ひな飾りは旧暦の3月3日まで

►2017/03/14 13:00 

うちのひな飾りは実家から譲り受けた40年もの。


姫の初節句の時は飾って写真を撮ってすぐにしまった。
ちょうどつかまり立ちの時期だったので。

↓↓↓その時の写真
DSCF6551.jpg
(過去記事:2009/03/03

その後も手で触りそうな時期までは、と
一番上段のみを飾っていた。

若も4歳になったし、もうイタズラする人もいないと
去年7段すべて出してみた。


確かに、姫も若も人形や小道具を触らなかった。


・・・・しかーし!

注意しても注意しても棚の下にもぐりこみ、
棚に頭があたって人形がまっさかさま・・・



ということで、今年は内裏雛だけにした。

↓↓↓玄関に飾った
IMG_20170311_114359.jpg

飾りは外れたり割れたり、顔にもシミがあるし、で
人形店にクリーニングに出すか迷うところだが
結構な額しそうなので、だましだまし大切に飾っていく予定。


雛人形にしても、こいのぼりにしても、
出すのがとても面倒。

「あー、出さんといかんなぁ。」と重い腰をあげて
3月3日、5月5日の直前に出す。


そうなると、すぐに仕舞うのがもったいない気がしてくる。


ということで、旧暦の3月3日(現在の4月3日)まで飾ることにしている。
本当はこいのぼりもそうしたいが、こいのぼりは外に飾るので5月5日を過ぎたら片付けている。
「旧暦の5月5日まで飾ってるのね」ではなく
「あら、あそのお宅は端午の節句をだぶ過ぎてるのにまだ飾ってる」と思われそうなんで。

盆正月、節分やひな祭り、季節ごとの日本古来の風習を
やていくのって大切だけど大変。

これに、クリスマスやバレンタイン、ハロウィンまで。


大変だけど楽しい。


子供の要望、親の方針、時間と金銭的な余裕との折り合いを
つけながらなんとかやってはいるけど、
まだまだ大変!の方が大きいかな。

子供を巻き込んでの季節行事が盛り沢山の時期も
今だけだと思って頑張りまーす。

テーマ : 女の子育児 - ジャンル : 育児

子育て記Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»