんをはじめ、皆が「キレイネ~、カワイイネ~、ヤスイヨ~」「ヤスイネ~、ラッキ~♪」と日本語で声をかけてくる。
決して裕福には見えない彼らだったが、中国に比べるととても明るく楽しそうだったし、とにかく街は活気があった。
何の下調べもなしで入ったレストランはどこも美味しかったし、
今までタイ料理が得意でなかった私も、トムヤンクンが食べられるようになった。
物価も低く、周りの海外赴任者が一同に『バンコクはいいよ~』『バンコクならまた住みたい』『住んでみたい』と言うのがわかった。



★★ホテル★★


宿泊した「Pan Pacific Hotel」というホテルは日系のホテルだったため、かなり日本的な気配りの行き届いた高級ホテルだった。部屋も美しく、朝食も豪華で、すばらしかった。(朝食込みで1泊1室118USD・・・インターネット手配)
グレードはスタンダードだったがそれで十分だった。
ホテル部屋

場所を重視して決めただけあって、駅近くで屋台などの出店が沢山あり、ナイトバザールもすぐ近くで夜中まで十分遊べた。
タイ古式マッサージを堪能出来るマッサージ専門店が立ち並ぶ通りも近くにあったし、日本人向けの店が立ち並ぶ通りも近くにあった。とにかく立地のよいホテルだった。
ジムトンプソンの本店が近くにあり、3度も足をはこんだ。
次回もここにしてもいいかな、と思った。


★★アジアン雑貨★★


今の部屋は、家具が備え付けになっている。
白い鏡面の扉に、ガラスのテーブル、アルミフレーム、といったかなりモダンな部屋。
この無機質な空間を少しでも緩和したくて、木製のあたたかみのあるアジアン雑貨を買いあさった。
タイ滞在中にタイシルクのとりこになってしまった私は、ジムトンプソンの本店に3度足んだ。
下駄箱の上がなかなかいい感じになった。
↓↓↓
玄関風景
(※ちなみに、後ろにある額縁は部屋に最初から取り付いていたもの)


中国で鍛えられた値段交渉術はバンコクで十分発揮出来た。
ホテル周辺で到着当日の夜に買ったものは、まだタイの物価がわからないまま購入したのでかなり高めで買ってしまったが、その後のナイトバザールでは、お店の人が少し気の毒になるくらいの攻め方で交渉を成立させた。
最終的には、よく『This is Last Price !』と言われた(苦笑)



★★おまけ★★ ~~バンコク空港で~~


搭乗口の前のイス。ここだけ空いていたので座ろうとしたが、かなりイス同士が近い。
これじゃ、向かい合った人と足がぶつかる、、それどころか自分の足が向かいのイスにあたる。。。
もちろん、この状態でも座ったけどね。
イス

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

旅行・タイComment(0)Trackback(0) | Top ▲

バンコク★タクシー

►2006/08/22 23:56 

★★タクシー★★


バンコクのタクシーはとてもカラフルで、
車体全体がショッキングピンクや真水色やオレンジ等のすごい色に塗装されている。
takusi-


車は割りと新しく、ほぼトヤタカローラ。
どうしても中国のタクシーと比べてしまう。
ドアはきちんと閉まり、がちゃん、という音ではなく、
密封性のある高級感漂う音で閉まる・・・ように聞こえる。
(日本では普通に耳にするドアの開閉音なのだが)


ドアを開け閉めしても手が汚れない。
(ほとんどの車は日本の様な自動ドアではない)
車体が掃除されているので、服や荷物がふれても汚れない。
塗装も新しい感じで、色あせた感じがない。
中国のタクシーはなんだか色あせていて、雨や汚れを弾く感じはない。
シートは破れていないし、ぺったんこではなく、やわらかい。
中国のタクシーのシートは、中には油と汗と汚れにまみれ、
汗をかいている時はもたれかかりたくないと思うような
タクシーに遭遇することもある。
最近はキレイなタクシーも増えてきたので、
そんな車を選んではいるものの、
外観だけ新しく中は古い、ということも多々ある。


比較基準が日本ではなく、中国になってきているので、
かなりよく見えてしまう。


タクシーはメーター式で、交渉制のタクシーはほとんどないらしいが、
交渉制の雰囲気がまだ残っていて、
「メーターのスイッチ入れて。」と言わないとスイッチを入れてくれなかったり、
交渉してから乗る車が多かった。
そのへんは中国の方が楽かもしれない。


値段はかなり安い。
初乗り35バーツ(105円くらい)で。その後10円くらいずつあがっていく。
交渉時に「えーー? 100バーツ?高ーい。(-ε- )」と文句を言いながら交渉した。
しかしよく考えたら日本円で300円。
それくらい乗れよ、と今ならそう思うのだが、その場ではとても高く感じた。


