満100歳

►2013/12/05 14:13 

祖母が12月3日に満100歳を迎えた。

今年は親戚が集まって百寿のお祝い会をし、
過去記事 2013/5/30
先日、県や国からもお祝いを頂戴した。
過去記事 2013/09/30

どれも“かぞえ”で100歳のお祝いをしていたものだが、
今回は晴れて満100歳を迎えたお祝いの日。

戸籍上は来年の2月15日で100歳を迎えるのだが、
本当のお誕生日にお誕生会をした。



12月3日は平日だから幼稚園があるし、
行く予定はしていなかったのだが、義母に

 『100歳のお祝いなんて滅多にないことだし、長崎なんて近いんだから
 お祝いに駆けつけてあげたら? え?幼稚園?  そんなの休んだってどうってこないわよ。
 後になって「あの時行けばよかった」って思うこともあるかもしれないし、
 行ってあげなさい。』と言われ、

それもそうだなぁと思い旦那と姫に相談。

旦那も賛成してくれたし、
姫も幼稚園や習い事を休んででも長崎に行きたいというので
急遽行くことにした。


滋賀から伯母がかけつけ、東京の叔母からは贈り物が届いていた。
妹からも足用湯たんぽが届いていたりして
皆が「100歳!すごい!」という雰囲気の中、
祖母本人はマイペースでのんびり普通の日、という感じ


伯母お見立ての新調の服で身を包み、
とても100歳には見えない出で立ちで素敵な祖母。

↓↓↓ひいばあちゃんとひまご
DSCN9896.jpg


場所は父が長崎名物の卓袱料理の店を予約。

卓袱料理:長崎の郷土料理。中国料理や西欧料理を日本化し、
長崎風にアレンジした宴会料理の一種だが、膳ではなく、
しっぽく(卓=テーブル)で食べることからこの名前になった。


場所は2時間とってあったが、祖母の体力などを考え、
食べ終わった時点で終了して家に戻った。
チビ達も飽きてきてたし。

帰りに酒屋でワインやチーズや生ハムを買って家で2次会をした。

その方が安上がりだしくつろげてよかったかな。




短い時間だったがとても楽しかった。


背中を押してくれた義母にも感謝。



来年からは101歳、102歳、と1年ごとのお祝い会かな。




おめでとう!





テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

家族Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |