スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

スーパーのレジ

►2006/10/12 13:16 


レジで会計を済ませたものは、コンビにの様に
レジのお姉さんが袋につめてくれる。

しかし、その入れ方がかなり雑なので、
いつも「まってくれ!」とハラハラしてしまう。
このサービスにありがた迷惑を感じている。
時には、自分で入れなおして持ち帰る。

それなのに、買い物カゴにいれた商品は
カゴのままレジ台には置けなくて、
客が一つ一つレジ台に置かなければならない。

とても面倒。

ジャスコは日系なので、カゴごとレジ台に置くこともOKだし、
自分で荷詰めする台も用意されている。

しかし、先日は人手の余裕があったのか、
荷詰めしてくれる女性がレジの女性の横にたっていて、荷物をつめてくれた。

まずトマトを入れ、上から冷凍食品を大量にどさっと入れた。
トマトがつぶれる!!
こっちのトマトの皮はとても硬い。
完熟そうに見える真っ赤なトマトも皮がとても硬い。
こっちでは、トマトはやわらかいものの中に入らないのかな。。

そして、最後に調味料が入った瓶を無造作にいれた。
おいおい!下にトマトがないか確認したのか!? とドキドキした。

日本では、水気のあるものやパックされた魚や肉は
透明のビニールに入れてから袋にいれると思うのだが、
こっちではそのままつっこまれる
パックされた肉を沢山買った時は、肉類だけをまとめて
一つの袋に入れてくれるが、もしひとパックだけだと、
他の商品と一緒につっこまれたりする。
ひどい時には縦に入れられ、薄切り肉が全部片側に寄ってしまったりする。
ひどい!!!


一応、食品とそうではないもの(洗剤など)は別々に入れてくれるし、
(たりまえ)
割れ物や重いものは破れない様に袋を2重にしてくれる等の配慮はしてくれる。

もちろん、生理用品を紙袋に入れてから袋に入れるなどの配慮はない。
(多分、ここの人は持ち歩いていて気にならない)


スーパーのレジだけでなく、ここでは
して欲しいサービスは受けられず、
ありがた迷惑なサービスは強いられる

というのが常。

日本と中国の価値観の違いだと思う。


スポンサーサイト

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:人・国民性Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。