いつの間に

►2012/06/20 23:10 

私は流行を追わないタイプ、といえば聞こえがいいが、
基本、流行に一歩遅れをとる感じで人生を歩んできた。

ファッション誌なんて美容院でパラパラとみるくらい。


新聞やニュースはよく見るので
ある程度の注目度や普及率があれば私の知るところとなるのだが、
そうでないものは「何ソレ」状態で恥ずかしい限り。


それでも、ある日初めて聞いた言葉が自分だけ知らなくて
周りは全員知っていた、という経験はなかった。


しかし、それがあるのだ。最近・・


そういえば最近聞くなぁという予兆もなく、
テレビを見ていたらスタジオ全員が知っていて
見ている私は「何?どういう意味?そんな言葉昔からあった?」と
首をひねることがあるのだ。


これってやっぱり年かしらね




例えば・・・


去年だったか、テレビをつけたら
<あなたの鉄板ソング>というようなタイトルの番組があっていた。

鉄板?どういう意味?

鉄板だから、熱いってことか。心が熱くなる歌ってこと?
何?鉄板ソングってー??

と思いながら見ていたが、結局最後まで
分かるような分からぬような感じで終了してしまった。


で、9歳下の妹に聞いてみた。
もちろんちゃんと知っていたし解説してくれた。

鉄板は、特にお笑いの世界で使われる言葉で、
確実にうけるネタやギャグを指して使うらしかった。

鉄板は「熱い」じゃなくて「硬い」⇒「堅い」の連想を使って
「確実に」に結びつけたらしかった。


へぇ~、そんな言葉があるのね、と驚くとともに
さすが9歳も若いと違うものなのねぇと感心した。



あと「どや顔」も。


前からあった言葉の様に番組中に何度も使われているのに
さっぱり分からなくてネットで調べてみた。

「どうや!すごいやろう?」という様な得意げな顔、のことらしい。



これっていつ頃発生した言葉なのかしら。。



先日、AKBの総選挙があって、

 『ねぇ、何で女の子ばかりなのに推しメン(男)っていうの?』と次女に聞いたら

 『ははは(笑) それね、私も同じこと思ったんだ。推してるmen(男)じゃなくて、
  推してるメンバーのメンなんだって。』と解説してくれた。


ほぅ。なるほどねぇ、納得。



ネットであれこれ検索していたら、日本俗語辞典というものを発見。


おぉ。便利だ。


2011年の言葉を見てみた。
知らぬ言葉であふれていた。

2010年、2009年とさかのぼっていき、
学生時代や独身時代の言葉となるとほぼ理解出来た。


安心できるーというなつかしい言葉の数々。


で、いくつかクリックして内容をチェック。


それぞれの言葉の最後には

○年に入ると使われなくなった、とか
バブルがはじけて死語になった、とか
○年頃からはこういう意味で使い方はされていない、とか

かなしー言葉が載っていた。



やっぱり、俗語をタイムリーに理解できているっていうのは
若い証拠なのね。


それか若い子と接する機会が多いとか
俗語にもアンテナをのばしているという証拠なのね。


姫がギャル世代になったら私も俗語とやらに詳しくなれるかしら??

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

わたしComment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

「てっぱん」も「どやがお」も、同じ状況だったわぁ~。
しかも「推しメン」は今知ったよ(汗)。
だいたいAKBの総選挙自体、未だに私の心に響いてこないのよねぇ~。夕方のニュースとかでも取り上げられてるよね。なんでそこまで熱くなれるのかわからん。


No:2829 2012/06/23 06:21 | ちーこ #-URL[ 編集 ]

ちーこ さんへ

やっぱり同世代だと共感してもらえるのね。

今年の総選挙は中継をちょっと見ちゃった。
一回目は存在さえしらず、二回目は気付けば終わっていて、今年はたまたま特集を見た直後だったからついつい見ちゃった。
それにしても、皆同じ顔に見えて区別がつかん。
知ってるのは数人かな。



No:2830 2012/06/26 22:06 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |