なかなか役に立つカルトナージュ

►2017/02/28 10:15 

去年若と同じクラスだった女の子がお引越しすることになった。

時間がなかったのでメッセージは集めず、
有志で写真を集めて切り貼りして渡すことになった。

写真ボードの台紙を依頼されて作った。

↓↓↓みんなで作った送別の品
IMG_20170217_140619.jpg

薄い横長のが写真ボード。

器用なママさんがその場で子供用のネックレスと飾りつきのゴムを作ってくれた。

ということで、それを入れる箱まで作っちゃえ、と作ってみた。
ちょっと大きかったかな。(写真左上)


写真ボードの中身はこんな感じ。

↓↓↓この写真は完成直前のもの
IMG_20170217_1404391.jpg


左右の空白部分には、後日担任と副担任のメッセージが貼られた。

右下の「かりんとう」は、バザーで担当販売したかりんとうの看板。


なかのよいクラスで、年中に進級してもよく集まっている。




お引越ししてしまったHちゃん、向こうでも元気でね^^

テーマ : 日々のつぶやき - ジャンル : 育児

カルトナージュComment(0)Trackback(0) | Top ▲

久しぶりのカルトナージュ

►2017/01/07 22:58 

↓↓↓こんなものを作ってみた
IMG_4090.jpg


これ、なーんだ。



正解は・・・


↓↓↓マスキングテープホルダーでした!
IMG_4097.jpg


姪っ子へのクリスマスプレゼント。
収納を兼ねたカッター台を探したがなかなかいいのがなかったので作ることにしたのだ。

マスキングテープは姪っ子が好きそうなものをセレクト。
何をプレゼントするか迷って妹に相談したら
「マスキングテープが欲しいみたいよ」と教えてくれたのでこれに決定。

今マスキングテープって結構流行ってるのねぇ。
すごい種類で、何十色も用意している色鉛筆やペンより
はるかに充実してて選ぶのが難しかった。


↓↓↓“刃”
IMG_4095_201701072231481c7.jpg

刃を付けているので、カッターとしても使える。

写真はクッキングペーパーの箱についていた紙製の刃。
反対側にはラップ用の金属製の刃をつけた。

IMG_4099.jpg

↓↓↓頭をひねりながら作った部分
IMG_4092_20170107223147088.jpg



この棒、ホームセンターで購入して半分に切ってもらったのだが、
当然残り半分が我家にあるわけで。


ということで、デザイン違いでも作ってみた。


↓↓↓2作品目
IMG_4107_20170107223219fd2.jpg


↓↓↓両サイドのデザインがちょっと違う
IMG_4109_20170107223221f4c.jpg


両作品とも、テープを強く引っ張ると棒があがってしまうので、
ちょっと切りにくい。

今度作る時は引っ掛けるのではなく、
両サイドに丸い穴をあけて通すのがいいかな。

カルトナージュComment(0)Trackback(0) | Top ▲

手づくり裁縫箱

►2014/10/02 22:48 


最近洋裁をすることが増え、一度手放した裁縫道具がどんどん増え始めて
手持ちの裁縫箱からあふれるようになった。

せっかくなら作ろうかと思って手持ちの道具達に合わせて作ってみた。

↓↓↓手作り裁縫箱
IMG_0576.jpg


フタにはキルト綿を入れてふっくらさせた。


↓↓↓中はこんな感じ
IMG_0579.jpg

↓↓↓両サイドに段をつけてトレイ(左右にスライド可)がひっかかるようにした。
IMG_0581.jpg

↓↓↓ものを入れたらこんな感じ
IMG_0588_201410022200323ea.jpg

これからどんどん増えていくであろう糸やボビンの収納も考えなければと思っている。


最近洋裁好きの人がうちに来てもくもくと洋裁に励んでいる。
バザー前なのでバザー委員から頼まれた手作り品などを中心に
流れ作業で作り上げている。

役員さん達からは「もろあいさん達の手芸サークルは幼稚園公認サークルよ~」と頼られながら
次から次へと依頼がくる。
うちに来ている面々はボランティア精神旺盛で「まかせて~」と何でも快諾。

値段付けの10月下旬までは週2~3の手芸サークルの日々は続くかな。


本当は洋裁でもなく、カルトナージュでもなく、
トールペイントがしたいんだけどなぁ。


洋裁の会ではなく、手芸サークルってことで
バザーの後は編み物会に変わる予定。
かぎ針で花のモチーフを作ったり、さくらんぼ等の立体的なものを作りたいらしい。

これに付き合った後はトールペイントへの道へひっぱってみようかともくろんでいる


誰かハマんないかなぁ~。




カルトナージュComment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |