スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

染みつきつつある、中国の感覚③

►2007/02/03 14:24 

先日一時帰国(1/25~30)した時のこと。
またまた昨日のつづき。

④テーブルチェック

中国だとテーブルチェックが一般的だ。
大概テーブルで会計が済ませられる。
その感覚でウエイトレスに
「すみません。会計お願いします。」と言って
「あ、会計はレジの方で・・」と言われてしまった。
えーー言われること数回。。

この点に関しては中国の方がなんて便利なんだ、と思った。

⑤「ありがとう!」

中国語でありがとうは「謝謝」【xiexie】(シエシエ)だが、
この言い方によって伝わるニュアンスが変わる。
かるーく「シェシェ」と短く言うと「どーもー」「ども。」
くらいの軽いニュアンスになる。
丁寧にゆっくり「シエシエ」と言うと
「どうもありがとうございます。」になる。
一応尊敬語など、もっと丁寧な言い方もあるが、
大抵「謝謝」で事足りる。

普段「誠にどうもありがとうございます。」と
言わなければならない場面に遭遇することはない。
普段の生活では「ありがと~」くらいの雰囲気の「謝謝」で十分だ。

普段の生活で「こんにちは」と「ありがとう」
必ず言う事にしているので(そうすると、中国人の対応が違うのだ)
結構習慣づいてしまっている。

帰国期間中も、何か尋ねる時は必ず「こんにちは。あの・・・」と言い、
お礼を言った。

・・・が、やや問題が。

「こんにちは。」はいいのだ。「こんにちは。」は。
問題は「ありがとう。」の方なのだ。

日本語だと「どーも。」と「ありがとう。」と
「ありがとうございます。」はやっぱり違う。

駅員さんに場所を尋ねた後など、
最後に「ありがと!」と言ってしまうのだ。

言った後、おいおい、「ありがと!」じゃなくて、
「ありがとうございます。」だろ!?と思うのだだが、
言ってしまったものはどうしようもない。

「あぁ、なるほどぉ。分りました。どうもありがとうございます。
助かりました。」と頭をさげつつ丁寧に会話しときながら、
去り際に「ありがと!」
思わず「よ!」と手を挙げてしまうくらいの気軽さで
締めくくってしまうのだ。

駅員さんは皆、少し驚いていた感じだった。
帰国後少しずつ直すしかないな・・・。

スポンサーサイト

旅行・日本(一時帰国)Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

染みつきつつある、中国の感覚②

►2007/02/02 09:00 

先日一時帰国(1/25~30)した時のこと。
昨日のつづき・・

③トイレの便座

中国では洋式便器が最近になって普及してきたからなのか、
人々は公衆トイレの洋式タイプの便座に座らない。

便座の上に靴でのぼってしゃがんで用をたす人も多く、
便座に足跡が沢山ついていたりする。
そのせいで、最初から便座をつけないところも沢山ある。
便座を盗む人もいることもてつだってか、
便座のない便器に多々遭遇する。
(詳しくは“トイレ事情”参照)

公衆トイレを利用する時、私は大抵“空気イス”体勢をとる。
腰を浮かした状態をキープして用を足すのだ。
かなり太ももが痛い。が、しょうがない。
日本に帰り、この用のたし方に慣れきってしまっていてることに気づいた。

日本では、デパート、ホテル、空港、どのトイレもとてもキレイだ。
使い捨ての便座シートが備えついていたり、
除菌ジェルやスプレーが備えついていた。
中国でのトイレに慣れつつある私は
トイレに入る度に「あぁ、美しい。衛生的。広々!」と感動していた。

便座シートを敷いたり、除菌ジェルで便座を拭いたにもかかわらず、
ふと気がつくと、中腰体勢で“空気イス”状態で用を足そうとしていた。

結婚式の2次会会場でトイレに行った時のこと。
男女共用だった。
私の前に男性が入っていた。
よって、もちろん私が入ったときは便座があがっていた。

私はごくごく自然に便座を降ろさずに“空気イス”体勢で済ませ、出た。
私の後には男性が待っていた。

私が出た後、次に並んでいた男性が入ろうとした瞬間ふと足をとめ、
私の方を振り返った。
なにかな??と思った瞬間に
便座を立てたままで使ってしまったことに気づいた。

あちゃ~

旅行・日本(一時帰国)Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

染みつきつつある、中国の感覚

►2007/02/01 10:36 

先日一時帰国(1/25~30)した時のこと。

中国に来てもう少しで1年になろうとしている。
前回帰国したのは半年前でその時は3日の滞在。

一時帰国中に、
あ・・・中国の感覚・クセが染み付いてきたかも・・・
思った出来事について書いていく。

①車内での携帯電話

一時帰国の大阪滞在中は、
大阪の柏原にある妹の家に泊めてもらった。
電車で向かう途中、車内で路線地図を眺めていると
人の視線を感じた。
それも複数

ゆっくりチラッとまわりをみると、
おじさんやおばさんなど沢山の人が
ややムッとした顔でこちらを見ている。

あら・・?私なにか変?と
自分をくまなくチェックするが理由がわからない。

勇気をもってにらめつけてるおばさんの方を見てみた。

・・・あれ?目線が合わない。

目線の先をみると・・・

なんと、私の真横で若いおねえちゃんが携帯で
大声で話していたのだ。

中国ではあたりまえの風景で、全く気にもならなかった。
その調子で電話かけたりしなくてよかったぁ~。

②タクシーのドア

中国ではタクシーのドアは乗客が空き閉めする。
自動ドア装備のタクシーもあるが結構まれだ。

タクシーに乗る時にドアに手を伸ばし、
ドアが勝手に(?)開いて「あ、そうか」と思い、
車を降りてドアを閉めてしまい
「あ、閉めなくてよかった。」と何回か思った。

広州ではバスや地下鉄よりも断然タクシー利用率が高い。
200円もあれば大抵どこでも行ける。
これはかなり染み付きつつあるクセの様だ。

つづく~

旅行・日本(一時帰国)Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

浦島太郎

►2007/01/31 20:12 

NHKが映らなくなって日本のニュースが
タイムリーに見られなくなった。

台湾地震で回線の調子が悪く繋がりにくいので、
yahooのニュースもなかなか見られない。
トップページのトピックスのタイトルだけ見て想像するしかない。

機内で日経紙をもらってとりあえず隅から隅まで読んだが、
ほぼ浦島太郎状態で先日帰国した。

一番驚いたのは、そのまんま東が宮崎県知事になっていたこと。
これはかなり驚いた。

街で流れている曲もさっぱりわからない。
かろうじて、「あ、この声○○だ。」と分る程度。
たった半年でこうも知らない曲ばかりになろうとは。

流行ものは、国内にいた時からいまいちついていっていなかったので、
国外だったらなおさらだよな、と自分をなぐさめ
帰りに週刊誌やスポーツ誌を買って帰ろうと決めた。

・・・が!持ち帰る荷物が多すぎて
(もちろん、中身は日本の食材)断念。

一時帰国中は忙しくてニュースやワイドショーを
見る暇がなかったので、TVでの情報収集も出来なかった。

結局浦島太郎のまま中国に戻ることに・・・。




旅行・日本(一時帰国)Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

しめて 1万2千円!

►2007/01/30 23:19 

今日中国に戻ってきた。
先週末大阪で友人の結婚式があったので参列してきた。
今回は福岡の実家には寄らないで戻ってきた。

中国には結婚式に着ていけるようなものはもって行っていなかった。
今回の式に参列することを決めたのは昨年末、確か11月下旬ごろ。

さてさて、どうしたものか・・・と見渡し、着て行けそうなものを
いろいろ出してみた。
うんうん、あるある!

私はヒカリモノが大好きで、何か機会があるごとに、
『あ、これ結婚式やパーティーにいいかも。』と買っていた。
人の結婚式に参加する機会が結構あって、
これからも結構予定を控えているので
日本での購入予想価格と比較しては『買っとこう。』と購入していた。

ビーズのバックやスパンコールがいっぱいのショール等
結構あった。

それでは、今回かき集め仕様をご紹介!


くつマレーシアで買ったビーズのパンプス

↓↓↓  
30リンギッ (約1000円)
くつ


バック広州の海珠市場で買ったビーズのバック

↓↓↓ 75元 (1050円)
かばん


ショール上海で買った
      スパンコールいっぱいのショール

↓↓↓ 280元 (4200円)
ショール


アクセサリー広州のリーワン市場で買った
        パールのチョーカー、ブレスレット、ピアス

       3つでで75元 (1050円)

指輪:“アメリカ婦人会”のイベントでパールの指輪を購入
       
       30元 (450円)
↓↓↓
パール


髪かざり広州の珠海市場で、
     イミテーションパールがついたUピン購入

↓↓↓  多分1つ5円~10円
Uピン
  


洋服ベトナムで買ったアオザイ風パンツスーツ
     
↓↓↓ 確か50,000ベトナムドン (約4000円)
全身2 
↑ちょっと小さいけど、出来上がりの全身公開♪

結婚式はとってもいいお式だった。
詳しくはまた後日・・・。


旅行・日本(一時帰国)Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。