スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

お、お気の毒に・・

►2012/09/07 00:10 

先日最寄り駅で電車から降りたときのこと。

先に下りた女性がドア付近でずっと立っていた。
降りる人がいなくなったらまた乗るのかな?と思ったが
ずっとそのまま立っていた。

私は最後に降りたのだが、その時にその女性の足元にふと目がいった。


あ・・・


その女性は片方の靴を履いていなかった。


就職活動中の学生のようだったが、
時間帯的に今から戻るところっぽかった。

あぁ、もうサイアク・・、とつぶやいた女性と目が合った。

 『靴が電車とホームの隙間に落ちちゃって。』と教えてくれた。


駅員さんにとってもらわなとね、と話していたら電車が発車した。

で、ホームの上から線路の方をのぞいてみた。



が、靴がない。




電車の車輪に巻き込まれた様だった。


その後駅員さんに探してもらっても出てこなかったのか、
その学生さんがとぼとぼ片足靴を履かずに歩いているのをみかけた。




こういうのって、どうも他人事とは思えない。
もう気の毒で気の毒で。

そういえば、この駅で袋一杯に入ったジャガイモを
ホームにばらまいて駅員さんに拾ってもらった
ことがあったなぁ。
過去記事 2008/08/22



旦那にこの時の気の毒な学生さんのことを話したら、
 『アホやねぇ。なんで脱げるような靴を履くやろう。』と
バッサリ切り落とした。



 『え?そんなこと思う?冷たすぎやない?
   脱げるような靴履くなっていったって、
   就職活動中なんだから履くならパンプスやろうもん。
   パンプスは足の甲が露出するデザインやし。』

 『だから、脱げるようなパンプス履くからやん。
   普通よろけたくらいで脱げるもんかね。信じられん。』

 『もっと想像してみてよ。ずっと立ちっぱなしでさ、靴の中が蒸れちゃって、
   靴から足を少し抜いてみたりしてたんじゃない?
   もしかしたら、靴づれが痛くて少しかかとを靴から出しながら
   歩いていたのかもしれないし。』

 『えー、そんなことまで想像する?』

 『だって、就職活動生ってのがあわれでさ。
   これからの就職活動運を示唆しているみたいで。
   アルバイト代で買った大事な靴かもしれないし。』

 『妄想やね。』

 『想像力豊かとか、他人を深く思いやる心があるっていって。


旦那はなんなく就職が決まった人。

私は就職雑誌の巻末ハガキと官製はがきを併用して300社ほど応募した人。
(私の時代はまだネットによる一括エントリーという
便利なシステムはなかった。)


旦那は物をなくしたり、忘れたりしない人。

私はあちこちで物を置き忘れ、もっていくのを忘れ、
家の中で物を紛失する人。



旦那からすると、泥酔もしていないのに、
財布や鍵、かばんを無くしたり、歩いている時に靴が脱げたり
つまづいたりというのは理解できないらしい。


ちなみに、姫は旦那タイプらしい。

タクシーを降りる時は必ず振り返り、
座席に忘れ物がなかチェックする。


「お母さん携帯ある?」と確認してくれる。



ほんとによかった。
私に似てしまったらどうしようかと思ってた。


不思議と、私のまわりにはしっかり者の友達が多い。
旅行なんかでは「もろあいちゃんは3つ以上もったらダメよ!」と
声かけてくれたり。

どうやら姫もこのタイプみたい。


ますます私の忘れ癖は治りそうもないわ。



テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

福岡生活Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。