スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

香港②

►2006/11/14 15:09 

広州から香港へ行くのはこれで2回目。
何回も行こうと意気込んでいたが、
近すぎて行っていないというのが現状。
今回は母が来たのをきっかけに行くことにした。

今回も特急電車で行った。
一人片道3450円。結構高い。
時間は2時間はかからないくらい
香港は中国へ返還されたが、
現在も特別行政区としてほぼ外国扱い。
香港に行くのに、広州で出国手続きをし、
香港で入国手続きをする。
かなり面倒。香港の駅には免税店まである。
小さいけど。

香港の人が『私は香港人です。中国人?違いますよ。私は香港人です。』と
かたくなに自分が香港人だ、と言っていたのも頷ける。
彼にとっても中国は外国のような感覚なんだろうと思った。
中国人は香港を中国だと思っているが、
香港人からは中国に返還されたが中国と一緒にされては困るよ、という様な一線を画したい雰囲気が伝わってくる。

九龍のローカルなショッピング街に行くと、広州の北京路みたいだな、と
思い、あまり目新しさを感じなかった。
香港島の高級ブランド街はヨーロッパにでもいるような気分になり、
中国脱出気分は味わえたが、じっくり見て回るほどの
時間もお金の余裕もなく、ただ歩いただけだった。
本当はSOGOや三越など、日系のデパートに行きたかったのだが、
母には何の目新しさもないだろうと思い、行くのをやめた。
とにかくブラブラ香港らしい電飾看板の下を歩いた。
もう一歩もあるけない・・というくらいにとにかく歩いた。
貴金属ものが大好きな私には、
宝飾品店の立ち並ぶ路をウィンドウショッピングするだけでもかなり楽しめた。

香港ってなんて素敵!と思ったのはやっぱりスイーツ!
広州ではお金を出してもおいしいスイーツが
なかなか手に入らない
ので、
アフタヌーンティーをどこでするか、
どこでケーキ(パン)を買って帰るかキョロキョロしながら歩いた。

お茶はペニンシュラでした。
時間帯がアフタヌーンティーの時間ではなかったので、
普通に紅茶とケーキを頼んだ。
ケーキがびっくりするくらい大きくて、
もうお昼要らないね・・・というくらいのボリュームだった。

ペニンシュラのブランドアーケード街をフラフラ歩き、
ヴィトンの店で白いヴェルニの長財布を買った。
日本の12%安の金額だと店の人が言っていた。

最近偽物ヴィトン店には行っていたが、
本物の店に行ったのはかなり久しぶり。
AAA級品の偽物だといわれても、
やっぱり(あたりまえ)本物には叶わない。

最近偽物と本物を比較することが多くなった。
本物を見るときもデザインだけではなく、
ヒモの太さや金具までよくチェックする。
結構目が肥えてきたかも・・。


 

スポンサーサイト

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

旅行・香港Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

香港①

►2006/11/12 02:53 

ビクトリアピークに行った。
香港の夜景が一望出来るところだ。
3人で行ったが、行ったことがあるのは私だけで、
残り二人は初めてだった。
ピークトラムという階段並みに急な坂道を登る
専用電車(?)に乗って頂上まで登った。
往復チケットを買って乗ったが、行きは1時間も並んで乗った。

頂上で思ったことだが、以前見たときよりも
ずいぶん暗くなっている印象を受けた。
10年前はもっと明るかった気がした。
その時のガイドさんが、『香港はこの100万ドルの夜景が売り物ですから、超高層ビルは、使っていないフロアーの電気もつけたままにします。』と言っていた。
中国は電力不足というので、そのせいか
もしくはエコ意識が高まってきたのか、電気の消えたオフィスが多かった。
それでもやっぱり高層ビルが多くて見ごたえはあった。

少し寒かったし、お腹もすいてきたので何枚か写真をとってすぐ帰ることにした。
しかし、降りるためにも長い行列に並んで最低1時間は
待たなければならないことが判明した。
一応並んでみたものの、山の上は寒く、
吹きさらしの外で待つにはかなり寒かった。

10分ほど並んで待っていた時に、以前タクシーで降りたことを思い出した。
タクシーはたまたまひろったのか並んだのかは思い出せなかったが、
ピークトラム以外でも地上に降りられることを今更になって思い出した。
往復チケットを買ってから思い出すなよ、と言う感じだったが、
捨てるのは一人11香港ドル(165円)だけ。
地上までたいした距離ではないし、もしタクシーがつかまるんだったら、
1時間も凍えて待ちたくはない。

そこで近くを探索。そしてタクシー乗り場を発見!
タクシーにはすんなり乗れて地上まで降りることが出来た。
ああ、もっと早く思い出せばよかった。

帰りのトラムに並んでいた時、
前に日本人の20代前半のカップルがいた。
なぜか彼らは私達を韓国か香港人と思っているようだった。
私達は日本語で話していたのだが・・・。
そのおかげで、大きなひそひそ話しがよーく聞こえた。
『後ろの人さぁ、韓国人かなぁ。香港人?』や
『あ、ジムトンプソンのTシャツ着てる~。』などなど。
しかも、私がもっていた古い99年るるぶ香港を見て
『ちょっと、古すぎない?』と言っていた。
よけいなお世話じゃ!!
しかし、翌朝そのガイドブックを頼りに尋ねた朝食屋はつぶれてもうなかった。
やっぱ古すぎたかね^^;


 

テーマ : 香港 - ジャンル : 海外情報

旅行・香港Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。