給湯器修理①

►2006/12/06 00:08 

先日のことだが、給湯器が壊れてしまったので
修理に来てもらった。
この前の金曜の晩に壊れて翌朝電話をしたのだが、
その日の3時になってやっと
『早くて明日(日曜)の午後になります。
時間が分り次第また連絡します。』との回答を得た。

約束の日曜になり、とりあえず午前中から
何時になるかの連絡を待っていたが、
待てども暮らせども全く電話がない。

午後2時になって催促の電話をかけようと携帯をとったのと同時に、
不動産のアフターからの電話が鳴った。
事務所の人だった。
今すぐそちらに伺いたいと修理の者が申しておりますが、
今すぐでも構いませんか?』と5分後にでも来るような雰囲気だった。
私は朝からまだかまだかとスタンバイをしていたので、
『構いません。即来て下さい。』と伝えた。

・・・・、15分たち、30分たち・・・45分たったが全然来ない。
あれ??今にも来そうな感じだったのに・・と
今どこですか?と聞こうかどうか迷っていたらやっと来た。
電話を切ってから55分が経過していた。

中国の“直ちに”“今すぐ”って
55分も後のことなのか??

少しイライラしたが、とにかく機嫌よく給湯器を
今日中に直してもらいたいと思ったので、ここはぐっと我慢。
やや引きつりの笑顔で『どうぞ』と迎え入れた。

日本語が片言話せる人と修理の人らしき
高校生くらいのおにいちゃん
が一緒に来た。
童顔で中学生にも見える若い若い男の子だった。
大丈夫か?今日中に直るのか?と不安だったが
とりあえず中に入ってもらった。

玄関でちゃんと靴を脱ごうとしてくれたので
(土足のまま入ってくる業者が多い)ちょっとだけ感心し、
気前よくスリッパを出したのだが、出してすぐにちょっと後悔した。

業者の靴下も通訳の女性の靴も靴下も真っ黒!!
ちょっと、今どこに行った帰りなの??と
不思議に思うくらいの汚さだった。
もしかしたらどこかの新築(改築)現場に行った帰りだったのかもしれない。

≪あぁぁ。。。新しくおろしたばかりの
パステルカラーのふわふわスリッパがぁぁ!≫


と思いながらも再びぐっとこらえ

≪あとで洗おう。。≫と思った。

その後、彼は給湯器のあるベランダをスリッパのまま覗き込んだ。

≪ちょっとまて!!!外にはスリッパがあるじゃないか!!
頼む履き替えてくれ!!≫
と思ったがすでに遅し。


もちろん言う暇もなし。
あぁ、あのスリッパ、洗濯機直行や。。。


この後の、男の子とも言えるくらいの工事担当者と
不動産の女性の珍修理はまた明日・・。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |