飛行機① ~サービスⅠ~

►2006/12/18 19:27 

定期健康診断のために上海まで行ってきた。
広州の自宅から上海のホテルまで
door to door で約5時間・・・。
何が楽しくてわざわざ上海まで・・とは思ったが、
せっかくなので1泊延長して上海見物をすることにした。
実は上海は3回目
ゆっくり観光したのは今回が初めてだ。
今日から数日間は上海での出来事を書いていく。


上海とは少々関係はないのだが、今日は
中国発着の国際線、国内線のことについて
書いてみる。
(広州-上海往復の機内で少々思うところあったので)

数日前、中国でのサービスについて触れたことがあるが、
飛行機の機内でさえ満足のいくサービスというものは存在しない。

客室乗務員のお姉さんがにっこり微笑んでくれ、
まるでホテルにいるかの様な応対を受けられる、
なんていうのは夢のまた夢の世界。ありえない話だ。
確かに制服に身を包んだ彼女達は美しい人が多い。
しかし、彼女達は日本人が抱くスチュワーデスのイメージとは程遠く、
地元中国人でも『スチュワーデスさんをお嫁さんに。』とは
思わない気がしてならない。(今はキャビンアテンダントか・・)

機内では、たとえ1時間フライトでも機内食が出る。
決しておいしいとは言えないが、食べられるものも多少でる。
もちろん全く食べられたものじゃないものも
一緒にトレイに載ってくる。
それは、中国独特の香辛料が強いものだったり、
まだ青いカチコチのメロンだったり、
ひからびたパン(小ケーキ)だったり・・・。

機内食は飛び立って、飲み物サービスの後に出てくるのだが、
たまに出発が遅れている場合(1時間以上)、
乗客をおとなしくさせるために離陸前に機内食が出てきたりする。

飲み物のサービスだが、国内線でもビールをもらえるのがいい。
日本だと確か、おつまみ付のビールが500円で有料だった気がする。
たいてい青島ビールなのだが、このビールはたまにジュースよりも
安かったりするから提供出来るのかもしれない。

この飲み物と機内食を配る客室乗務員、
ぶっきらぼうにニコリともせず『飲み物は?何?』と言う感じで聞いてくる。
食後の飲み物サービス時なんて
『いるの?いらないの?』くらいの勢いで聞いてくる。
こちらの声が聞こえないと『は?』と
眉間にしわを寄せながら顔を寄せてくる。

すごいでしょ??
続きは明日・・。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:人・国民性Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

すごいです。


No:90 2006/12/24 03:34 | phary #-URL編集 ]

phary  さんへ

ははは(笑) すごいでしょ。
もう、笑うしかないんです。
じゃないとイライラしちゃうし。


No:99 2006/12/26 13:07 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |