若、初の発表会

►2016/03/18 23:14 

早いもので年度末。

それにしてもあっという間の1年だった。
若は100点満点をあげたいくらいの年少時代を送ってくれた。

入園前まで、暴れん坊の聞かん坊の若は手が出るしわめくし
きっと保育の妨げになるわ、とドキドキしていた。

とりあえず、お友達に手を出さず、
泣かずに幼稚園に行ってくれればそれでいい、という
姫の時には考えられないひくーい希望目標をもっていた。

ということで、「若が前ならえ、ってしてる!!」とか、
お友達と同じことをしてるのを見かけるだけで感動した。

言葉が遅く、未だに何を話しているかよく分からないし、
質問に対して支離滅裂な回答しか得られない。
それに、幼稚園のことは全く聞かせてくれないので
発表会では、大きなカブという演目をして、
若がおじいさん役をする、ということしか分からない状態で見に行った。



若の役はおじいさん。
大きなカブのストーリーだと、最初にカブをひっぱるのはおじいさん。

若、でかした!いい役もらってきたね~と思っていたが
内心ドキドキ。


しかーし、若は立派におじいさん役をやり遂げました

↓↓↓おじいさんに扮する若(おじいさん役4人もいるんだけどね)
IMG_2941.jpg
IMG_2935_20160318225802f72.jpg

↓↓↓おじいさん⇒おばあさん⇒孫⇒犬⇒猫⇒ねずみ の順にカブをひっぱていく様子
IMG_2962.jpg

↓↓↓カブが抜けて喜んでる若
IMG_2971.jpg


若、ちゃーんと皆と一緒に出来ていました
若は男の子だけだと2番目に小さいので、おじいさん役の子達と並ぶと
一際小さかった。

だから余計に若がかわいく見え、
思わず『若ー! 』と声援を送りそうになった


昨日は給食を全部食べられた、と先生が教えてくれた。



年少は大金星! だった。

若の年中が楽しみになってきたわ~。

幼稚園(若)Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |