スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

“もろあい”の由来

►2010/01/23 23:37 

ここに遊びに来て下さる、ドイツにお住まいのpharyさん。

このpharyさんの【phary】って何て読むんだろう・・・と
思いながらも聞かずじまいで早3年。

英語?ドイツ語?
やっぱり気になったので先日聞いてみた。

カタカナ読みで言うと「ファリィ」と読むらしく、
このハンドルネームの由来も教えてくれた。

その時に

女性 『私はもろあいさんの「もろあい」って
 どういう意味だろうなぁってずっと思っていました
。』と
言われた。


そっか、私を昔から知る友人達は
「なるほどね~」とピンとくるだろうし
覚えやすいハンドルネームだろうなぁ、とは思っていたが、

ネット上で知り合った方達は同じように
「もろあいってどういう意味?」と
思っていらっしゃるかもしれないな、と思い、
今回は「もろあい」の由来を公表してみる。

公表ってほどのものでもないんだけど。


【もろあい】は大学時代のニックネームだった。

旧姓の一部と名前を組み合わせたもので、



木村拓哉⇒キムタク
豊川悦司⇒トヨエツ
長谷川京子⇒ハセキョー



みたいな感じ。

当時こういう略して作る愛称が流行っていた気もする。


最初は
 『もろあい?なんじゃそりゃ。
 勘弁してよー。これでずっと呼ばれるわけ?』なんて思っていたが、

慣れれば愛着もわき、
後から入ってきた後輩から
『もろあいさん!』と呼ばれた時は

 『え・・?「もろあい」に“さん”をつけるわけ??』と
ちょっと違和感を覚えたが、
卒業時にはすっかり慣れてしまい、なんなら愛着すら感じていた。

苗字と下の名前を組み合わせた「もろあい」は
めったなことでかぶることはないし。
私だけって感じで。

社会人になってからすっかり【もろあい】と
呼ばれることはなく、
【もろあい】は思い出のなつかしい「名」になった。

ブログを始めるにあたり、
ハンドルネームを決める際、あんまり迷わなかった。

結婚して姓が変わり、【もろあい】で
素性がバレることも少ないし、
旧姓を知っている人たちにはなじみやすいし。



今回のことで、他にも、○○さんの「○○」ってどういう意味かしら。
★★さんの「★★」って何て読むのかしら。
□□さんの「□□」って・・・ってな感じで
他の方々のハンドルネームの由来が知りたくなった。


これから行く先々で『あの・・・▲▲さんの「▲▲」って・・・』と
尋ねまわるかもしれません。
その時はよろしくm(__)m

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

わたしComment(7)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。