ナイトバザールの帰り、タクシーの運転手が「100バーツ」と言ってきてたので乗車をやめた。
その後、タイ独特の乗り物“トゥクトゥク”の運転手が「60バーツでどう?」と言ってきたのに
「えー、昨日は50バーツだったのに。」と再び断り、歩いて地下鉄で帰った。
地下鉄の金額、二人で30バーツ。
30バーツ(90円)をなぜ渋って歩いて帰ったのか今は理解できない。
しかし、その時は完全にタイの物価が染み付いている感覚で金換算していた。

というよりは、中国の物価感覚が身についてきているのかも。

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 海外情報

旅行・タイComment(0)Trackback(0) | Top ▲

バンコク★マッサージ堪能

►2006/08/21 18:48 

★★マッサージ★★


滞在した4日間、毎日マッサージを堪能した。


1日目・・・タイ古式マッサージ 1時間 230バーツ(約690円)
2日目・・・オイルマッサージ 1時間 600バーツ(1800円)
3日目・・・足マッサージ 1時間 250バーツ(約750円)
4日目・・・タイ古式マッサージ 2時間 400バーツ(約1200
円)


イメージではオイルマッサージが一番気持ちよさそうだったが、
やってみると、タイ古式マッサージもかなりよかった。


オイルマッサージは、おばちゃんがやってくれた。
素っ裸にバスタオルをかけてマッサージをしてくれたが、
遠慮なくバスをはがし、再び体にかける、という作業を繰り返された。
600バーツだから???
写真だと、美しいエステティシャンが高級感漂う中でやってくれる感じなのに・・・。
高級店だと2000バーツくらいは普通にする。そう思ってとりあえず納得した。
オイルマッサージの後に出てきたお茶の湯飲みは、【吉野家】の牛丼のものだった。
そういえば、家の近くのパン屋が入れてくれるビニール袋は日本語表記のファミリーマートのものだ。
ようするに用を足せばなんでもOKということはタイも中国も同じなんだと思った。
しかし・・・使ってもいいのか???


足マッサージの時は個室ではなく、ずらっと並んだふかふかのリクライニング式のイスに座ってマッサージを受けた。
少しして、となりに人が座った。目を閉じていたが、うっすら目をあけて見た感じでは、なんとなく男性かなと思った。
日本人観光客が多いせいか、日本語が普通に通じる。
マッサージ師は「もっと、上に座って」「痛いですか?」と日本語で話してくる。
ちょっとして、隣から
『no,ヘッド、only 足』(頭のマッサージは不要。足だけでOK)とハスキーだけどまったりとした声が聞こえてきた。
男性?女性?
その後
『ちょっとぉ、爪のびてない??痛いわよ~』という声が聞こえた。
???・・・オカマ??
隣に座った男性(?)はどうやら日本人のオカマさんだったようだ。


実は、
タイ3日目、タイの騒音の中大声でしゃべっていたせいか、排気ガスにやられたせいか、のどがつぶれて声が出なくなった。
風邪ではなさそうだったが、かなりハスキーな、ドスのきいたつぶれた声しか出なくなっていた。


私の声を聞いたその男性(?)は私に『おんなじ♪』とだけ言ってまた眠りについた。


『おんなじ♪』ってなに????
『私と同じハスキーな声ね^^』ってこと?それとも・・・・


私はマッサージを受けながら頭フル回転で
『おんなじ♪』の意味を考えた。


★★夜の店★★


どの店もマッサージ師が店の入り口に、あまって溢れかえっている。
スタンバイ中のマッサージ師の多いこと!


マッサージ店も多いが、若いお姉ちゃんがいっぱいいる店も多く立ち並ぶ。
そして、その店頭でもスタンバイ中のお姉ちゃん達が沢山溢れている。


聞いた話によると、お客は、ずらーーーっとならんだ女性の中から、
好みの女性を選んでお持ち帰りするらしい。
多分日本の男性は沢山そういう店を利用するんだろうな、、、と思った。


宿泊したホテルは日系で、当然泊まる客も日本人が多い。
夜ロビーで、キレイなおねえちゃんをつれた男性がホテルに入ってくる姿を何人もみかけた。
ホテル側も了承している感じでなんだかイヤだった。

“夜の店”だけでなく、どの店もかなり遅くまでOPENしているので、夜中まで十分堪能出来た。
ホテル近くにたこ焼き屋があった。大阪のたこ焼き屋で修行した人が店をやっていた。
修行中の写真が貼ってあったが、どうみても難波にあった「おおたこ」の写真だった。
思わず買って食べた。かーなーりー美味しかった。
なつかしくて、2日連続食した。
日本人向けの店が立ち並ぶ店の中で食べたラーメンもかなりおいしかった。


外国にいて日本のものが美味しく食べられるなんて。。。
広州じゃありえない話。
タイって素敵!!!!

テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

旅行・タイComment(2)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。