スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

女は金がかかる生き物

►2007/11/29 16:37 

昨日の記事にひきつづき、旦那のことを書く。
今日はちょっぴり(私にとって)いい話。

先輩主婦から『最初が肝心なんだからね!』と
アドバイスを受けたことは昨日書いた。

旦那とはこれまで歩んだ道が違うわけだから、
考え方なんかは違って当たり前。
どうしても譲れない考え方や価値観は
少しずつ理解してもらえればいいと思っていた。

少しずつでいいとはいえ、
理解してもらうのは難しいかもしれない、と
思っていことが一つあるのだが、

幸運なことに旦那はそのことに関して
とーっても理解をもっている人だったのだ
理解というよりはあきらめと言ったほうがいいかもしれないが・・・。

ま、どっちにしてもよろしい。
私にしとってはむちゃくちゃラッキーなことなのだ。

それは何かと言うと・・・。

美容関係にお金を費やすことに全く文句を言わないこと。

独身時代、顔のお手入れは日常的にサロンに通っていた。
エアコンの中で一日中仕事をしていたので
乾燥がひどかったことが一番の理由。
仕事のストレスを癒してもらうのにも効果的だった。

敏感肌の私は化粧品が合わないことが多く、
このサロンの化粧品には拒否反応は起こさなかったし、
吹き出物がほとんど出来なくなったので
ちょっと高くても結婚してもずっと使い続けたいと思っていた。

20代後半に突入し、
子どもの参観日で「若いママ」ではいられないと悟った日、
潔く「えー!☆☆ちゃんのママ、○○歳には見えなーい!」を
目指そう、と方向変換した。

それを目標に、独身時代、
将来結婚した旦那のかせぎが悪かった時のために、と
エステ代、化粧品代、ネイルなどのスパ代に困らない程度の貯金を
ためこんだ。

・・・なんて書いたら、叶姉妹みたいに美をとことん追求する人みたいに
思えるかもしれないが、私はいたって普通の人デス。

いくら独身時代の貯蓄で購入したいといっても、
世の男性の中には
『そんなことにお金を費やすのはナンセンス。』と考える人もいる。

しかし、うちの旦那は最初から
【女は美に関しては金のかかる生き物。】

認識していたのでかなり助かっている。

新婚生活を中国で送り始めたのも功を奏しているかもしれない。
会社の人からは『奥様方は、昼間エステに通っている。
海外生活のストレスを発散するためにはいい方法。』だと
教え込まれたらしい。
会社の同僚女性や女友達が皆エステに通っていたのも一因のようだ。

今のところ、化粧品は生活費でまかなってもらっている。
エステは独身時代のチケットがもりもり残っていて
当分はそれを使う予定。

先日半年ぶりに行きつけのサロンに行き、
半年から1年ぶんくらいの量をまとめ買いしてきた。
出産前後は買いに行けないと思ったからだ。

旦那に報告すると
 『えー?1年分?別にいいけど、
い、いったいいくらしたと?30万くらい?』と言った。

さ、30万円もしたら買わないって!買えないし。

いったい、旦那の価値観って・・・。

それから、今まで旦那のまわりにいた女性達って
どんな人だったんだろう・・。

スポンサーサイト

テーマ : 旦那さんのこと。 - ジャンル : 結婚・家庭生活

だんなComment(5)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。