待てない性分

►2006/10/31 10:27 

中国人はせっかちで、エレベーターの「閉」スイッチは連打するし、
早口だし、我先に割り込み並ばない。

ここ広州には高層ビルが沢山あるのだが、
エレベーターがとても合理的に出来ている。

全部が全部ではないと思うが、高層ビルだと、
1階~30階専用のエレベーター、
31階~60階専用のエレベーター、
61階以上の専用エレベーターというように利用階によって
使うエレベーターが分けられている。
このおかげで、60階へ行く人は30階までは止まらずに一気に上れる。
さすが合理的だなぁ、と感心する。

先日、私が15階~35階専用のエレベーターに乗った時のこと。
満員だったせいもあって、16階と34階以外はすべてランプが着いていた。
ということで、ほぼ各階停止予定だった。

16階のランプが付いていなかったが、
乗る人がいたせいで、15階の後、16階でも停止した。
皆一気に17階に上るつもりが16階でエレベーターが
止まったせいでため息をもらした。

しかも、その階(16階)で乗ってきた人は、
なんと唯一つランプがともっていなかった
34階のボタンを押したのだ!!!
そこで一斉に皆がブーイング!・・・まではいかないが、
皆一斉に舌打ちと大きなため息。
かわいそうに・・・。

銀行の窓口店員は、
「○○番の番号をお持ちのお客様は、○番窓口までお越しください。」と
機械アナウンスをならし、窓口に誰も来なければ
(しかもほとんど待たずに)次の番号の人を呼ぶ。

家の修繕が必要になった時、修理業者は
待てども暮らせどもこないし、毎回待ちぼうけ。

銀行ではチンタラチンタラされる業務に巻き込まれ
何十分も待ちぼうけ。


本当に、中国人は人を待たせるのは平気でも、
自分が待たされるのは我慢が出来ないんだなぁ、
とあきれる。


 

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:人・国民性Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»