スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

1週間でゴミ袋12袋! ただ今新記録更新中。

►2012/05/24 12:24 

ただ今お掃除モード全開中。


私は掃除も片付けも結構好きだし苦にならない。
気が向かないときは一切やらないけど。

遊びに来た友人達は
『子供がいるとは思えない』とか
『子供がいる割にキレイしている』とか言ってくれて嬉しくはあるが、

私が本来目指しているのは

子供がいることを考慮すればまずまずの合格点、
ぼちぼちキレイ】というレベルではなく、

物が表に出ないモデルルームのような家。

もちろんいまだかつてそんな空間が実現したことはないし、
私の永遠のテーマだったりもする。



↓↓↓先日、妹とのところからこんな本を借りてきた。
9784763131201.jpg

【サンマーク出版/近藤麻理恵 著】


この人は知っていた。
本を買うまでもなかなぁ、くらいに思っていたが
興味はあったので借りてみた。


・・・で、ハマッた(笑)




今までの自分の片付けに関する疑問なんかがかなり解消されて
スッキリした。


「なぜ試験の前に片付けがしたくなるのか」とか
「なぜ片付けてもその状態がキープ出来ないのか」などの
理由が書かれていてなるほど、と思ったし、
理由のほとんが自分にあてはまった。


同じ家事でも、裁縫や料理はやっただけ上達するのに
片付けは何回やっても同じで振り出しに戻る

とか
スッキリ片付けたスペースに、何か一つ置くと、
それが「もういいみたいよー出てきていいよー」と集合をかけたように
他のものがわらわら出てきて再びものがあふれる

とか

そう、そう、そうなの!と共感することも多々あった。


一番参考になったのが、ものを捨てる基準。

この基準に従って物を捨て始めたらもう楽しくて楽しくて。
現在、一週間で市の指定ゴミ袋(多分60リットル)で
燃えないゴミ8袋、その他の不燃ごみ3袋、粗大ゴミ少々が出た。
もちろん、普段の家庭ゴミは除く。


この著者の捨て基準は、その物自体にときめくかときめかないか。
ときめくものだけを残し、あとは全部処分する、というもの。

最初は「ときめくかときめかないか」を自分で感じるのが難しかった。
しかし、段々コツをつかんだら早い早い。

旦那の作業着の様に、ときめかなくても処分出来ないものも多々あるが
大抵の服はそれでどんどん処分出来た。


何の部品かわからない部品やコードは永遠にナゾまま。とあった。

うん、確かに。


何のコードかわからないけど、
もしかしたら要るかもしれないから、と保管していた。
本体の家電自体も既にないかもしれないコード類も
沢山あるとはわかっていたが、
その要る要らないをチェックするのも面倒で放置していた。

機械類が調子が悪くなれば電気屋さんにもって行ったり
来てもらったりして必要になって探した、ということもない。

そうだそうだ、その通りだ、と思い、
延長コード、充電器、と見てすぐに分かるものをまず保管。
そして、家の家電をそれぞれ見ながら
PCとつなぐコード、アダプターと探しながらチョイス、
それいがいは「ええい!」と勢いで処分。

あぁスッキリ。


いつか勉強するかも、読むかもの「いつか」は永遠にこない 
とも書いてあった。


いつかは、と思っていた資格関係の本や語学の本、
面白かったからまた読むかもと思った雑誌や単行本等々。
確かに読み直したものはない。

いつかは・・と「思った」だけで手をつけたことがない勉強本は
一度捨てるべし。
捨ててみるとその勉強に対する自分の情熱がわかる。
捨ててみてやっぱり勉強したいと思ったら、
また買ったときにその時は今度こそ勉強すればいい。


に従って資格関係の本も一斉処分。
意外にあった。
クイズ番組に触発されて欲しくなった漢字検定の本。
在職中にあったら若干便利かな、と思って買った建築関係の資格の本
中国に引っ越す前に買った中国語の基礎知識本などなど。


捨てるのはもったいないから部屋着に、は禁句

降格させた部屋着は十中八九着ない。

お店でも部屋着というカテゴリーが成立するくらいなのだから、
外着と部屋着が違うのは当たり前。
素材も形もリラックス仕様になってこその部屋着だから、
降格組で活用されるのはコットン製のTシャツくらい。


と言われると、確かにそうだ、と思って納得。


しかし、私の場合、「これはよそ行きには着られないけど、
トールペイントのレッスンの時に汚れてもいい服として着たらいいわ。」と思って
降格させた服の多いこと・・。

最近はそれなりに上手くなってそれほど汚しもしなくなったし
トールペイントのレッスンに行くこと自体ほんとに時々のこと。
基本は部屋着でぼちぼち描くくらいなので
トールペイント用なんて服はいらないってことが判明。
汚れそうな時はエプロンをすればいいわけだしね。


こんな感じで食器から雑貨からいろんなものを処分。
そのまま処分するのがもったいないものはリサイクルショップや質屋へ。

家の中の要らないものを持っていったらなんと
3万円になった!

家の中もスッキリしたし臨時収入も入ってホクホク



100捨てたものの中に1つか2つくらいは
「あ、捨ててしまったか・・」と思うものは出てくるかもしれない。

でも、それを心配して98個の不要品に囲まれて過ごすのはよろしくない、
だから思い切って捨てよう、と決意した。


捨ててしまって困ったとしても、再び買ったり代用したりで
対応出来るものしか捨ててない。
方々にお願いしたりして再び手に入れないと
いけないようなもの以外は一度手離すのも大事だな、と思った。

どの引き出しもすっからかんで
物は取り出しやすいし探しやすい。

不要品がごっそりなくなったスッキリ空間で過ごすのって快適~♪


先日母が来たときに
「うちにも捨てに来てよ」とのオファーを受けた。

現在、私も本を貸してくれた妹も「捨てモード全開」。
なかなか物を手放せない実家のお片づけ、面白そうだし行ってみようかな。


きっと・・・

 『こんな服、いらんやろ?』

 『うーん、それ着るかもしれないからとっていて。』

 『その「いつか」は来ない!これも捨てなさい!』

 『でも、そんなにいっぱい捨てたら着るものがなくなる。』

 『着ない服が沢山あっても着る服の数は変わらないでしょ。』



 『この大量にある地質工学関係の本、いらないよねぇ。』

 『いるに決まってるじゃないか。とっておいてくれ。』

 『だって、これサラじゃん。ひらいてもなさそうだよ。』

 『いや、いつか見るんだから』

 『その「いつか」は永遠にこない!はい、<捨て>決定!』



という会話がひろげられるのがやる前から想像つくわ。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

主婦業Comment(5)Trackback(0) | Top ▲

コメント

読んでてなんだかスッキリしたわ。

私もどちらかというと掃除、整理は好きな方なんだよね。掃除がしやすいように、雑多な物は外に出しておかないっていうルールを決めてるから、割とスッキリしてる。んだけど・・・
引き台の中、クローゼットの中、タンスの中はいつかやろう、いつかやろうでなんだかグチャグチャ。
聡が生まれて服が増えて、冬物を納められるスペースがなくて困ってたところ。
私も部屋着に降格させた自分のセーターとか、思い切って捨ててみよう!って気になりました。

ありがとう!


No:2816 2012/05/26 05:56 | ちーこ #-URL[ 編集 ]

私も2年に一回の帰国のたびに実家のものを捨てまくっています。母にぶーぶー文句言われながら。
だけど、いざ自分のものになるとなかなか捨てる決心がつきません。。地下から屋根裏部屋までヘタに場所があるからこの18年間で溜め込んだものがそれこそ山のようにあるのです。で、ドアを閉めちゃうと見えないものだから「見えない=ない」と頭が勘違いしちゃって、、、、。
それでも最近はかなり捨てられるようになってきました。問題はチェックしなければならないものがあまりにも多すぎて、一度始めると時間がかかりすぎると分かっているからなかなか始められないということ。


No:2817 2012/05/28 22:12 | phary #nlhry96YURL[ 編集 ]

ちーこ さんへ

あれからさらに捨てに捨てまくって、布団関係も半減したわ。中国で使っていたクイーンサイズのものなんか、今後使う予定もないしね。なんでこんな物とってたんかねぇ。
こういうのって勢いが大切よね。

成長スピードの早い今の時期、子供服の処分の判断も難しいよね。
今度の秋、まだ着られるかな?サイズアウトしてるかな?ってさ。姫用の服もごっそり捨てたんだけど、意外と何とかなってるよ。結局気に入った服しか着たがらないし、よそ行きは土日しか着ないしね。
ランチ会楽しみにしてるね~。

phary さんへ

私も地下室などの大型納戸が欲しいです。
それがないもんだから表に出るしかなく、一向にスッキリ感が出なくて。
pharyさん宅って屋根裏部屋まであるんですね。
ブログの写真の端々に写るお部屋の様子や記事の内容で勝手にイメージしているpharyさん宅が頭にあるんですけど、
この家に屋根裏部屋が追加されました。
いつかお邪魔したいです。





No:2818 2012/05/30 21:02 | もろあい #-URL編集 ]

わが家も散らかってますね。
娘たちの着れなくなった洋服は、ようやく処分する気になって、近所の友達にあげたり…。結構な量でした。

そして引っ越しから2年以上たってるのに、まだ段ボールに入ったままの荷物がいっぱい。なんとかしなきゃなのですが…。


No:2819 2012/06/03 10:43 | あきぼ #-URL[ 編集 ]

あきぼ さんへ

こんにちは。
結婚して何回も引越ししているんですけど、その度に開けてはそのまま閉じていたダンボールが結構あったんです。今回全部ひっくりかえしたら、1/10になっちゃいました。


成長が早い子供の服は「来シーズン着られる?サイズアウトしちゃうかな?」とか
判断が難しいですよね。
今一番判断が難しいのが姫の服、若が着るかしら?ということ。

スカートやピンクのふりふりは着ないけど、
なんとか着られそうなデザインのものなどが迷います。

男の子の服を大量にもらってもっているくせに
私が気に入って着せていたものはなかなか手放せないんですよねぇ。
もしかしたら3人目も?なんて思うとなおさら。

子育て中にお部屋をキレイに保つのって大変ですけど
お互い頑張りましょー^^



No:2820 2012/06/05 00:42 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。