スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

上高地

►2007/07/02 14:56 

先日行った飛騨高山旅行のつづき。

上高地散策をした。
空気はきれいだし、
涼しくて風はここちいいし、
景色はきれいだし、
何度も深呼吸をしたくなるところだった。

IMG_2764.jpg

IMG_2774.jpg


水はとてもきれいで、
手が痛いくらいに冷たかった。

人を警戒しないカモがいろんなところにいた。
↓↓↓カモ
IMGP0181.jpg

↓↓↓白樺が美しかった。
IMGP0188.jpg

↓↓↓散策した小道もとても美しかった。
IMGP0182.jpg

IMGP0183.jpg

↓↓↓かっぱ橋
IMG_2778.jpg


↓↓↓帝国ホテル
IMG_2777.jpg

IMG_2776.jpg


避暑地のホテル、と聞いてイメージするホテルそのもの。
暑い夏をこんなところで過ごせたら最高かも。

今度は夏に行ってみたい。

スポンサーサイト

テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル : 地域情報

国内旅行:飛騨高山・白川郷Comment(3)Trackback(0) | Top ▲

白川郷2

►2007/06/27 21:27 

白川郷に行ってきた。

建物ばかりに気がいっていたが、
そこに自生している植物や、
村の人達が育てている花々もとてもキレイで
写真をバシバシ撮ってしまった。

花の種類が豊富で、
どの花も<今が見ごろ>とばかりに咲き乱れていた。

どの家の玄関先にも店先にも
沢山の花が置いてあったが、
花の種類がかぶっていなくて、
花に注目して散策するのもなかなかおもしろかった。

プランターで育てられている花の種がとんだのか、
田んぼの端や、道にも沢山の花が咲いていた。

よく考えると、今回の旅行、
白川郷に限らず、どこへ行っても花が目に付いた。
店先には沢山の花や植木が置いてあり、
見た目は植木屋や花屋で
実は不動産屋、金物店、というような店が沢山あった。

今日は、白川郷で見かけて写真に収めたものを
紹介する。


20070626210506.jpg

20070626210514.jpg

20070626210529.jpg

20070626210538.jpg

20070626210904.jpg

20070626210633.jpg

20070626210656.jpg

20070626210712.jpg

20070626210730.jpg

20070626210748.jpg

20070626210757.jpg

20070626210820.jpg

20070626210833.jpg

20070626210849.jpg

20070626211433.jpg


IMG_2812.jpg

IMG_2821.jpg

IMG_2824.jpg


今回旅行から帰ってきて、
ベランダで花でも育ててみようかなぁ、と思った。

テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル : 地域情報

国内旅行:飛騨高山・白川郷Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

白川郷

►2007/06/25 17:03 

昨日のつづき。

今回の旅のメインは<白川郷>見学。

世界遺産にも登録されている、
「日本昔ばなし」の世界に
前から一度行ってみたかった。

今回念願かなってこの白川郷に足を踏み入れることが出来た。

山奥のそのまた山奥にある集落。
人里離れたしずかな村で、
(もちろん、日中は観光客でにぎわっているが・・。)
飾ってあった冬の白川郷の写真は、
もう、絵本の世界だった。
冬にまた来てみたいと思った。

大型バスの駐車場から、
巡回バスで白川郷が一望出来るポイントまで移動した。

余談だが、この時のバスの運転手のおじさんが
ものすごくおもしろかった。
運転中ずっと観光案内アナウンスをしてくれたのだが、
内容がとにかくおもしろくて、車内は爆笑のうずだった。
これを聞けただけでも来たかいがあったと思うほどだった。

↓↓↓到着した絶景ポイントからの風景
ちょっと小さくてわからないかな・・
(是非拡大してご覧あれ。)
白川郷


↓↓↓とにかく屋根が分厚い。
白川郷5


世界遺産に指定されているため、
増改築が全く出来ない。
屋根の葺き替えも、前の年から国に申請しなくてはならない。
申請しても、古いに認可が下りるので、
申請したからといって、翌年に葺き替えが出来るわけでもない。

葺き替えには、確か200人くらいの人手が必要だといっていた。
それから、大きな家だと葺き替えに800万から1000万は
必要だといっていた。(もちろん国からの補助はある)

↓↓↓中には、家屋内まで見学できるところがいくつかあった。
白川郷2

↓↓↓たんぼとマッチしていてのどかないい雰囲気。
白川郷4

↓↓↓お土産やさんもいい感じ。
白川郷6


つづく・・・。

テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル : 地域情報

国内旅行:飛騨高山・白川郷Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

古い街並み

►2007/06/23 19:31 

今週の18日~20日、
2泊3日で飛騨高山・白川郷へ行ってきた。

今回は、ツアーで食事もほとんどついていた。
ショッピングよりも観光がメインで、
バス移動も多かったので、
全然お金を使うこともなく旅を満喫できた。

ローコストプランだったので
ホテルも食事もあまり期待していなかったが、
びっくりするくらいよかった。
大満足の内容だった。

梅雨時期で需要が少なかったからだと思われる。

今回、足をとめた各先々で昔ながらの古い街並みを歩いた。

私にとって古民家風の日本家屋はとても落ち着く空間だし
好きなインテリアなので、
この点においても大満足だった。

↓↓↓これは郡上八幡で撮った古い街並み
郡上八幡2


小雨が降っていて、とても風情が出ていた。

郡上八幡で「?」なもの発見。

↓↓↓それがこの井戸端小路。
郡上八幡3


“井戸端小路”という木の看板がたっていた。
座ってゆっくり出来るように、ということで
切り株の様なイスがとびとびに設置されていた。
この切り株は、道の反対側にも同じ間隔で設置されていた。
ちなみに、写っているのは一緒に旅行した友人。

ところでこの切り株、一つ一つがかなり離れている。
数人がこの切り株に座って話そうとすると、
かなりお互いが遠く、話にくい。

一つの切り株に皆で囲んで話すなら、
一人しか座れない。

この日は雨だったから誰もいなかったが、
活用されてるのかなぁ、と思った。

↓↓↓これは高山市の古い街並みという名前のついた道。
街並み2

国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定されいるらしい。

↓↓↓これは美濃の<うだつの上がる街並み>
美濃2


うだつがあがらない、という言葉の“うだつ”は、
ここが発祥だと言われているらしい。

やはり、こういう街並みが好きだし、
建物の中の雰囲気も色もとても落ち着く。
自分が日本人であることを再認識した旅行だった。

テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル : 地域情報

国内旅行:飛騨高山・白川郷Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。