スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

出会って20周年記念旅行 ①

►2014/11/11 00:01 

大学時代のサークルの友人達と
【出会って20周年記念旅行】に行ってきた。


同期全体の旅行は、卒業時に1回目。
出会って10年の記念に2回目。
そして今回が3回目。


サークルというよりは体育会系の部活だった。
月曜から金曜まで毎日昼の練習があり、
火曜と金曜には夜の練習があった。

サークル漬けの4年間だった。


とにかく楽しくて、在籍中はもちろんだが、
卒業して年月が経つにつれどんどん輝きをまし、
同期の友人Tの言葉を借りれば「心のかえる場所」となった。

どのシーンを思い出しても思わず笑みがこぼれる。
青かったなぁ、ムダに熱かったなぁ(笑)と卒業当時は赤面する出来事も
今じゃただただ宝物の様。

『じゃあ、○時に○○のうちに集合ね。今日は朝まで語り合おう。』

↑↑↑もうPCに打ち込んでる最中から笑えてしょうがない。
語るって、何を?若干20歳の人間が何を?って(笑)


略語が流行っていて、
昼の練習が昼錬、夜の練習が夜錬、くらいなら別に問題はないが、
パートリーダーをパーリーと言ったり、
サークル外の人には通じない不可解なものが多々あった。

とにかく飲み会の多いサークルで、
新歓コンパ(新入生歓迎コンパ)から始まり、
学年末の追コン(卒業生追い出しコンパ)や卒コン(卒業コンパ)まで
いったい何回飲み会が?と思えるほどで、
毎回2次会から3次会まであり、上級生は下級生よりも多く出すシステムで、
バイト代の大部分は飲み会代に消えていた気もする。

お金はなかったが、時間だけはありあまっていた大学時代
とにかく安い酒を飲んでしゃべり倒した4年間だった。

でも、ただの飲み会だけのサークルではなかった。
素人集団ではあったが本業もしっかりやっていた。
ここ、ポイントね。
集大成にむけてサークル内全体が一つになって向かっていくのは
すごいパワーだった。
卒業後、こういう体験は全くしていない。
思い出すだけでぞくぞくする。


こういう仲間だから、というのもあるが、
私のいた学年が特に仲がよくて今でも横のつながりが強い。
これは本当にラッキー。


この旅行、行き先は山口県の川棚温泉。
旅行企画者の妙案で大学祭経由で温泉宿へ向かった。

当時とはステージの位置が変わっていたり、
お酒を飲むための年齢確認システムが導入されていたり、
テントの数が増えていたり、ちょっと変わってはいたものの
だいたいは当時のままで、
外部から来た人向けというよりは中にいる人間が楽しいと思える大学祭というのは
同じだった。

ただ、印象としてはとてもキレイだった。
20年前は、あちこちによっぱらいがいて
トイレには泥酔者がいたし、奇声を発する人も暴れる人もいた。
そんな人を見かけなかった。
ま、今どきの大学祭ってとこかな。

下級生は上級生にご馳走してもらう分酔いつぶされる、なんていうのは
古いんだろうね。危険だし。




で、サークルの後輩達が運営する焼き鳥屋を探してみた。

ありました、ありました。 出店名も当時のまま。


でも・・・なんか小ぶりな感じ。
店番の人数も少ない。

聞いてみると・・・・



がーーーーーーーん。




私が入部した当時、幽霊部員(練習には来ないが飲み会にはくる人)を含めると
100人近くいたのに、
いや、100人は言いすぎかかな?
でもそれくらいの勢いで人がいた。
全体の飲み会は、人数が多すぎて特定の居酒屋の大宴会場でしか催せなかったというくらい。

それが・・


現在★★人に減ってしまった、とのこと。


そっか。。。でもまぁ、存続してるだけいいか。
いつか再興するかしら?


何人だと思いますか?


★★の答えはまた今度。

わたしComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。