乳腺炎 ②

►2012/03/12 13:38 

昨日のつづき。


先日の土曜日、急に高熱に犯された。
胸に痛みがあったので乳腺炎を疑い、
産婦人科へ行って急患で診てもらったが、

たまたまその時熱が下がっていたので
「様子を見ましょう」と言われて帰ってきた。

しかし、家に戻ってから再び発熱し胸の痛みも治まらなかったので
休み明けの月曜日、乳腺クリニックへ行ってみることにした。

というのも、熱がだいぶ下がって7度5分くらいだったので
産婦人科へ行ってもまた帰されるかも?と思ったからだ。

姫を幼稚園へ送り、その足で乳腺クリニックへ。

エコー検査をして医師の前へ。

 『間違いなく乳腺炎です。』

産婦人科へ行かなかったのか聞かれたので
これまでの経緯を説明。

 『うーん。病院は変えない方がいいんだけどねぇ。で、どうする?』

え?どうするって・・。

 『抗生物質の投与をすればよくなるけど、
   母乳から赤ちゃんへいっちゃうしねぇ。
   まぁ微量だけど、やめといた方がいいよね。』

では、どうすれば??

①抗生物質の投与は好ましくないが、母親が楽になるためには
 抗生物質を服用してその間授乳を一時中断する。
 断乳中は搾乳で乗り切る。

②抗生物質は服用せず、頻回授乳でなんとかだましだまし乗り切る。



この2択って・・・。


乳腺クリニックには助産師さんもいないのでマッサージはナシ。


タクシー使ってかけこんだのに再び消化不良。
いったい私はどうすればいいのさ
・・という顔をしていたら

 『やっぱり産婦人科へ行ってどうしたらいいか相談にのってもらいなさい。』
と言われすごすごと帰ってきた。

乳腺クリニックでしてもらったのは
エコー検査で乳腺炎という診断を下してもらっただけ。
あぁムダな時間だったわ。


病院を出て産婦人科に母乳外来の予約を入れようとしたが
その日はいっぱいだと言われたし、
急患で見てもらうほどの熱ももうないし、と思い
翌日に予約を入れた。


その晩・・
左胸の痛みも激痛ではなくなってきたなぁと思っていたら、
今度は右胸にも違和感が。

そう感じた1時間後にはまた悪寒が走り、
気付けば39度5分の高熱が。


翌日の朝、なんとか姫を幼稚園へ送り出し産婦人科の母乳外来へ。


先日急患でかけこんだ時に見てくれたのは常駐ではないアルバイトの先生だったが
今回は常駐の先生。

先生の指示で点滴と助産師さんのマッサージを受けた。


点滴は抗生物質。
助産師さんにマッサージを受けながら
 『抗生物質って、赤ちゃんに母乳を通していかないですか?』と聞いてみた。

助産師さんはアッサリ
 『はい、行きますよ。でも、いってもほんのわずかだし、
    私この仕事をして25年になりますけど、
    この点滴が原因で赤ちゃんに異常が出たりしたことはないですよ。
    昔は授乳中の薬の服用は絶対ダメとかいってた時もありましたけどねぇ。
    安心して大丈夫ですよ。』と言ってくれた。

助産師さんは、
 『母親って24時間営業だからねぇ。 
    薬我慢しないで復活して元気にお世話してあげた方がいいわよね^^』とも言った。



乳腺クリニックの先生と随分と違う考え方だこと。

もしアルバイトの先生が抗生物質を投与してくれていれば、
左胸の痛みが右胸にとぶことはなかったらしい。
やっぱり病気になるのは平日に限るわね。

念のため明日も来てと言われ、翌日もマッサージへ行って
つまりを出してもらった。


3、4日は高熱で完全ダウン。
5日6日7日は3日とも幼稚園に送り出したあと病院へ行き、
家に戻ってご飯を食べたらお迎えの時間。

8日の午前中は医療費控除の申請へ行き、午後は姫を習い事へ。


そんな感じで過ごしたもんで体が疲れきっちゃって風邪を引いてしまった。

熱は微熱程度だが鼻水がズルズル、目はうるうる・・。
咳はゴホゴホ。



現在、やっとこさ鼻水も咳もとまって、胸の痛みもとれた。



この1週間、家のことが山積みで大変なことになっている。
とりあえず納戸につっこんだ物たちをどうにかしないといけないし、
アイロンもたまっている。

こんな時に限って山の様な洗濯。


汗でじゅっくりになってお着替え。
うんちが背中の方からもれて全部お着替え。
だっこしていた私もお着替え。

ってな感じで干すところないよ??というほどの洗濯物の量。

子供が一人増えただけでどうしてこんなに洗濯物が増えるのかしら・・
タオルもすごい数だし。

幸い晴れて風もあって乾くんだけどたたむのも大変。


完全復活まであと一息。


あと2年は風邪ひかないようにしなければ。




★★★ おまけ ★★★


3月10日、妹にも長男が誕生。
うちのチビの誕生からちょうど2ヶ月後。

今回も出産が重なった。

姫と姪っ子ほどに双子ごっこ出来る機会はなさそうだけど、
仲良く育ってほしな。

今年はにぎやかになるぞ~






テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

わたしComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |