スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

体調管理

►2011/01/29 22:10 

体調管理って?
アスリートではない、普通の人が行う体調管理ってどんなもんかな。

急激な体重の増減がないように、体調が崩れないように
体を管理するってことなんだろうけど。
えーっと、具体的には何するんだろう。
難しく考えるとちょっとわからなくなる。


その昔、風邪をひいて熱を出すと父から
 『体調管理がなってない。』と言われた。

小学3年くらいから言われていた気がする。

これ、小学生に向かって言うコトバかね??と
当時も小さいながらに思っていた。
もちろん反論なんて出来なかったけど。

小学生なんて、食べ物は出されたものを食べるだけだし、
夜更かしなんかしない。
ほぼ換気されない教室に一日缶詰で、
人ごみを避けることなんて出来るわけがない。

出来るのは手洗いとうがいくらい。

小・中くらいまでは風邪は不可抗力の部分が大きいと思う。


これが高校くらいになると、「体調管理がなってない」に加え
 『気合がたらん。』とも言われるようになった。


この時は若干の反論はしてたかな。
 『説教の前に「大丈夫か」って言えないのかねぇ。』と
聞こえるような聞こえないような感じで。


ということで、「体調管理がなってない」と言われれば
即座に「体調管理って何よ!?」とずっと思っていた。


そういえば昔、子供が出来たら私だって言ってやる!と思っていたことがある。

一つ目は
『よそはよそ。うちはうち。』

二つ目は、そう、
『何?風邪引いた?体調管理がなっとらん!気合がたらーーーん!』って。

そうそう、思い出した思い出した(笑)



これが、大学生になり、社会人になり、
不摂生というものを覚えると
体調不良の原因が自分にあることを多々自覚することになる。

「夜更かし・睡眠不足」とか「深酒」とか「湯冷め」とか。

大きくなってから初めて「体調管理がなってない」の意味を知った。



この体で30年近く生きてくると、自分の体のこともだいぶ分かってくる。
風邪のひきはじめもピンとくるし、
体温もだいたいこれいかなーと分かる。
風邪のひき始めの症状から治りかけの過程もだいたい同じパターン。

私は最初に喉にくる。つばを飲むと喉が痛くなり、
喉の痛みがなくなると同時に熱がぽーんと上がる。
よって、風邪薬は喉がいたい微熱の時に飲むのが一番効く。

あとはなんとかやりすごし、最後は鼻だけとなる。
この時に栄養ドリンクなんかで一気に治す。

ま、毎回こんなパターンかな。



社会人になって、「風邪と気合」の関係も分かるようになった。
資料の締め切りとかイベント準備とか、
「風邪なんかひいてる場合じゃない」と思っている時は
不思議と風邪をひかない。
そして気が緩んだときに風邪をひく。


現在、私の風邪はすべて姫経由。
自分の気合とも体調管理とも関係なく、
姫がどこかでもらってきたら数日後うつされる。


現在は姫経由でうつされた風邪のなおりかけ。
あとは鼻だけ。

主婦の風邪引きはツライわー。
主婦が体調を管理するのって意外と難しい立場だったりするのよね~。
自分の頭を乾かすよりも先に子供の着替えとドライヤーが先だしさ。

やっぱり主婦が風邪引かぬ方法は気合ですかね。


スポンサーサイト

福岡生活Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。