ネクタイ

►2017/02/08 09:57 

うちの旦那は去年の春まで、仕事着=作業着だったので、
スーツを着るのは月に1度あるかないかだった。

着用するのは結婚式や式典など割と“晴れ”のシーンだったので、
仕事着もプライベートのよそ行きも同じものを着用していた。

それが一転、去年の春から内勤を命ぜられ(多分1年間)毎日スーツを着ることに。

ということで、通勤用に数着買い足した。
購入したのはパンツが2着ついているリーズナブルなもの。


もちろん、スーツを買ってオシマイではない。

靴は毎日履くから磨り減るのが早く、シャツも沢山要る。


以前までは午前中スーツで午後から作業着という風に着用時間も短かったので、
靴もながーく履けていたが、靴を一日中履くようになったら
「靴ってこんなに短期間でダメになるのね」と驚いた。


アイロンなんて月1回くらいでよかったのに、頻繁にかけないといけないし、
あー大変。作業着通勤が恋しい・・。

作業着は会社支給だから、個人負担は靴と靴下程度だった。
ベルトもネクタイもいるし、スーツ着用って個人負担が大変!
センスもいるし・・・。



スーツを着用し始めて半年ちょっとが経った頃から、ネクタイを買い足したくなった。

毎朝、スーツにシャツ、ネクタイ、ベルト、靴下、コート、ハンカチに至るまで
私がリビングにある鉄棒にかけておく。

用意しながら「このネクタイのラインナップ、もう飽きたなぁ」と思いネクタイを選びに店へ行ってみた。


旦那は「ネクタイなんて何でもいい。買わなくていいよ、あるもので。」と言うので
一緒に選びに行くという選択肢がなく、一人でうろうろ。


ネクタイもピンキリなのね。

基本ネクタイは進物ばかりで、私もほとんど買ったことがない。
デパートだと、セール品で5000円。
新作だと1万円から2万円、ってのが主流かな。

ネクタイの普段づかいの値段層っていうのもわからない。

シャツは、アイロンのかけ具合や、襟袖の劣化の進み具合と値段との折り合が
自分の中でついて、「○○で売ってるこれくらいの価格帯がベスト」というのが決まった。

ネクタイは・・・まだ未知の世界。


旦那は、ネクタイのデザインはこだわらないと言っていたが、
いいネクタイはしめ具合がよく、安いのはしめにくい、と言っていたので
あまり安いのは文句がでそう。
難しい。。


ネクタイ売り場をまわっていて気付いたのだが、並んでいるネクタイ、
うちにあるのより随分細い。

デパートで最初に入った店の若い店員さんに聞いてみた。
「ネクタイ、細いですね。最近の主流がこの細さですか?それとも、このブランドの主流が細いんですか?」
「え?細いですか?これが普通の太さだと・・・」と
店員さんは首をかしげた。
細いのだとこのタイプ、と見せてくれたネクタイは、
「これ、ひも?」と思える細さだった。




↓↓↓うちのネクタイ2本
IMG_4198.jpg

うちのネクタイ幅の主流は左。
最近買ったのは右で、うちのネクタイの中では一番細い。


一番太いネクタイと比べると・・・

↓↓↓重ねると太さがこんなに違う!
IMG_4206.jpg


うちのネクタイのほとんどは10年前のものばかり。
結婚の時のお祝いとか、転勤の時の送別品とか、最近はもらってもない。
唯一私の気まぐれで買った上の写真のネクタイがここ最近で一番新しく、購入したのは3年前。


最後に立ち寄った年配の店員さんに同じ質問をしてみた。
すると、「10年前と比べると、随分細くなっています。」と教えてくれた。

そして、おそるおそる
「幅の太いネクタイをしていたら、見る人が見たら『あ、昔のネクタイだ。』と
思われたりしますか?」と聞いてみた。

そのベテラン店員さんは遠慮がちに
「そうですね、我々プロが見たらそう思いますね。
でも、まだ幅の太いネクタイを着用されている方もいらっしゃいますよ。」と言った。


うーん。。。


プロが見たら分かる、でもオシャレに敏感が人が見なければ分からない?
知ってしまったんだから少しずつ買い換えていくか?
でも作業着生活がまた春から始まってネクタイが不要かも?

難しい。。


とりあえず、通勤時は今まで通りのネクタイで。
晴れの場では新しい幅のネクタイで。

こんな感じかな。

やっぱり少し買い足した方が無難かな。

アウトレット行こうっと。



テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |