短文で成り立つ夫婦の会話

►2013/10/07 12:37 

最近夫婦の会話が・・・




旦那の仕事はとても忙しくて
基本的には土曜日も祝日も仕事。

早朝出勤して帰宅は10時すぎる。
仕事が立て込んでいる時は午前様。
せっぱつまった時は帰って来られないことも。


よって普段の会話は業務連絡に終始する。


ということで、夫婦の会話は休みの日の車の中で
まとめてしてしまうという感じ。
旦那はドライブが好きなので2時間くらいだったら近所感覚。
だから結構時間がとれる。



↑↑これは今までのこと。



最近は本当に仕事に追われ、休みもほどんどなく、
たまたまとれた休みは近所に買い物に行く程度なもんで
はっきりいって旦那とゆっくり話していない。
かれこれ・・・数ヶ月・・?



旦那も口を開くことすらきついのか、
口から出てくるのは要求文だけ。

『リモコンは?』『さぁ、そのへんにない?』

『つめきり。』『つめきりくら自分で指しなさいよ、ブツブツ

『ビールもらおうかね。』『はい。(どうぞ)』

『明太子ある?』『あるよ。』

『ポテチちょーだーい。』『ま、まだ食べるの?』



要求文でなければ、『今日の姫はどうだった?』『何時に寝た?』など
子供達のことを聞くくらい。



うーん、ちょっとやばい?



これを言ったら旦那も思うところがあった様でちょっと反省したっぽい。
かといってどうすることも出来ぬようで。


今月を乗り切ったら温泉にでも行ってねぎらいたいと思ったら、

『来月会社の付き合いで韓国旅行に行かなきゃいけなくなった。
4万5千円よろしく』と言い出した。


えーーーー?


ほぼ単身赴任状態で、いや、単身赴任の方がましか。
毎日食事と弁当作って洗濯もしてあげてるわけだし。

毎週日曜は「またお父さんお仕事?」と姫に寂しい思いをさせてさ。

こっちは母子だけで質素でつつましやかな生活を送っているのに
そちらは海外旅行ですと?


それはないでしょーーーー


現地での小遣いも要るって言い出すだろうなぁ。


昇格に伴い、小遣いを上げてあげようと思ってたけど・・・
しばらくお預けだわ


テーマ : 家族関係 - ジャンル : 結婚・家庭生活

だんなComment(0)Trackback(0) | Top ▲

大切にしたい思ひ出

►2012/10/18 23:06 

うちの旦那は家での細かいルールが全く守れない。



脱ぎっぱなし
出しっぱなし
付けっぱなし


これは10回中9回はやりっぱなしになる。


何度注意しても

作業着は直接洗濯機へ入れてしまうし、
(ペンや名詞や小物が入っていることが多いため)
ヒゲ剃りの刃の部分を下に向けて直に置いてしまう。

これは3回に1回くらいの割合。




いったいこんなんで仕事は大丈夫なのか??と一抹の不安を覚えるが、
彼の仕事ぶりを知る人々は口を揃えて
「ものすごく細かくてキッチリしている」と言う。
デスクの上はいつもピカピカだとか。

同一人物だとは思えないが
仕事で神経を使っている分家では気を抜いているということらしい。



そんな旦那に、私は口うるさくその都度その都度注意する。
そして旦那はその都度その都度ヘタな言い訳をする。

タンスの前に脱ぎっぱなしのインナーを持って
 『また脱ぎっぱなし。』と指摘すると

 『夜また着るからいいと。』という。

夜脱衣場で新しいインナーを着て出てきた旦那に

 『朝タンスの前に脱ぎ捨てたインナーを着るんじゃなかったと?』

 『あぁ、それは・・・明後日着る。』


なんだ、その明後日って。




トイレの電気のつけっぱなしを指摘すると

 『俺暗いのが嫌だから。』

 『トイレを出て居間にいるんだから、離れたトイレの中が明るかろうが
   暗かろうが関係なかろうもん。』

 『もろあいちゃんが行くかなって思って。』

 『そんなおせっかはいらん。私は私で行った時につけるからいいと。
   つけっぱなしにしちゃった、ごめんねって言えばいいのに。
   どうしてそれが言えんかねぇ。
   トイレの電気くらい消す習慣つけてよ。』


