給湯器修理②

►2006/12/07 11:35 

“給湯器修理①”の続き。。

やっとのことで来てもらえた、
男の子にも見える若い修理担当者が点検を始め、
一緒に来た日本語が片言話せる不動産の女性と
何やら話しをし始めた。

そして不動産の女性が
『40元かかりますがいいですか?』と聞いてきた。
何に40元かかるのかなどの説明は全くなし。

工賃ということかな?と眉間にしわをよせていると、
『バルブに問題があり、これを交換します。
40元かかりますけどいいですか?』と説明してくれた。

ここはオーナーの部屋で、家電や家具もオーナーの所有物。
今まで家電を修理してもらったときはすべてオーナー負担だった。
給湯器はビル管理かなにかで、オーナー負担じゃないってこと??と
疑問には思ったが、40元(600円)で直るんだったら安いものだと
『構いません。』と答えた。

すると今度は『領収書はありますか?』と聞いてきた。
さっぱり意味が分らないことを言ってきた。
こっちが40元払ったら、向こうが領収書を発行すべきである。
なぜ私に領収書があるかどうかなんて聞くのだろうか。

『領収書は“ありますか?”ではなくて
“要りますか?”ですよね?』と聞いてみたが、
『いえ、“ありますか?”』と再び聞いてきた。

だ、か、らーー、領収書を発行するのはそっちでしょ!!と
腹が立って言葉も出てこなかった。
二人の間で一瞬沈黙が・・・。
こうなったら中国語で話すしかないか、と思ったが、
つもりつもった怒りが爆発しそうで頭が回らなかった。

しかし、ちょっと冷静になって考えてみると
あるひらめきが浮かんだ。
『もしかして・・・領収書じゃなくて保証書?』と聞いてみると、
『そうです!領収書です!』と彼女の顔がパッと明るくなった。
『あ、いや、だから保証書でしょ?』と他の家電の保証書を見せると
『それだ』と答えた。

10分もかかって彼女が保証書を要求していることがわかったが、
残念ながら給湯器の保証書は最初からなかった。
もしかしたら保証書期間だったら無料だったのかもしれない。

しばらくしてから、不動産の女性が工事内容を説明してくれた。
『どうやら水圧が足りないようです。しかし、
このバルブを交換すれば多分大丈夫です。』とのことだった。

私はなぜ水圧が足りないと給湯器が全く稼動しないのかが
わからなかったが、先ほどのやりとりから推測して、
納得のいく回答は得られないだろうと思いあきらめた。
要は直ればいいのである。

修理をしていた男の子が
『終わり!お湯出してみて。』と言った。
すると、ありがたいありがたいお湯様様が出てきたのである!

うれしぃ~ワーイ♪(((*´▽`))八(´▽`*)))ワーイ♪

これで今晩はあたたかいお湯に入れるぞ!とかなりほっとした。
お湯が出たことで私が何度も
『助かった。ありがとう。』と言ったことに気を良くしたのか、
なぜか給湯器のある小さなベランダで
背伸びやらストレッチやらを始めた。
なぜ今ここで??と思ったが、ご機嫌な私は
ま、いいでしょう、と寛容に見守った。

帰りは
<<おにいちゃん、見た目で判断してごめんね。
君は優秀だ!ありあとう!>>と思いながら二人を見送った。

その晩のことである。
今日はお湯が出る~♪と思いながら蛇口をひねったが・・・

お湯が出ない

5分たってもお湯が出ない。
再び真っ裸での状態である。

ショック・・・とへなへなと床にくずれおちそうになりながらも、
根気強く水を出したり止めたり操作していると、
15分もしてからやっとお湯が出た!

この冬、この給湯器と付き合っていくかと思うと思いやられる。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

コメント

しゅ、修理したんですよね?
毎回15分もお湯が出るのを待つなんて、水道代と燃料代がタイヘーン。
大家さんに掛け合って、新しいのを入れてもらうとかはできないんですか?
そもそも修理費も本来大家さんが払うべきのような気がします。
ドイツだったら、修理の人に来てもらったら、直らなくても、5000円ぐらいとられちゃうから、もし家具付の家だったら絶対に大家さんに請求書を回しますね。
中国は何でもお安いから、つい、「いっか。」って思っちゃうんでしょうね。


No:57 2006/12/07 20:09 | phary #-URL編集 ]

phary さんへ

とりあえず、【修理したのに、15分たってからやっとお湯が出る】という事態は修理した当日だけだったので、なんとかこのままいってみる予定です。
毎晩今晩もお湯出てくれるかな・・・とドキドキしますけど。

>>ドイツだったら、修理の人に来てもらったら、直らなくても、5000円ぐらいとられちゃう

だなんて、なんと高いこと!
中国の10倍じゃないですか。

請求額は安いけど、不動産に「オーナー負担じゃないの?」って聞いてみることにします。


No:58 2006/12/08 19:12 | もろあい #-URL編集 ]

これからの季節、給湯器が具合が悪いと辛いね。
私も以前そこに住んでいた頃、同じような事があって悲しかったのを思い出したよ。
シャンプーした泡だらけの頭の時にお湯が出なくなった・・・
広州といえども冬は寒い!!
それからシャワーのときは始めに頭を洗う事に決めたりして・・・
でもそのストレスはかなりものでしたよ。
がんばれ!
不動産屋の言いなりにならずに、「直してくれないなら引っ越してやる!と大家に伝えてくれ」くらい強気で交渉をしてみて。v-221


No:59 2006/12/08 23:55 | はな #-URL[ 編集 ]

はな さんへ

ようこそ!いらっしゃ~い♪
泡だらけの頭で「え?!水!?」とおろおろしている はな さんの様子が、
大変申し訳なく思いながらも、悲惨な光景を思い浮かべ笑ってしまいました。
私もとにかく頭を真っ先に洗うことを心がけることにします。


No:62 2006/12/09 20:28 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |