スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

予告

►2012/01/08 22:45 

昨日また検診を受けてきた。

現在予定日を5日ほど過ぎている。



先生いわく
 『赤ちゃんの頭の位置高いねぇ~。でも、指一本は入るよ。』
とのこと。

ガックリ感と嬉しさが入り混じる。


頭が高い=まだまだ出産は先、ということだが、
指一本分の子宮口が開いているということは喜ばしいこと。

前回子宮口が1センチ開くのに6時間かかったわけだから、
6時間分分娩時間が短くなったようなもの。
「さすが経産婦!」と自分を褒めたくなった。

今回も内診は激痛で
「イダイ」とまた声が出てしまった。
あまりの痛さに、左手首に右手の爪を立ててしまい
左手首は皮がむけてちょっとかわいそうなことに


この内診を踏まえて、今後の予定が決まった。

1月10日の14時より妊婦検診を終えた後入院。

バルーンを使って子宮口を開かせたり
場合によっては陣痛促進剤をつかって陣痛誘導をおこない計画的に出産する、

ということになった。



おそるおそる聞いてみた。

 『バルーンってやっぱり痛いですか?い、痛いですよね??』

 『どうかなぁ~違和感はあると思うけど。
  さっきの内診よりは痛くないと思うけど。』


内診は痛かったが、これよりも痛くないのならば、と安心して帰ってきた。



本日1月8日。
予兆は全くなし。

やっぱり計画分娩は避けられないかな。



ということで、1月10日か翌日の1月11日に産まれてくる予定。


経産婦なんでどうなるかわからないが、
余裕がある限り前回と同じくその時の状況を
リアルタイム更新する予定なのでお楽しみに~。

とは言いつつも、ぐぐぐーっと進んでしまって更新する暇もなく
「産まれました報告」が出来るのが一番いいんだけど。






スポンサーサイト

テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

妊娠生活(第2子)Comment(3)Trackback(0) | Top ▲

お待たせしてマス

►2012/01/06 17:03 

昨日検診を受けてきた。

 『全然下がってきてないねぇ。子宮口も全然開いてないよ。2日後また来てね。』
 と言われて帰ってきた。

推定体重は3800グラム超え


この頃になると測る微妙な位置で測定結果は
かなり誤差が出るらしいから何とも言えないらしいが、
3500グラムは超えているでしょう、とのこと。

ご立派な腹部でデカイ頭部らしい。

いったいどうやって出すかねぇ(苦笑)


陣痛を耐えて、その後「やっぱりデカクて出なかった」と
帝王切開になる最悪のパターンだけは避けたいところだわ。



それにしても予定日近くの内診って何でこんなに痛いのかしら。
思わず悲鳴をあげたわよ。

子宮の入り口がどれくらい開き始めているか触診をするわけだけど、
頭が下がっていれば子宮の入り口が出口に近づいてるわけで
そう痛くないわけだけど、
私の場合は子宮は全然下がってきてなくて
随分と手をつっこまないと届かない。

そりゃぁ痛いのよ、ほんとに。


前回の出産時に、ある助産師さんが触診した時に全然痛くなくって、
「あれ?痛くない」と不思議がってたら、
 『指一本でも子宮口の開きは把握できるのよ。
 指を数本ぐっと入れられると痛いものねぇ。』と教えてくれた。

是非ともこの神業を全スタッフが習得してほしいものだわ、と思ったのを覚えている。



前回の検診で市からの補助券がなくなってしまって
今回から保険がきかず、まともに妊婦検診代がかかる。
今回は6600円
高いなぁ、そういう意味でも早く出てきて欲しいものだわ。

旦那の冬休み中に産まれてきてくれる予定で、
そうでなくても、姫が幼稚園の冬や休みとは重なるから
誰も送り迎えをしなくて済むわと思っていたのに、
そうこうするうちに幼稚園も始まりそう・・。

このまま陣痛がこなくても、予定日を1週間こえたら
予定分娩になってしまう。
そうなると“バルーン”という恐ろしい処置を施される。
開かない子宮の入り口に風船を無理矢理ねじ込んで
風船を少しずつ膨らませて子宮の入り口をこじ開けるのだ