 
 『トイレの電気をつけたっていう思い出を大切にしたくてさ。』


・・・・なにソレ。。。



言い訳もここまでくると怒る気うせるわ。
実際これを何度も思い出して笑ってしまったし。

おもしろい人やなぁ。




テーマ : 旦那さんのこと。 - ジャンル : 結婚・家庭生活

だんなComment(0)Trackback(0) | Top ▲

男ってやつは・・

►2012/06/19 14:12 

旦那に対して「こら!」とか「ほら!」と、お小言を言わぬ日はない。

「やるな」と言われればやってしまうワルガキの様な感じで、
ベッドで物を食べるな、と何十回注意しても、
するめをシーツの上にパラパラ置いて食べながらTVを見る。

「また食べて!」と言うと
「人聞き悪いこと言わんで。してないよ。」と言うのだが、
タオルを持ち上げると下に隠していたり、
全部口に入れて証拠隠滅を図ったりする(苦笑)

アラフォーに片足つっこんだ大の大人がすることではない。

だが、こういうのとか、脱ぎっぱなしとか出しっぱなしの指摘はそれほど
ストレスはない。


昨晩、なぜ旦那の行動にイライラするのか?
どんな行動が気に障るのか??とちょっと考えてみた。


考えた結果、私がイライラする旦那の行動は、



自分の体をかえりみない行動の数々、だった。




◆ ほどんど噛まずに食べる早食いと大食

◆ 薬を自己判断で飲んだりやめたりする
  (食後・食間などを守らないし、牛乳で飲んだりする)

◆ 薬の服用中にお酒を飲む

◆ 寝る直前にもりもり食べるし、食後すぐに就寝する

◆ コンタクトを外さずに寝たりする

◆ 禁煙もダイエットも「明日からする」と言い、言った当日はやらない
  そして続かない。


あげればきりがないくらいで、まだまだ沢山ある。




早朝に出勤して深夜に帰宅するから寝ればいいのにドラマを見るし、
もっと体をいといなさい、と言いたい。

そのくせ病院嫌いで体調が悪くても
体温は測らないしだましだまし乗り切っている。


だから、年に1回の会社で強制的に受ける人間ドックがありがたいなぁと思う。



そんな旦那がお尻の下のあたりに膿がたまったということで
切開して取り出した。
ちょうどイスに座った時に座面にあたる部分に出来たので
座れなくてとても痛そうだった。


これは5年くらい前からの持病みたいなもので、
疲れがたまると腫れ、しばらくしたら治まるという感じ。

一度嫌がる旦那を無理矢理皮膚科へ連れて行った時、
「オレは癌かもしれん・・」とぐずぐず言っていたが、

何でもないことが分かり、処方された薬で腫れが治まると、
すべて飲み終わる前に
「もう治った~」と薬の服用をやめてしまった。

この後何回か再び腫れあがり座れない時もあったが、
病院へはいかなかった。


前回腫れたときに
 『切って取り出しますか?』と言われたらしいが

 『薬でいいです・・』とすごすごと帰ってきた。

 『膿を取り出さない限りまた腫れあがるんだし、
     忙しい中休みとって病院へ行ったんだから
     取ってもらってきたらよかったのに!』 と言ったら、

 『だって、切るの怖いんだもん。』と言った。


・・・え?


病院まで行ってすごすご帰ってくるなんて私には理解できなかった。




そんな旦那だが、いつもと違う病院へ行ったら
 『あ、これは取らないと治りませんね。はい、じゃあ取りますね。横になって。』と

旦那に考える隙を与えずにそのまま手術になったらしかった。




帰ってきた旦那は
 『注射を3本も打って、4mmも切ったんだよ!』と


身振り手振りの大騒ぎで、どれだけ痛かったかを力説してくれた。


 『なんだ、たったの4mmか。』と言うと


旦那は全然納得がいかない様子だった。

ガーゼの貼り替えをしてあげたが、
傷口はとてもキレイで小さかった。

それよりも注射で出来た内出血の跡の方が痛々しかった。



 『ホントに痛かったとよ!!』と何度も言ってはいたが、


出産を2度経験した私に言われてもねぇ。




こんなにギャーギャー大騒ぎしたくせに、
薬は私が用意しないと飲まないし、お酒も飲んじゃうし。


ちょっとの傷でもこんなに大騒ぎするなら、
普段の不摂生がたたって大事になったらどうなるのかしら。

そうないようにしないと、って思わないのかしら??



ほんと、男の人って血や痛みに弱いのねぇ。



いや、女性の方が強いのか??





だんなComment(0)Trackback(0) | Top ▲

年のせい?

►2011/01/24 00:23 

私と旦那は同級生。
アラサーとアラフォーのどちらを名乗るか迷うお年頃。

最近、ちょっと大げさだが
旦那に対して「これも老化に伴う現象か??」
思うことが増えてきた。

旦那は<のんびりかせっかちか>といえば
どちかといえばのんびり派で、
イライラせずに根気よく待ってくれる方。

そんな旦那だが、最近せっかちさが目につくようになってきた。

まず、
エレベーターの「閉」ボタンを連打する。
何もそんなに押さなくったって・・とあきれる。


セルフのガソリンスタンドで
給油が開始されるまでノズルのレバーを
カチカチカチカチカチカチとあきれるほどの速さでレバーを引く。

かえってその方が給油開始が遅れる気がするんだけど・・と思う。


録画の早送りボタンの連打。
押しすぎてのインクが磨り減って消えかかっているし、
押しすぎが原因で、ボタンがききにくくなっている。

オープニングの歌が始まったら早送りボタンを連打。
そして早送りしすぎて巻き戻し。再び早送り・・の繰り返し。

無駄な操作だわ・・とつくづく思う。


急いでなくても、ムダな信号待ちはしない。
とにかく迂回、迂回。
まるでタクシーの様。

旦那は裏道をよく知っていて、方向感覚もすぐれていて
地図が頭に入ってるかのよう。

あ、この先混んでいそうだ、と思った瞬間にわき道へ。
右へ、左へ、と入っていくうちに私はどちらを向いているのかわからなくなる。

こんなにぐるぐる迂回するなら、そのまま走った方が速かったんじゃ?と
思うこともしばしば。

ただ、盆正月等渋滞がひどい時など、この迂回に助けられることも多い。


少しでも並んでないレジに並ぼうとする。

誰でも少しでも早くまわってきそうなところに並びたいというのは同じ。
ただ、並んでいる途中、しかも「次は自分」とうところで
隣のレジに並びかえるのはちょっと・・と思う。


ちょっとしたことではあるが、
私の中では旦那の“ウリ”は「おおらかさ」だったんで
この頃の変化に年くってきたからか?と少々残念に思う。

そんなに急がなくったって、
老い先短いわけでもないし・・。


旦那くん、もっとのんびり一緒に生きていこーゼ

テーマ : 旦那さんのこと。 - ジャンル : 結婚・家庭生活

だんなComment(0)Trackback(0) | Top ▲

活字嫌いな人な旦那へ買う本選び

►2011/01/09 16:34 

出先の旦那から
 『暇つぶしに適当にでも買っといて。』
というメールがきた。

もともとその“暇”時間に合わせて一冊の本は買っていたのだが、
その本を読んでしまったのか、その本が難しかったのか、
わけは分からなかったが、暇つぶしの本を買っておくように追加注文がきた。

↓↓↓最初に買っておいたのはこの本
51xgGdRt0QL__SS400_.jpg

タイトル【もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら】
著者【岩崎 夏海】
ダイヤモンド社 \1680



昨年のベストセラーで、
長いタイトルを略した「もしドラ」という言葉は流行語にもなったほど。

≪都立の高校野球部のマネジャーが、
ふとしたことでドラッガーの経営書「マネジメント」に出会います。
はじめは難しさに戸惑うのですが、野球部を強くするのにドラッガーが役立つことに気づきます。
彼女とその仲間たちが、ドラッガーの教えのもとに力を合わせて甲子園を目指す青春物語。≫
(ブックカバーより抜粋)

なんだか面白そうだったので読んでみたいなーとは思っていたが、
文庫本になるまで待って買うか、ブームが収まってから古本屋で買おうと思っていた。

旦那はマンガですら面倒だ、と読まない活字嫌い。
もちろん新聞も読まない。雑誌もめったなことでは読まない。
(車と時計関係の雑誌や広告は別だけど)



メールをもらって
 『「もしドラ」はもう読んだの?それとも読み終わったの?
どんな本がいいの?』と返信したが、

電源を切っているので電話はつながらないし、メールも返ってこない。



本を買っといて、と言われても、さてさてどんな本にしたらよいのか
皆目検討もつかない。


とりあえず大きな本屋へ。


大きな本屋だったので、子供の本が置いてあるコーナーには
開封されたサンプルのおもちゃや本が沢山あり、
姫がおとなしくそこで遊んでくれたので、
時々様子をみながら本選び開始。


活字嫌いな旦那でも飽きずに読める本。
旦那が途中で挫折してももったいなくない金額の本。
私もそのあと読める本。


歴史物は・・・名前が複雑!とかいって途中で挫折してしまいそうだあぁ。
SFは・・・スキじゃないもんな。SFは映画も見ないし。
マンガは・・・何冊も買わないといけなさそうだし却下だわ。
恋愛小説エッセイ哲学系・・・うーん、、どれもピンとこない。

内容がうすっぺらいものだと物足りないだろうし、
夏目漱石とかそういう濃そうな内容の本も無理だろうなぁ・・・。

東野圭吾とか人気作家の文庫本にしようかなぁ、
サスペンス、殺人事件物にしようかな??と、なんとなく方向性を決めて
いざ本をセレクトしようとしたがなかなか難しい。

もう何でもいいか、と半ば投げやりになった時に目に入ったのが雑学物。


そうそう、これダワ!と↓の本に決定。

↓↓↓一冊目
75931164.jpg

タイトル【池上彰の学べるニュース】
著者【池上彰】
海竜社 \1,048


↓↓↓二冊目
83796482.jpg
タイトル【図解 どっちが得?「おとなの雑学」】
編集【インタービジョン21】
三笠書房 ¥600


一冊目は、池上さんの番組は旦那もよく見るし、
図入り解説が沢山あり、面白そうだったから。

二冊目は私が読んでみたかったから。

どちらの本も一つの単元が数ページで終了し、
途中でやめやすいし飽きにくそうだった。

二冊目の本はなかなか面白そうで、
「コンビニはどこで買ったも同じと思ったら大間違い!」という
背表紙に書かれていたフレーズにも興味がわいたし、

数十種類刊行されているファッション誌が
ターゲットになっている年齢層を横軸、
テイスト(モード系、ギャル系、コンサバ系ext.)を横軸にした表に
分散配置されているのも面白そうだった。

ちなみに私はファッション雑誌は美容室でしかよまないんだけど・・。



まぁ、こういった私の苦労あってか、
もっていった本、完読してくれました
ちなみに、「もしドラ」も読み終わっていた。

旦那クン、やれば出来るんじゃーん!


 『活字、読めないのかと思ってた。たったの1,5日でよく3冊も読めたね。
すごーい。』と褒めると、

 『本くらい誰でもよめるくさ。』

じゃあもうちょっと普段から本読んでよ・・。

 『でさ、面白かった?どこがよかった?○○って結局どうなったの?』と

本の内容について聞いてみた。


が・・・


え?という程に頭に残ってないのだ。

感想は『まぁまぁ』と『普通』。
質問の答えは『忘れた』『うーん、どうだったかな。』のみ。

斜め読みもいいとこ。


問題は読みこみ方だわ。



ま、今回は暇がつぶせただけで役割は果たせたわけだけど。


全部新品で買ったんだから、頭にのこしといてほしかったなー。

テーマ : 旦那さんのこと。 - ジャンル : 結婚・家庭生活

だんなComment(0)Trackback(0) | Top ▲

これぞ九州男児? 甘やかせすぎた?

►2010/09/28 23:18 

現在、うちの旦那は朝6時に家を出て、
帰宅は11時半から12時。
休みは日曜のみで祝日も仕事。
土曜はたまにあるが不定期

家にいる時間が極端に少ないという生活を送っている。

来年の春まで担当している仕事がとても大変らしく、
それまではこういう生活が続くらしい。


これほどまでではないとしても、
わりと仕事三昧な生活を送っている。

だから感謝しているし、
家のことをして欲しいとかあまり考えたことがない。
日曜に姫のために時間をさいてくれるだけで御の字と思っている。

それが自分の心の平和を保つためでもある。

家に5,6時間しかいない人に
「食器洗って!」「洗濯物をたたんで!」なんて言えない。

・・が!

せめてこれくらいは・・とやってもらいたいこともある。

洗濯物を一緒に脱がず、
かごからはみ出さないように入れて欲しい
、とか。

ズボンと靴下、パンツまで一緒に脱ぐもんで
洗濯機に入れるときにいちいちばらさないといけない。

毎日毎日毎日!
濡れたバスタオルもズボンも洗濯籠からかなりはみ出ている。

洗面台はびしゃびしゃ。浴室の天井にはあわが飛んでいる。

激しすぎだって・・・。

よく言えばワイルド??




そんな旦那が先日部下の結婚式に出席した。
前の日に「スーツやお祝儀用意しておいてね」と言われ

礼服、白ネクタイ、ベルト、カフス・・といった服飾関係を用意し、
新札を入れた祝儀袋をふくさで包んで鞄に入れ、
靴を磨いて完璧!と
褒められる気マンマンで当日を迎えた。


礼服とワイシャツを見て一言。

 『ねぇ、着るって分かってるんだからボタンくらい外しといてよ。』


えーーーー!?そこまで!?
そこまで要求する??????



甘やかせすぎた?





★★★ おまけ ★★★


旦那がシャツを着た段階で腕を上に曲げて
袖口を私に近づけた。

 『?』という顔をしていたら

 『俺が“こう”やったらカフスつけてってことやろ?』と言われた。


どこまで王様なんじゃ!

テーマ : 夫のこと。嫁のこと。 - ジャンル : 結婚・家庭生活

だんなComment(7)Trackback(0) | Top ▲

サプライズ

►2010/03/25 22:33 

昨日、旦那が会社の飲み会で飲んで帰ってきた。
ほろ酔いで帰ってきた旦那の手には
老舗宝飾店の紙袋が。

酔った勢いでネックレスでも買ってきたかな~と思ったが、

 『これ、もろあいちゃんにお土産』と
手渡された紙袋は意外に大きく、
紙袋の中を覗いたらバカデカイ箱が入っていた。

も、もしや・・・
この瞬間に中身はなんとなく想像出来たが、
まさかね、と思いつつ中身をあけてみた。

やっぱり・・・


中身は旦那の時計のレディスもの。


しかし、この時計は旦那の少ない小遣いで買えるシロモノではない。

え?なんで?どうやって???  と、思うのが先で
喜びの表現が遅れてしまった。

 『うわーーー!!!すごい!
 え?でもなんで?なんでこんな高価なもの・・・。』といいつつ、


頭の中は「どうやって買ったの??」という疑問でいっぱい。


旦那はあるお金をあるだけ使ってしまうタイプ。
普段使わない旦那名義の口座は私がおさえている。

小遣いだってそんなに高くないし、
給料前の小遣い口座残高はすずめの涙ほどしか残っていない。
時には小遣いの前借りだってお願いされる。

そんな旦那がどうやってこれを???



私のあたまはそんな考えがぐるぐるとめぐった。



常連の皆様はご存知の通り、ワタクシもろあいは
他に類をみないほどの“うっかいり”者。

今までカメラをフランスの地下鉄、大阪道頓堀に置き忘れ、
高校1年生の一年間だけで13本の傘をなくし、
財布だって時計だってどれほどのものを
あちらこちらで寄付してきたことか・・・。

そんな私には高価な時計は不要、と自覚していたので
私にはちょっと、いや、かなり危険なプレゼントだった。


しかし、ほくほくで買ってきてくれた旦那に
「なんでこんなもの買ってきたの!」とは言えないし。。
でもやっぱり嬉しかった。

ということで、

 『うわー!私もこんな高価な時計を手にする時が来たのね』と
喜ぶことにした。



しっかーし!やっぱり旦那がどうやって手に入れたのが気になった。


旦那の入浴中に、浴室のドアを開けて

 『あ、あのさ。か、会社のお金で立て替えたりしてないよねぇ・・・』

と失礼ながら聞いてみた。

 『まさか。さすがにそんなことはしによ。』

 『そ、そうよね』  と一安心。




そして今度は旦那が体を拭いてるところに行って・・・

 『あ、あのさ。消費者金融なんかに手をだしてないよね??』
と聞いてみた。

 『心配しなくても大丈夫!』
と言われたが・・・。



やっぱりおかしい。


クレジットを組んだわけでもなければ、
カードを切ったわけでもないらしい。

財布には大金が入っているわけでもないし・・・。


3月だからってことで会社から臨時ボーナスでも出て
手渡しされたのかな?と思ったが違うらしかった。

どーしてもどーしても気になって
寝る前にもう一度聞いてみた。
だって不思議すぎる!

すると、旦那は
 『うん。俺も不思議。(←意味不明)ま、縁があったということで。
結婚10周年の時に教えるよ。』

な、なにそれ!

待てないんですけど!


昨晩はちょっとした興奮状態で寝られなかった。

1月に釜山に行ったときにカジノで大当てしたのかな??
旦那が会社の引き出しでタンス預金してたの??


わっかんなーい!




ごめんね、旦那クン。
とってもとっても嬉しいんだけど、
気になってしばらく寝られそうににわ。



テーマ : 旦那さんのこと。 - ジャンル : 結婚・家庭生活

だんなComment(8)Trackback(0) | Top ▲

お小遣い値上げの危機?

►2010/01/21 21:28 

飲みに行った時の支払いだが、
後輩や年下の子達と飲み食いした場合は
全額おごりとはいかなくとも、
少し多く払う、というのが私の中での美徳、というかマイルール。

年下でも、1つしか違わない後輩というよりは同級生も同然の友人とか、
ママ友なんかは例外だけど。

大学の時は部活の先輩と飲みに行ったり食事した時は
常にご馳走になっていたし、
上級生が音頭とって
 『1年生1500円、2年生、2000円徴収しまーす。』
と指示してくれたし、

支払い伝票を見て、
 『えーっと、じゃあ、もろあいは2000円だけちょーだい。』

とか、

男の子 『俺、1万出すから、あとはお前達で割り勘して。』

とか、

太っ腹な先輩なんかは

男性 『支払い済ませてきたから。』

なんてスマートに払ってくれたことも。


こういうシステムはじゅんぐりじゅんぐりで、
私達が上級生になった時は

 『還元還元♪』と当然のように多く払ったし、

後輩よりも少し多く払うことに
「少し大人になった気分」を味わったりした。


入学したてでバイト代もあまりない後輩達が
お財布を気にせずに上級生と飲みに行けるという
なかなか素敵なシステム。

うちの部活に限らず、まわりの子達もそう過ごしてきた感じだった。


父もそういう人だったので、
“そういうもんだ”と思って育ってきた。


それから、男女で飲みに行った時はケイスバイケース。
同級生の場合、合コンの場合、同僚の場合、などなど。

まぁざっくりいうと、だいたい男性陣の方が飲む量が多いから、
ちょっと多く払ってもらってたかな。


それが社会人になって、
“ソレ”がスタンダードではないんだ・・と思うこともしばしば。

就職した勤務先が大阪で、
同期の子達と皆で飲みに行った時のこと。

入社時はよく男女入り混じりの大勢で行ったのだが、

 『では、一人3776円ねー。』

 えーーー?1円単位で割り勘???


 『えーっと、一人5500円よろしくねー。』

 えーーーー?女の子のほとんどはウーロン茶で、
お前達がしこたま飲んだんだろ???
割り勘かい!

(ま、私は飲んだ方だからよかったんだけど。)


なんて思ったことはしょっちゅう。
すぐ慣れたけど。
ちなみに、上記采配は大抵東日本の人々によるものだった。


その時にやっぱり九州の人がええなぁ~なんて思ったりした。


しかし、大阪から福岡へ転勤で戻ってきたとき、
それは九州だとか関東だとか関係なかったことが判明。



私の職場はトップ以外はすべて女性だった。
女性が十数人くらいで男性は1人。

その上司はとにかく部下と飲みに行きたがる人だった。
ossan 『飲みニケーションしよ~(私語)』とよく言っていた。

ある日、その上司を含めた飲み会が開かれることになった。

事前に会費を徴収してた時のこと。

ossan 『なんで俺だけ皆よりも500円高いわけ?飲み放題やろ?
 俺は飲む時はあんまり食べないのに。』

と、15歳くらい年上の上司が言った。
いや、いいやがった。


 500円くらい、ぐだぐだ抜かすなー!と思ってしまった。



他部署のおじ様方との飲み会の時に、
父世代のあるおじさんが言った。

とと 『俺達は少ない小遣い制でやりくりしてるんだ。
 君達は稼いだお金がすべて小遣いだろ? 
 なんなら、俺達の方がご馳走してもらってもいいくらいだ。』


 そ、そんなもの?



この一件から、将来の旦那には
小遣いを増やしてでも後輩や部下に
あんな情けない言葉を言わせないようにせねば・・なんて
同僚と言い合ったものだ。


ま、そういうことを言いそうな人とは結婚なんかしないんだけど。




そして、結婚後・・・。




旦那は仕事が忙しくて、飲み会は月に1度あるかないか。
そして、職場での飲み会はほぼ会社もち。
(なんて素敵な会社)

旦那をよく飲みに連れて行ってくれる相手は10~20も上の方々ばかり。
よって飲み会費用はほとんど必要ない。

いったい何に小遣いをつかってるんだ??という感じ。


そんなつい先日、旦那が
 『小遣い前借させてー。』と言ってきた。


小遣いがなくなった訳は、昨年末に後輩を飲みに連れて行き
おごってあげたかららしい。


年齢からいうとかなり遅くはあるが、
ついに後輩達にご馳走する時期になってきたというわけか・・・。

近い将来、小遣いアップが必要だろうな。
どうか、その時はいまよりもお給料がアップしてますように

テーマ : 旦那さんのこと。 - ジャンル : 結婚・家庭生活

だんなComment(5)Trackback(0) | Top ▲

じゃあ聞くなよ・・・

►2009/10/31 22:32 

私と旦那の得意分野はまるで重ならない。

出会った頃、旦那は歴史はからっきし。
私は日本史が好きだったし、時代劇も好きだったので
割かし知っている方。

私は車にはかなりうとく、社名と車種も一致しないし、
運転するくせにボンネットもあけたことがない。
旦那は車が好きで詳しく説明してくれるが
右から左で全然頭に残らない。

こういう感じで何をとっても
私「好き」旦那「興味なし」
私「さっぱり」旦那「おもしろい」という感じだったのだが、

お互いの影響は大きいらしく、
今では旦那は週1の大河ドラマにはまってるし、
私も以前よりは車がわかるようになってきた。


旦那はテレビを見ながらよく質問をしてくる。

例えば歴史ものをみてて

 『ねー、○○って何をした人?』

 『えー??し、知らないの?こんなに有名な人を・・・。
 中学社会のレベルよ。教科書に太字で出てくる人じゃん。
 ***************した人よ。』

 『そんなの知らん。俺は習ってないもん。』

 『何いってんの。習ったって。』

 『じゃあ、俺の中学では習わなかったんだ。』

 『あのねー・・・。私とあなたは同じ中学でしょ!(しかも同級生)』



またある時、

 『○○って何やったっけ?』

 『またそんなことを聞いて・・・。
 ****************やん。』

 『いや、もろあいちゃんが
 知ってるかなーって思って
。』

 『



またまたある時、歴史ものを見ながら

 『室町時代って何時代?』

 『・・・・・え?室町時代は室町時代・・・・・。』

 『あぁ、違った。室町時代ってどんな時代だったっけ。』

 『これまたはばひろーく聞いた質問ですねぇ。。
 えーっと・・・・』

私はTVを見ながら別のことを考えたり
人と会話するのがなかなか出来ないので、
頭がこんがりながら話していたら

 『ちょっと静かにして!いまいいところなんだから。

 『

聞いてきたのは旦那クン、あなたでしょーーー!



相変わらずおもしろい旦那クンの話でした。

だんなComment(4)Trackback(0) | Top ▲

そんなこととっくに知ってるよ

►2009/09/02 15:47 

最近、姫の成長が著しい。
『あれ?こんなこと出来たっけ。』とか
『まぁ、もうこんなことも出来る様になったのね!』とか
日々驚かされている。

だいたい週に一度しか姫と触れ合う時間がとれない旦那のために、
夕食時にはたいてい【今日の姫 うさぎ 】について報告する。

きっと知らないだろうなぁと思って
 『あのね、姫ね、電車を見たら電車に向かって
 バイバ~イって手を振るんだよ。』

 『え?そんなん知ってるよ。』

 『あら、そう。私は最近気づいたよ。』

 『そんなのずーっと前からやん。(遅いよ)』と得意げ。


またある時。。


 『あのね!この前買った2ピースのパズルがあるでしょ?
 今日ね、合わさるピース同士を持ってきたとって!
 同じ動物の柄っていうのが分ってるのかな

 『そんなこと、前から出来るよ。
 だけん、俺と姫はこの前の日曜、
 ピースをはめ込む特訓をしたっちゃけん(かなーり得意げ)』

俺と姫は、すでに次の段階へ進んでいるのだ!とでも言いたげな様子。


またある時。。。。

 『あのね、姫すごいよ~。大好きな靴下を指して、
 「ちゅっくした!」とか「こっちした!」とか言ったんだよ!』

と、自分が知らない事を知らされた場合は、


 『そんなのウソやん。まだまだムリだって。』

となかなか信じない。


そてして、またある時。。。

 『姫さぁ、○○するって知ってた?(俺が発見した!)』

 『あぁ、そうねぇ。最近○○するねぇ。』

 『え?そうなの?聞いてないよ。』


そ・・・そうきたか




私よりも姫のことを把握していたいらしい旦那は、
私よりも、じーっと姫を観察し、一緒の時は濃い時間をすごす。


「お父さんは必ず自分のために手をあけてくれる」と
分っているのか、日曜は旦那にべったり。


さてさて、相思相愛が続くのはいつまでかなぁ~
『お父さんなんてキライ!一緒に洗濯しないで!』なんていう
年頃もいつかはくるでしょ (≧ω≦。)プププ

旦那クン、その時にそなえて、
今からワタクシにもそれなりに愛想ふりまいときなさい(笑)

テーマ : ☆☆1歳Kids☆☆ - ジャンル : 育児

だんなComment(5)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»