スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

食物アレルギー

►2012/09/21 00:25 

若にアレルギーがあることが発覚。

卵がクラス4
牛乳がクラス3


これは6段階中の4と3。
結構高い数値。




以前乳製品をごくごく微量与えても大丈夫だったので
乳製品は大丈夫だと思っていた。
それでかぼちゃにヨーグルトをかけて食べさせた。

かぼちゃ:ヨーグルトを9:1くらいにして食べさせても
大丈夫そうだったので、1:1くらいにして食べさせてみた。

するとすっぱそうな、びっくりした顔をして顔を左右にぶんぶん振った。
 『わーすっぱいみたい。面白い顔してるよー。ひめー。みてみてー。』と
面白がって今度はヨーグルトだけを口に入れてみた。

すごい顔をしたので姫とわらっていたら突然顔をかきだした。
よく見てみたら顔が赤くなってきた。

あ、アレルギー?と思った頃には顔中にじんましんが出てきた。
びっくりしたが診療時間外。
妹に電話をかけたら「唇や口の中が腫れてないかみてみて。」と教えてくれた。
口の中が腫れたりしたら呼吸がしにくくなったりして大変らしい。
とりあえずそれは大丈夫そうだった。

甥っ子がアレルギーもちだったのを思い出し、
義姉に電話してみた。
「食べさせてどれくらいでじんましんが出た?」
「咳は出てる?」「どんどんひどくなっていってる?」等いろいろ聞かれ、
話しているうちに私もだんだん気分も落ち着き、
大丈夫な気がしてきた。

そうこうしているうちにピークは過ぎたようで様子をみることにした。

1時間もしたら腫れ部分もちらほらになり、
病院へかけこむ状態ではなくなった。


数日後、かかりつけの小児科へ行き、
ポリオの予防接種のついでにアレルギーの相談もしてみた

牛乳アレルギーを調べるついでに卵も調べてもらうことにした。



牛乳も卵も1歳3ヶ月までは完全除去し、
1歳すぎて再び検査をしてその後の対処を決めることになった。


生卵は絶対にダメ。
生卵が食卓にあがる環境も作ってはダメと言われた。
触るだけもだめで、もし生卵が手についた状態で口元にもっていったら
呼吸困難に陥る可能性も否定できないと言われた。


ありゃー だわ。


卵料理そのものだけでなく、卵ボーロなど卵を使ったお菓子や
卵をつなぎに使った料理もダメ。

なんとなく卵や牛乳が使われた食品はわかっているが、
一応ネットで調べてみた。

で、びっくり。
卵よりも、牛乳の方に驚いた。

乳製品が含まれる食品ってこんなにあるの?
しらなかったなぁと驚いた驚いた。

小麦は大丈夫だからパンは平気か、と思ったら
フランスパン以外のパンはほぼホエーパウダー等乳製品が含まれていた。


牛乳や卵は7割くらいが成長とともに克服出来るらしいから
そうだといいなぁと思っているところ。


小麦や大豆は今のところ少量しか与えてないし、
もしかしたらクラス1くらいのアレルギーはあるかも?と思ったりするし、
卵や牛乳以外の食品でも強いアレルギーのある食品が存在するかも?と思ったら
調べてみたくなった。


近所にアレルギー科がいくつかあって、
いろいろ問い合わせてみたが、いまいちだった。

・先生が赤ちゃんのアレルギー検査に消極的だから、と
受付の人に暗に断られた。

・5大アレルギーとエビ・イカしか検査していない

・血液採取による精密な検査はしていない


などなど



かかりつけの小児科でまた調べてもらえばいいのだが、
卵や牛乳を摂取できない場合の代替食品など
栄養指導なんかを受けたいと思ったのだがいいところがなさそうだった。



とりあえず、卵と牛乳は完全除去し、
他の食品はごく少量からはじめ、
必ず診療時間内に与えることにし、
離乳食はのんびりのんびりすすめることにした。



問題はインフルエンザの予防接種だな。
卵アレルギーがある場合は要相談らしい。



試行錯誤がんばりまーす。


スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

子育て記Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。