ネクタイ

►2017/02/08 09:57 

うちの旦那は去年の春まで、仕事着=作業着だったので、
スーツを着るのは月に1度あるかないかだった。

着用するのは結婚式や式典など割と“晴れ”のシーンだったので、
仕事着もプライベートのよそ行きも同じものを着用していた。

それが一転、去年の春から内勤を命ぜられ(多分1年間)毎日スーツを着ることに。

ということで、通勤用に数着買い足した。
購入したのはパンツが2着ついているリーズナブルなもの。


もちろん、スーツを買ってオシマイではない。

靴は毎日履くから磨り減るのが早く、シャツも沢山要る。


以前までは午前中スーツで午後から作業着という風に着用時間も短かったので、
靴もながーく履けていたが、靴を一日中履くようになったら
「靴ってこんなに短期間でダメになるのね」と驚いた。


アイロンなんて月1回くらいでよかったのに、頻繁にかけないといけないし、
あー大変。作業着通勤が恋しい・・。

作業着は会社支給だから、個人負担は靴と靴下程度だった。
ベルトもネクタイもいるし、スーツ着用って個人負担が大変!
センスもいるし・・・。



スーツを着用し始めて半年ちょっとが経った頃から、ネクタイを買い足したくなった。

毎朝、スーツにシャツ、ネクタイ、ベルト、靴下、コート、ハンカチに至るまで
私がリビングにある鉄棒にかけておく。

用意しながら「このネクタイのラインナップ、もう飽きたなぁ」と思いネクタイを選びに店へ行ってみた。


旦那は「ネクタイなんて何でもいい。買わなくていいよ、あるもので。」と言うので
一緒に選びに行くという選択肢がなく、一人でうろうろ。


ネクタイもピンキリなのね。

基本ネクタイは進物ばかりで、私もほとんど買ったことがない。
デパートだと、セール品で5000円。
新作だと1万円から2万円、ってのが主流かな。

ネクタイの普段づかいの値段層っていうのもわからない。

シャツは、アイロンのかけ具合や、襟袖の劣化の進み具合と値段との折り合が
自分の中でついて、「○○で売ってるこれくらいの価格帯がベスト」というのが決まった。

ネクタイは・・・まだ未知の世界。


旦那は、ネクタイのデザインはこだわらないと言っていたが、
いいネクタイはしめ具合がよく、安いのはしめにくい、と言っていたので
あまり安いのは文句がでそう。
難しい。。


ネクタイ売り場をまわっていて気付いたのだが、並んでいるネクタイ、
うちにあるのより随分細い。

デパートで最初に入った店の若い店員さんに聞いてみた。
「ネクタイ、細いですね。最近の主流がこの細さですか?それとも、このブランドの主流が細いんですか?」
「え?細いですか?これが普通の太さだと・・・」と
店員さんは首をかしげた。
細いのだとこのタイプ、と見せてくれたネクタイは、
「これ、ひも?」と思える細さだった。




↓↓↓うちのネクタイ2本
IMG_4198.jpg

うちのネクタイ幅の主流は左。
最近買ったのは右で、うちのネクタイの中では一番細い。


一番太いネクタイと比べると・・・

↓↓↓重ねると太さがこんなに違う!
IMG_4206.jpg


うちのネクタイのほとんどは10年前のものばかり。
結婚の時のお祝いとか、転勤の時の送別品とか、最近はもらってもない。
唯一私の気まぐれで買った上の写真のネクタイがここ最近で一番新しく、購入したのは3年前。


最後に立ち寄った年配の店員さんに同じ質問をしてみた。
すると、「10年前と比べると、随分細くなっています。」と教えてくれた。

そして、おそるおそる
「幅の太いネクタイをしていたら、見る人が見たら『あ、昔のネクタイだ。』と
思われたりしますか?」と聞いてみた。

そのベテラン店員さんは遠慮がちに
「そうですね、我々プロが見たらそう思いますね。
でも、まだ幅の太いネクタイを着用されている方もいらっしゃいますよ。」と言った。


うーん。。。


プロが見たら分かる、でもオシャレに敏感が人が見なければ分からない?
知ってしまったんだから少しずつ買い換えていくか?
でも作業着生活がまた春から始まってネクタイが不要かも?

難しい。。


とりあえず、通勤時は今まで通りのネクタイで。
晴れの場では新しい幅のネクタイで。

こんな感じかな。

やっぱり少し買い足した方が無難かな。

アウトレット行こうっと。



テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

デカパン

►2008/10/23 23:53 

一昨日、妹とワコールのバーゲンに行ってきた。

娘だが、私は母に、
妹は出産した産婦人科へ預けて(一時預かりのサービスがある)
バーゲンに臨んだ。

『産前産後の下着はバーゲン初日の午前中にほぼ完売する』と聞いていたので
開店に合わせて行ってきた。

とにかくすごかった。

人、人、人。
熱気、熱気、熱気。

気後れするくらいすごかった

試着コーナーにはずらーーーーっと人が並んでいて
30分から1時間待ちという感じだった。

お会計コーナーには長蛇の列。
100人くらい並んでいた。
(レジに関しては20箇所くらい設置されていたので
10分から20分くらいの待ち時間で会計を終えられる。)

これぞ女の戦いという感じだった。

男性もいないし、皆目の色変えて目当ての商品に群がっていた。


とりあえずマタニティーコーナーへ行った。

どれも半額から半額以下で置いてあった。
授乳用の下着類を予定していた枚数買い物袋に入れ、
とりあえず最大の目的のものは確保したので一安心。

その後はおパンツのコーナーへ。


妊娠中は大きなお腹がきれいにおさまる
綿の大きなマタニティパンツをはいていた。

産後、今まで履いていた妊娠前のパンツがどうも小さく思えて
こころもとなく感じた。

お腹まわりがきゅっとしめられるのもイヤで
ずっとマタニティー用を愛用していた。

すると、ある日洗濯物をたたんでいた私に旦那が一言。

 『ねぇー。そのデカパン、いつまで履くとー?』

 『え・・・、えーっと、これ履き心地がよくって。
   もうちょっとくたびれるまで。それに、今までのパンツ小さくって。』

 『十分くたびれてるやん。そのデカパン。』

ま、そりゃそうよね。臨月まで履いていたものですから。
一度伸びきってますからね。

で、その日からデカパンから今までのパンツへ変更した。
しかし、ローライズのパンツなんかはどうも布地が少ない感じがして
そわそわ(?)した。

で、このバーゲンを機に、再びデカパンに舞い戻ることにした。

ただ、今回はオシャレなデカパン

また上が深く、お腹とおしりをすっぽり包んでくれて、
しかもサポート力のあるオシャレなデカパン。
決してオバサンが履くようなものじゃないデカパンを求めて探してみた。

勢いあまって結構な枚数を買ってしまったが、
なかなかいい買い物が出来た。

洗濯を終え、翌日早速履いてみた。


こ、これは・・・・


なかなかいい感じ



★★★ おまけ ★★★


長蛇の列が出来ている大きな試着コーナーとは別に、
マタニティ用の売り場にも
一箇所だけひっそりと試着室が設置されていた。

私はここに並んだのだが、
中に入っている人がなかなか出てこない。
一体何着試着してるんだ??と思うくらいに出てこない。

それにしびれをきらした私の前にいたおばさんが、
突然しゃがみこんだ。

何をするのかと思ったら、突然腕を袖の中に入れて
ごそごそブラジャーの試着をし始めた。

ま、まじで?

そのオバサンは、しゃがみこんだまま
4本のブラジャーを試着し、
再び立って列から外れた。

試着室に入らぬままどれを買うか決めることが出来たらしい。


うーん・・・

最近どんどん羞恥心が薄れていっているが、
おばさんデカパンを履くことになっても
こうはならないようにしなくては。

人の振り見て我が振りなおせ、だね。

テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

Comment(5)Trackback(0) | Top ▲

着こなし

►2008/09/23 16:43 

自分が着たい(着てみたい)服と、似合う服はまるで違う。

私は服には割りに無頓着な方。
着られれば十分ってほどにはひどくないが、
その年の流行を追うことはほとんどない。

自分の好きなカラーやデザインが
その年に流行ればラッキーという感じ。

ファッション雑誌も買わないし、
研究心も持ち合わせていない。

ただ、どんな服が自分の体型をカバーしてくれるか
バランスがいいかくらいは気にはして購入している。

最近、輪をかけて服に無頓着になってきた。
まだ授乳中。日中娘とお風呂に入ることも多く、脱ぎ着が多い。
ということで、最近のテーマ(?)は
【動きやすくて脱ぎ着、もしくは授乳しやすそうな服】
これに尽きる。

よそ行きの服を買おうとしても、
授乳がしにくそうだったら買うのをためらわれる。
今授乳のせいで痩せたので、今の体型に合わせて買ったら
今後着られなくなるのは目に見えている。

授乳のせいで腰まわりの肉がとれて
長いパンツが腰にひっかからなくなり、ぞろびくようになってしまった。
ヒールもやや低いものに変えたのでなおさらだ。

丈つめも考えたが、きっと授乳後は元の体型に戻るので
丈を短くするのも考えもの。

今の体型に合わせて間に合わせの服を買うのもちょっともったいない。

とりあえず、今もっているジーパンにベルトをして
なんとかごまかして履いてはいるがなんか変。

近所へのお買い物は、もっぱらブーツカットのジーパンに
カットソーやポロシャツ、Tシャツというスタイル。

が、先日TVで
 『今時、ブーツカットにカットソーなんていうスタイル、
古いわぁ~古すぎ』と
言われていた。

えーーー。
私、古すぎる格好だったのね

そうかなぁ~。人の格好なんて全然見てなかった。
スーパーではおばちゃんばっかりだしさ。


ちょっと前、バーゲンに行く前に
クローゼットをのぞいてみた。

久しぶりに目にした服が沢山あった。
中国へはもっていかなかったので着なかった服、
妊婦中で着られなかった服などなど。

その服たちを見て新鮮さを感じて
その時は着られる服はまだあるわ~なんて思った。

が、きっと実際着てみたら
『み、短すぎる。』とか
『これは古すぎるかな~。』という思う服が多いに違いない。

要するに、我が家のクローゼットは死蔵品で溢れているわけだ。

その死蔵品の中からチョイスして着まわしていたら、
きっと再びTVや雑誌で
『ちょっと、それ古すぎよ~。』と言われるような格好になるのかもしれない。

いくら服に無頓着といえ、やっぱりそれはいただけない。
ヤバイヤバイ。


しかし、まぁ服は授乳中だからおいておいて、
とりあえずお顔のお手入れをサロンに通うのを再開させることにした。

出産前ギリギリまで行っていたので約半年ぶり。

最近は朝晩の洗顔もチャッチャと済ませるばかりで
目の下のクマもかなりひどい。

たまに鏡でじーっと自分の顔をみてがっかりくる。

とりあえず気分転換に行ってこようかと思う。
施術中はスタッフが見てくれるので安心。

リラックスしてくるぞ~。

Comment(7)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |