スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

初盆 精霊流し その②

►2016/10/11 22:45 

前回の続き、というか精霊流しの裏方の話。
といってももう10月なんで8月の話をするのも遅すぎるんだけど。





精霊流しは、炎天下の中外で船をつくるのが一番大変なのだが、
宴会準備もこれまた大仕事。

母方の祖母も初盆ではあったが、こちらの方が手が必要だということで
私達3姉妹は長崎市の精霊流しの方に参加。

飲食関係の準備はおば達の指示を受けながらあちらこちらへ買出し。



私達3姉妹は得意分野が違うからか、いつごろからか
何をやるにしてもうまい具合に仕事が担当制になる。
しかも暗黙の了解というかごく自然に。

基本私が指揮官。
そして妹達はそれに従う。

といっても、特に指示せずとも「きっとこれは私の仕事だなぁ~」という感じで
各自がその仕事に就いていく。

運転とか機転とか行動力とかフットワークが必要になるものは次女が。
今回でいうと、飲み物や宴会で必要な小物類などの買出しはすべて次女がしてくれた。


現役教師で体力と忍耐力がある三女は主に子守、そしてその他雑務。
小学生の姫と姪っ子にとって、いや私と次女にはとってはありがた~い家庭教師。
宿題でわからないところはMM姉ちゃんに教えてもらい!
夏休みの工作はMM姉ちゃんに手伝ってもらい!とまるなげ~
しかもタダ

今回は炎天下の中、父の精霊船作成のお手伝い。
『ま、まさかの“外”班・・・』と黒いTシャツが塩吹くほどに汗をかいて頑張ってくれた。

私は次女が生まれて一つ昇格。次女は三女が生まれて一つ昇格。
三女は・・・ずっと下っ端から抜けられない。

今回準備班のメンバーの年齢を考えると、やっぱり一番の若手。
しょうがないね~。



私はというと、ほぼほぼ実家で台所しごと。
朝食の片付けをしたと思ったらもう昼ごはん。
出かけて夜戻ってきてバタバタ夕食の準備。


しかも毎夜毎夜父を囲んでの宴会。
娘婿が二人もおったから父の酒もすすむすすむ。

片付けは深夜まで・・・。



食事の世話だけではない、同時に子供達に昼寝をさせたり
お風呂に入れたりフル回転。



いや~眠かった。毎日毎日午前様。
頼まれた船の帆(?)は本番前日の夜中1時から縫い始めた。
やってもやっても終らぬ仕事。


当日も就寝したのは真夜中。

そして翌日。

宴会会場となった祖母宅から持ち帰った、あまった飲食物を分けたり、
ゴミを分別したり、帰る荷造りをしたり。

妹が福岡に戻ってから洗濯したくないから洗濯を終らせてから帰りたい、というので
それもそうだ、と何回もまわして洗濯をした。
前夜から洗ってるのに使ったシーツやタオルケットやバスタオル等など
終らない、終わらない・・・。

その間食事の用意もいるわけで。
女性3人もいてなぜこんなにも進まぬ・・というくらいに時間がかかった。


私と次女が家事に奮闘する間、三女は姫と姪っ子の夏休みの宿題をみてくれた。
一番大変な、小学生の夏休みの自由課題。


↓↓↓姫の作品
IMG_3711.jpg

上手に描けました!


三女へのリクエストは

①2年生レベルを超えすぎない程度に「上手!」と思ってもらえるレベルに仕上げる。
②先生が「おうちの人と楽しく描いたのねぇ~」と思ってくれる程度に手伝う。

さすが教師が指導しながら描いた作品よねぇ~♪





洗濯物はやっつけて自宅に戻ったはずなのだが、
翌朝の洗濯カゴはびっくりするくらいに山盛りになていた。


・・・・・なぜ?????


ちなみに、次女も三女も同じ悲鳴をあげたらしい。



いや~働いたぁ~。









テーマ : 行事・イベント - ジャンル : 育児

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。