前回は計画分娩日の前日に破水がおきて自然に陣痛がきた。
今回もそうなってほしいんだけど。

先日初詣に行って絵馬をかけてきた。
絵馬には
『自然陣痛・つるっと安産』と書いてきた。

どうか叶いますように。


妊娠生活(第2子)Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

予定日すぎちゃった

►2012/01/03 23:39 

予定日は1月2日の昨日。

普通に正月三が日を過ごしてしまった。


元日は旦那の実家で勢ぞろいで迎えた。
毎年思うが、種類もボリュームも満点のおせち料理。

だいぶおせち料理の準備にもなれてきたが、味付けその他、
采配は義母が振るう。
嫁や娘は完全指示待ち。

義母に何かあれば旦那の実家の伝統の味が失われてしまう。
義姉が『何はともかくこのお雑煮の味だけは受け継ぎたい』と言っていたので

お手伝いをしながら材料をメモ。

スルメ
昆布
干しいたけ
乾燥干あご(あご=トビウオ)
鳥のささみとムネ肉

味付けは薄口しょうゆとお酒少々 のみ


あとはお餅やかまぼこやかつお菜などを直前に入れて食べる。


昆布の大きさや、するめやしいたけの分量などを詳しくメモ。
まさかあの味が薄口しょうゆだけで出ていたなんて驚き。

しょうゆの分量は「テキトー」と言われてしまったので、
味を見ながらぼちぼち体得するしかないのかも。


例年だと1日の午後からうちの実家へ行くのだが、
いつ陣痛がきてもいい頃なんで里帰りはせず、
近所の店であってる初売りにちょっと行ってみた。



2日は11時から検診。

おなかにモニターだけ付けに行った。
1時間くらいかけてお腹のハリや赤ちゃんの心拍のチェック。

 『赤ちゃん元気だよ~。次の検診は1月5ね。』と
  言われただけで終了。


午後は神社へ初詣。
太宰府天満宮の分社である「かまど神社」へ。

太宰府天満宮は人が多すぎるが、この神社はとてもすいてるし、
境内の横まで車を寄せられるので妊婦としてはとても楽。

この神社はえんむすびの神社。
旦那と付き合い始めてからは初詣も挙式もお宮参りもすべてここ。
今回の子宝祈願も安産祈願もしてもらった。

まさか初詣に来られるとは思わなかったなぁと思いながら
大きなおなかを抱えてお参りしてきた。

おみくじを引いたら、旦那と姫は「大吉」
私は「末吉」だったが、
“お産”の欄には<安し>と書いてあったのでなんとなく安心。

3日の今日は
午前中はゆっくりして午後から行動開始。
家具屋をまわったりちょっと近所をうろうろして旦那の実家へ。

今日は義母のお誕生日。
再び全員集合でお誕生会。

豪華なお料理は主役の義母が昼過ぎから下準備してくれたもの。
食事の後、いちごのホールケーキを二つ並べてロウソク消し。
ほんとに美味しゅうございました

もしかしたら義母の誕生日と一緒になるかも??なんて思っていたが
かさならず・・・。
旦那のお休みも明日で終了。

旦那の冬休みと出産が重なるからちょうどヨカッタなんていう期待は完全に外れてしまった。
あぁ残念。



3日間夕飯はすべて旦那の実家でお世話になった。
冷蔵庫の中はカラ。
明後日からは旦那が仕事だし、
どれくらい食材を買い足したらいいのかしら。


もういいかげん出てきていいぞー。





テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

妊娠生活(第2子)Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

落ち着かぬ・・

►2011/12/30 23:14 

昨日、検診に行ってきた。
39週と3日。
予定日まであと数日。

昨日の検診では内診もなく、
「さがってきてるね~」とか「もうそろそろだねぇ」とか
そいういう“いよいよ”というコメントもなく、

ただ
 『1月2日の予定日にお腹にモニター(NST)だけとりつけに来てね。
 次の検診は1月5日ね。』と言われただけだった。

前回も8日遅れの出産だったし、
胎児が大きいとはいえ特に人工的にお産を早めようという手段はとらず
自然に陣痛が来るのをのんびり待ちましょう、という感じだった。

エコーで胎児を見ながら
 『なんともかっぷくのいい赤ちゃんだね~』と言われた。
推定体重は前回と同じくらい(3600グラム)。

大きいから早く産まれるように○○しましょう、とはならないのね。



ということで、
義母の
 『お雑煮を食べんことには出てこられん、って
 (赤ちゃんが)言ってるんじゃない?』という予言が的中しそうな感じ。


前回もどんぴしゃに当てられた。
昼過ぎ頃に
 『きっと次の満潮時にならんと出てこないよ。』と言われ、

満潮時ってあと何時間後よ、そんな予言的中したら困ると思ったが
ズバリあたってしまった。



本当は今日は家でのんびりする予定だったが、
旦那もお休みだしっていうんで
博多駅へお出かけしてきた。

春に博多駅がきれいになって、阪急なんかも入って
テレビでみるデパ地下へ行ってみたなぁと思っていたのもあって。
オープンして半年経ってはいるが、
九州初出展のお店には長蛇の列だった。

デパ地下ってどうしてこんなにウキウキしてしまうのかしら。
ただ見てまわっただけだがとても楽しかった。



話はかわって・・・
現在の我が家はかつてない美しさを保っている。
といっても、姫のおもちゃが散乱したりはしているが。

いつもなら「もう少しまたってから洗おう」とほっておく食器も
この後破水するかも、とか陣痛始まるかも、とか思うと
なるべく洗い物もそのつど済ませるようになった。

テーブルの上のDM類もすぐに処理し、
アイロンもためずにかけたりしている。

おかげでなんとなく気分もスッキリ


なるほどねぇ~、家の中がいつもスッキリしている人って
こういう生活を当たり前の様にして過ごしてるのねぇと身を持って体感。
しかし、これを継続するのは私にはムリかな

先日妹に手伝ってもらって大掃除と模様替えが完了。
入院準備と里帰り準備が終わって
「いつでも出ておいでー」状態なのにさっぱり予兆もない。

やっぱり体を動かしたほうがいいかなぁと思って
鍋磨きを開始。
専用クレンザーを出してゴシゴシゴシゴシゴシゴシ・・。

ぴっかぴかになってなんともいい気分


・・・が陣痛、こない。


翌日、冷蔵庫の中や食品庫の中身をすべて出して掃除開始。
賞味期限をチェックしたり位置を変えたり
午後いっぱいかかるくらいにのんびり拭いたりして過ごした。

・・・がやっぱり陣痛、こない。

その翌日、こんどは何するかねぇと
今度は毛布を洗い、カーテンを洗った
いろいろひっぱりだしてアイロンをかけた。

・・・がなーんの予兆もなし。




 『ねぇ、赤ちゃんにもう出てきていいよー、って教えてあげて。
  なんで出てこないのか聞いてみてよ。』と姫に聞いてみた。

すると、
 『あのね、おなかの中がきもちがいいって』と回答。

なるほどねぇ~。

あなた(姫)もお腹の中が居心地よくて予定日よりも
だいぶ遅れて出てきたもんね。
同じ気持ちがわかるのかもね^^

ということで、例年通り
明日はだんなの実家でおせち作りに参加してきまーす。





テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

妊娠生活(第2子)Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

思い出す前回の出産

►2011/12/28 00:05 

昨日は元々の出産予定日。
最終生理開始日を元に自動計算された日。

その後妊娠何週目だったか、
胎児の大きさをもとに来年の1月2日に修正された。


姫の時は修正された予定日ではなく、
もともとの予定日に産まれてきたので
「もしや?」と少し期待したが外れてしまった。

姫に『赤ちゃんはいつ産まれてくるのかな?』と聞いてみたら
『サンタさんが連れてきてくれるんじゃない?』と言ったもんで
それを聞いた旦那は日曜お酒を飲まなかった。


というのは・・・



姫の時のお産は日曜の夜に始まった。
23時過ぎに破水し30分後に病院へ到着。
旦那はお酒を飲んでいたのでタクシーで移動。

破水しての入院だったので入院時は陣痛がなくサクサク動けた。
陣痛が始まったのは夜中の2時半から3時ごろ。
陣痛室にはカーテンを仕切りにして5,6人の妊婦が
付き添い人と共にスタンバイしていた。

夜中の2時半くらいはまだ旦那も起きていたし、
ものめずらしさも手伝ってお腹のハリをチェックする機械なんかをのぞいたり
足をさすったりしてくれた。

しかし、お酒が入ってるもんで3時くらいには横でスヤスヤ・・。
隣のベットも奥のベットの付添い人も起きて妊婦を励ましてるっていうのに。

そうこうしているうちに夜が明け、母が来た。
その頃には旦那は起きているが、
陣痛測定器を見ながら
 『お、キタキタキタ。痛い?痛い?おぉ、今の波は大きかったんじゃない?』と
実況中継をし始めたりした。

もう全く役に立たず。むしろいないがマシ状態。


昼頃にはLDR(陣痛・分娩・回復が同一部屋で行える部屋)という個室に移動したのだが、
旦那は仮眠をとりに帰宅。
母はいたが、今度は義母が来て母同士は雑談開始。

「いつ出てきますかねぇ」
「さっきの満潮時に出てこなかったから今度の満潮時までは出てこないわね」という風に。

私は途中陣痛が遠のいてしまって
うとうと仮眠をとったりしてたとはいえ、母は読書開始。


もともと立会い出産は希望していなかったし、
旦那がカメラをもって入室したのは
「もういきまなくていいよ~出てくるよ~」と言われた時。

旦那は
 『あかちゃんスルっと出てきたね。』と言っていた。

陣痛始まってから42時間かかったのに?
何がスルっとじゃという感じ。

とうことで、今回は姫の相手をしてくれる人さえいれば
出産は優しい看護師がいれば自分一人で十分だわ、と思った。
経産婦だしね。

ただ、
産後は旦那に「お茶買ってきてー。」「おにぎり食べたい!」とお願いしたり、
母に「お見舞いに来るなら生クリームの
沢山入ったパン買ってきて。」とお願い出来たのはありがたかった。

今回、旦那には
前回と同様、産まれたてほやほやの赤ちゃんの写真だけ撮ってくれたらいいから、
あとは姫の相手だけよろしくね、とだけお願いしている。

前回は近所にあった実家は現在長崎にあるし、
年末年始の忙しい時なので母にも来てもらうつもりもない。
99歳の祖母も同居だし。
母には産後の里帰り時にお世話になる予定。

出産開始時期によっては一番大変なのは義母だろうなぁ。
おせち準備に姫の相手に目がまわっちゃうかも。

旦那の冬休み時に出てきますように・・と思いたいけど、
現在の推定体重を思えば明日にでも出てきて欲しいところ。
難しいなぁ~。





テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

妊娠生活(第2子)Comment(3)Trackback(0) | Top ▲

あと1週間

►2011/12/26 00:38 

今日から39週目。
来週の今日、1月2日が予定日。

今のところまるで予兆なし。


先日の検診で胎児の推定体重は3600と言われたのに

その時に「出産が早まるように自分で出来る事ってありますか?
 例えば歩くとか・・」と聞いてみた。

しかし、出産が早まるとよく耳にする、
ウォーキングも雑巾がけも、
「その行為自体が出産を早めるとは思わないと」言われてしまった。

陣痛が始まった時にすればお産の進みが早まったりするけどね、とのことだった。


えぇー、そうなんだ。
ウォーキングなんかで早まる人もいるだろうけど
必ずしもそうはならないってことなのね。

ほんなら、こんな寒い中風邪を引くリスクを負いながら
ウォーキングなんてするもんじゃないわ、と思い
普通に過ごすことにした。



24日のクリスマスイブ、三女に来てもらって大掃除。


当初は各部屋の照明を一度外して拭いて元に戻す、
冷蔵庫の上とエアコンの上面を拭く、
ベットや家具をどかして掃除機をかける、くらいのはずだった。


・・・が、


家具を大移動させての模様がえになってしまった。


今回はベビーベットを置く予定で、
ベビーベットを置く位置を決めてベットを動かした時に
妹が
 『この電子ピアノ使ってる?使ってなければ納戸へ移動させたら?』と提案してきた。


えーこれを移動させるとなると、納戸の整理もする必要が・・と迷ったが、
思い立ったら!と実行させることにした。


電子ピアノはちゃんと88鍵ある思いタイプ。
私よりも10歳近く若くて力もちの妹は
サクサクと移動させてくれた。

しかし、移動させたピアノを壁につけて置くには、
外したふすま6枚が邪魔だった。
そこでまた妹が
 『このふすま、あの本棚の後ろに移動させる?』と提案してきた。

本棚の後ろって・・・
それをするには、本棚の本をすべて出さないといけないんだけど・・・。

今何時?4時?微妙。。。


でもやるからには、と本棚の本をすべてだし、
ふすま6枚を本棚の後ろに隠して、出した本を戻した。

同時に要らない本類も処分出来たし本棚もスッキリした。


電子ピアノがなくなっただけで居間につづく和室二間はスッキリ広くなった。

納戸に電子ピアノを入れたが全然狭くもならずにきれいにおさまった。


片付けも7時完了、ということでいい感じに終了した。
当初の予定だった掃除も完了出来た。


いつもは遅く帰ってくる旦那もクリスマスイブということで
早く帰ってきてくれたので、
5,6時間頑張ってもらった妹を焼肉に連れて行くことにした。

旦那は焼肉が好きだし、
私も「焼肉を食べると陣痛がくる」というジンクスにあやかりたくて
夕飯は焼肉に決定。

焼肉の他、もつ鍋なんかもたのんで大掃除の打ち上げをし、
家に戻ってからクリスマスケーキを食べた。

姫は昼寝をし損ねてたのでクリスマスケーキの飾りだけ食べて
倒れこむように寝てしまった。


その後、私と妹はパソコンをのぞきながら
出産祝いで買ってもらうベビーベットのチョイスを開始。

1年くらいしか使わないし、訳アリ商品で全然かまわなかった。
持っているベビー布団が入るサイズであればいいという程度の要望しかなく
すぐ決まるかと思ったがなかなか決まらなかったが、
それでも格安のベットをチョイス出来て、
安くなった分、おむつ専用のゴミ箱もプラスしてもらえた


これで買って用意したり、ものを移動させたり、
荷物にまとめたりという準備がほぼ完了。

あとは用意したものに不備がないかチェックするくらいかな。



27日ー28日は旦那が出張で家をあける。
夜中病院に行くような時は妹が来てくれることになった。

私一人ならなんとでもなるが、姫もいるのでやっぱりお手伝いが必要。
妹は車で3,4分のところに住んでいる。
独身でフットワークも軽く、なんとも心強い存在。



これで準備万端だぞー。出てきていいぞー。

おーーーい、息子よ。


次の検診で推定体重聞くのが恐ろしいわ。






テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

妊娠生活(第2子)Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

38週

►2011/12/22 00:57 

あっという間にここまできてしまった。
もうすぐ39週に入る。

姫は予定日よりも1週間遅れて3340グラムで産まれた。

今回は37週の時点で推定体重が3300グラム・・。


推定体重はあくまで“推定”であって
かなり誤差が出る場合もあるとはいえ、
現時点で3300グラム越えはちょとびびる。

36週の検診から1週間で2キロ増やしてしまって
前回の検診で担当に驚かれてしまった。
怒られはしなかったが、
「来週はあまり増やさないで来てね」と言われてしまった。

確かに食べものに気を回さずに食べていたとはいえ、
特別「○○をした」という体重増加原因が思い当たらない。

ということで、前回の検診後から食べ物の摂取に気を遣って過ごしてる。
「これを食べるならこっちの方がカロリー低いかな。」とか
「もう少しでお昼だし我慢しよう」とか。

これってかなーりストレスがたまる。
食べたいものを食べたい時にもりもり食べたい!!!と思った。

授乳が始まればそれも叶うはず、と思い
今週はちょっとだけ我慢することにした。

つわりで食べられなかった時のことを思えば贅沢な悩みなんだけどさ。


姫の時の母子手帳を開いてみた。

同じ週数で見てみると、腹囲は4センチほど大きく、体重は2キロほど重かった。
やっぱり大きいのね・・。
出す側としてはちょっと恐ろしくもあるが
経産婦ということで前回よりはスルっと出てきてくれることを願うしかない。


赤ちゃんの名前だが、お七夜で使う命名書にもう書いてしまった。

赤ちゃんと対面してから確定させるつもりだったが、
今日お習字のレッスンだったもんで
先生からレクチャーを受けながら書き込んでしまった。


数ヶ月前、
名字に合わせて、画数のよいもので響きや好きな漢字を使った名前を
12~15リストアップした。

その中で姫が
 『姫ちゃんこれがいいー。』と選んだ名前なのだ。


割と画数が多い名前の中で、画数が割かし少なくみえたので
目に留まったんだと思う。
名前の位置を変えたりしてもかなりの確率でその名前を選んだ。

また、名前の横にふりがなをうっていたのだが、
姫の名前にもあるひらがなが入っていたから選んだと思う。

そうこうしているうちに姫がその名前で呼ぶようになってしまった。


最初はまだ確定させたくない、という思いから
姫が「○○くんは何て言ってるの?」と聞いてきても
「赤ちゃんはね・・」とあえてその名前を使わずにかわしていた。

が、ここ1ヶ月で完全にその名前に慣れてしまって違和感も感じなくなってきた。
ついに姪っ子も
 『もろあい姉ちゃんのお腹の中には○○くんがいる』と言い始めた。

先日旦那の実家のあつまりで義母が甥っ子達にもその名前を公表したし、
姫は他の名前に違和感を感じるらしくその名前以外譲らない。

こういう経緯もあってきっと
赤ちゃんと対面して「この名前じゃない気がする」とか考えることもないだろうと思い
姫の選んだ名前を命名書に書き込むことにしたのだ。

漢字の意味自体は割りといい感じ。
響き的には勇ましいというよりはやさしい感じ。
イニシャルは姫と同じになった。

息子はお姉ちゃんが選んだ名前、気に入ってくれるかしら?


テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

妊娠生活(第2子)Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

妊婦力

►2011/12/15 00:19 

【妊婦力】という言葉は多分ないとは思うが、
【女子力】を真似て本日のタイトルをつけてみた。

※女子力・・きらきらと輝いた生き方をしている女性が持つ力。
女性が自らの生き方を演出する力。
また、女性が自分の綺麗さ、センスの良さを目立たせて存在を示す力

yahoo!辞典より


妊娠してつくづく
「私の体って妊婦に向いてないわぁ~」と思う。

残念ながら流産を繰り返してしまう方や、
切迫早産などで絶対安静を言い渡される方に比べれば
かなり快適な妊婦生活を送れているんだと思う。

・・が!


そう素直に思えない状況が日々の生活であるのだ。


現在、妹も妊娠していてまたまた出産時期が重なった。
今度は2ヶ月違い。
私の方が先に予定日を迎える。

私と妹では3つ違い。
それを考慮しても、なんでこんなに妹は動けるんだ??と
不思議でならない。

もし、私が妹みたいな<妊婦力>があれば
すぐにでも3人目を考えるのに、と思う。


私は前回の妊娠でも今回の妊娠でもつわりがきつかった。
今回はそうでもなかったが、前回は激ヤセするほどの大変さだった。

一方、妹は今回も前回もつわりがなかった。
今回は「おなかがすけば少し気持ちが悪くなるような気がする」程度。
同じ姉妹なのにこれはかなーーーり不公平だわ!!と思っていた。

歩くスピードも全く違う。
息も切らさない。

姫と姪っ子が二人で暴走したとする。
私は『ストップ!勝手に行っちゃ行かんよ!』と声だけが出る。
一方、妹は『NN!姫!ストップ!』と言いながら追いかけている。

私は足というか体が頭についていかないのだ。


しばらく座っていると、立ったときにお腹が張ったり
腰や恥骨が痛くてソロソロ歩きになるが、
妹は何の躊躇もなくさっくり立ったり座ったりする。


この違いって何??


妹を見てると
あなた、ほんと妊婦に向いた体(体質)なのねぇ~と
ホントにうらやましくなる。


私は入院など治療を施す妊娠トラブルは全くなく、
毎回「こんなに待たされたのに検診はたったの3分?」と
言いたくなるくらいのアッサリ検診。

そのかわり、妊婦が体験すると思われる
マイナートラブルをほぼ患っている。

腰や恥骨が痛くて、歩行困難になる時もあるし、
寝返りも出来ない。
片足でたてないから、パンツを履くときはかなり大変。
車に乗った時はまずお尻を乗せてから、
足は片方ずつ手でズボンの生地をひっぱって乗せる。

爪は気の毒なくらいにボロボロ。
2層にも3層にもなり、みかんをむいたりしたら、
色が入っていって白い部分はまっ黄色。
かなり薄くなってて熱いお湯が触れない。

色素が濃くなっていて、脇の溝部分がかなり茶色になり、
顔のシミが濃くなってきた。
前回は産後元通りになったけど、今回も元通りになるかしら???

あ、クリームを塗るのを怠らなかったおかげか、
妊娠線は出来てない!
うん、優秀優秀♪

何もしていないのに、特に食後は息切れしてしまう。
続くときは2、30分続いてぐったりしてしまう。

明け方に足がつることがあり、
両足が一緒につった時はもう、死ぬかと思った。
横で旦那と姫はスヤスヤ。
おさまった後、思わず旦那をペシっと叩きたくなった。

もともとトイレが近いのに、さらに頻尿になるっていうのもかなり面倒。

あと、前回は経験しなかった尿漏れというのも数回経験した。
くしゃみの時なんかに。
たいした量ではないのだが「あ・・・」という感じ。

あとは・・・ちょい便秘とかむくみとか
まだまだあるわ。




話はかわって私は難産にはならないまでも出産には随分時間がかかった。
子宮口が1センチ開くのに6時間かかったもんで
4センチ開くのに24時間かかった。
(分娩時間:42時間)

ベットにはりつけ状態だったから、
産後体を起こせず、フラフラで息は切れ、
会陰切開部分だけでなく、自然裂傷もあったので
産後ずっとどうやってイスにすわるか困った。

歩くときは壁やイスの背もたれや机の端などどこかを
支えにしないと歩けなかった。

足があがらずに中々前に歩けなかったが、
ある時、肛門あたりを手で押してやるとスムーズに足が出ることがわかった。

ということで、入院中は人目を気にしながら、里帰り中は実家で、
片手でお尻をおしながら、
もう片方の手で机や手すりを持って体を支えながら歩くという
なんとも滑稽な姿で移動した。


そんな中、里帰りして10日ほどして妹が
姪っ子を連れて、里帰りしてきた。

その妹はというと、さくっと立ってさくっとスピーディーに歩いて移動。

え?あなたも産後ですか??という感じだった。


出産も超安産で、病院へ行った時にはすでに子宮口は8センチくらい
開いていたらしく、あっという間の出産。


妹を見てると、あなたって妊娠出産に向いた体をもってるのねぇ~と
ほんとにうらやましくなる。

姫はどっちタイプだろう。
叔母に似るといいね。

テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

妊娠生活(第2子)Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

臨月!

►2011/12/10 14:46 

久しぶりの更新。
“何”があったというわけでもないが、
結構忙しく過ごしている。

ついに臨月に突入


先日の検診は盛りだくさんだった。


検尿と採決、エコー検査はいつも通り。
これに内診(細菌検査)
血液検査(貧血)
心電図
NST(お腹のハリと胎児の心拍数チェック)
助産師外来


臨月に入ったら毎回内診があって
子宮口のかたさや開きをチェックするものだと思い込んでいた。
前回はそれが苦痛で苦痛で。
一瞬で終わるのだが「イッテーよ」と
言いたくなるくらいに痛かったもんで。

だからこれから毎回内診があるわぁ~
覚悟して行ったら、内診は痛くなくて肩透かし。
先生からも子宮口が開き云々の話はなかった。

助産師外来で助産師さんに聞いてみたら、
 『内診は40週に入ってからですよ、もしくは
出産の兆候が見られる妊婦さんに限られます。』と言われた。

今回の細菌チェックの内診の時に子宮口は見えてたはずだから、
何も言われなかったということは
<開いていない>んでしょう、ということだった。


ということは、まわりの経産婦がよく言われる
「あら、子宮口がもう○センが開いているよ。」の部類には入らなかったのね。

前回姫の出産では、子宮口全開の10センチ開くのにすごく時間がかかった。

6時間で1センチ、4センチ開くのに24時間・・という感じだったので
今回は出産が大幅に早まらない程度に1,2センチ既に開いていたりしたら
うれしいな~なんて期待していた。

やっぱり予定日の1月2日近くまでもちこしちゃうかな~。


体調はというと、自覚症状のない程度の貧血気味ってくらいで特に問題なし。

ずっと座っていたり寝ていた直後に歩くのはとても大変で
寝返りが出来なとか片足で立てないからパンツの脱ぎ着が大変だとか
突如息が切れるとかあるが、姫の時を思えばなんてことない程度。

旦那は姫の時のことはすっかり頭から抜けているから
 『ひどい歩きようだね。息切れもひどいし、もう産まれてくるんじゃない?
姫の時よりひどいよね。』と言ってた。

そういえば、つわりも前回の方が激ヤセするほどにひどかったのに記憶にないらしい。

そう言われるたびに
 『姫の時の方がひどかったし大変だったでしょ???』と言うのだが
そうだったっけ~?という感じ。

女性は次の出産にむけてつわりや出産のつらさは忘れるようになっているが、
そうでない旦那がすっかり忘れてしまっているのにはなんとなく納得がいかない。
私でさえまだまだ覚えてるのに。


入院準は備完了した。
いろいろ買ったり借りたりという手配も完了。
年賀状もほぼ完了。
里帰り準備もだいたい終わった。
お年玉用の新札準備なんかも終わった。

あとは、購入したベットをどこに置くか、などのちょっとした配置換えと
最近もらった新生児用のお下がりを洗うくらいかな。

あ、あと1ヶ月ほど家をあけるので、何がどこにあるか旦那が探しやすいように
整理整頓というか配置換えするくらいかしら。


今回の検診で出産が早まりそうなことは何も言われなかったので
結構年末まで予定を入れてしまった。

近所に住むフットワークの軽い三女が大掃除のバイトに着てくれる予定なので
照明やエアコンの上部のほこり払いや
家具の下や裏の掃除などが終わるまで、出産の兆候が現れなければいいんだけど。。





テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

妊娠生活(第2子)Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

出産準備

►2011/11/17 23:46 

現在妊娠33週目。
9ヶ月目。

2ヶ月を切ったのでそろそろ準備にとりかからねば・・と
重い腰をあげた。

32週だと、胎児の推定体重は1800グラムが平均らしいが、
すでに2200グラムを超えているらしい
早く出てくるかもしれんなぁと思って。

もしこのままの勢いで大きくなっていったら
何グラムで産まれてくるのやら。。


二人目だからそんなに買うものもないし、と今まで
全く準備に手をつけていなかった。

が、リストアップしてったり、家にある物のチェックをしたりすると
意外と買うものややらねばならぬことが沢山あった。

まず、雑誌に載っていた出産準備リストを片手に
家にあるものをチェック。

姫は4月産まれ。
前回は早々と準備にとりかかった。
4月というのが、新生児にとってどれくらい寒いものなのかわからず、
結構冬物っぽいものも買っていたので、
借り物も合わせると、ほとんど買わなくてもいい感じ。

ちなみに、姫はものすごい暑がりで、
念のために用意した冬物は全く使わなかった。


とりあえず肌着からアウターから布団類まですべて洗うことにした。
雨の降らない今週がチャンス!と思って。
先週末、洗濯槽を専用洗剤で洗浄し、
ネット等ハブラシが届くところはすべて洗浄。
大掃除時はちょっと楽になるかな。
洗濯はもう少し残っている。


しばらくは使わないだろう、と姫が赤ちゃんの時に使った品々が
あちらこちらの奥底に散らばっているので
それを集めるのがちょっと大変。

ここにはないだろう・・と開けてみたら
「こんなところろにあった!」と発見するもあって、
今家の押入れの中を大捜索中。


今回の出産で新たに買うものは5つ。

①ジュニアシート
これは姫用。本当はもっと早くチャイルドシートから
ジュニアシートに換えてよかったのだが、
チャイルドシートの置き場に困るのでギリギリまで乗ってもらった。

これで晴れて姫はチャイルドシートを卒業する。


②ベビーベット
姫の時は買わなかった。
今回は、姫に踏まれるかも・・と思って用意することにした。
就寝時も寝相の悪い姫の足が降ってくるかもしれないし。

最初はレンタルでもいいと思ったのだが、
レンタルも半年くらい借りると結構な値段。
ベットも安いものだと1万円からあるので購入することにした。
処分が面倒そうだけど・・

③ベビーカー

姫の時に買ったA型のベビーカーはかなり酷使した。
結構荒い運転だったと思う。
それもあってか、直進したいのに微妙に右に進んで行ったりして
調子の悪いショッピングカートの様な感じになってしまった。
かなりストレスのたまるベビーカーにしてしまった。

今回は、
<座面が高い位置にある><操作性のある4輪駆動><軽い>
をクリアしたものを探した。

マンションにスロープがないので<軽い>というのはかなり重要なのだが、
4輪駆動にするとどの機種も重いのだ。
軽さを重視して操作性のよろしくない2輪駆動にするなら
買いなおす意味がないので、<なるべく軽いもの>と
ハードルを少し下げた。

あとの問題は値段。

これが結構高い。

赤ちゃん本舗で見かけた機種は52,500円だった
定価販売だったけど。


もう少し安いものを見つけたとしても、
そんなに安くはないと思う。

姫が最近まで使っていたバギーに切り替えるまでの1年~1年半のためだけに
5万近くするベビーカーが果たしているのか?と思うが

姫の幼稚園の送り迎えで週5日×1日2回使うなら
買う価値あり??とかなり迷うところ。

ベビーカーは買いなおす予定ではあるが
何を買うかは要検討だわ。


④だっこひも


姫の時は友人がプレゼントしてくれたものを使った。
寝かせる時もお出かけの時も常に必要なものとして大活躍した。

今回もこれを使ってもいいのだが、
最近よく見かける、腰で支えるタイプを購入してみようかと思って。

友人も幼稚園のママさんも絶賛していた。
腰にベルトがあるのとないのとでは肩への負担がまるで違うそうだ。

↓↓↓こんなやつ
2_20111115233235.jpg

写真はエルゴベビー公式サイトより


似たようなものが各種メーカーで出ているので、
値段と相談しながらどこかのメーカーで買う予定。


⑤ お尻拭きウォーマー
704010500.jpg

写真はコンビの公式サイトより

これはお尻拭きを温めてくれるもの。
姫はお尻拭きが冷たくて、オムツを換えるたびに
毎回怒ってギャン泣きしていた。

今回は冬生まれだし、あまり買うものもないし買ってもいいかな、と思っていたら
リサイクルショップで美品を半額で見つけたので即購入。


大物はこんなもんかな。

チャイルドシートは次女が、ベビーベットは三女が、という風に
買う予定のほとんどがお祝い品で届く予定なので
今回は出費がなくて嬉しい限り。

姫の時はベビー服やベビー用品を買うことが楽しくて
買い揃えていくことが出産への心の準備になったが、

今回はなるべく買わなくていいようにするためには?という事を
考えながらの準備になった。

一人目と二人目ってこんなところでも違うのね~。

テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

妊娠生活(第2子)Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。