飛行機② ~サービスⅡ~

►2006/12/19 10:00 

昨日のつづき・・


中国発着の国内線・国際線の客室乗務員の話。

とにかく、席に座っているお客様の目線までおりて
声をかけるなんていうマニュアルは
絶対にない
に違いない。
常に上から声をかけてくる。背も高いし威圧感がある。
サービスしてやってるくらいのオーラがある、
・・と感じるのは私だけ??

中国では女性がかなり強い。
言いたいことは言う、強気の人が多い。
しかも皆自立し、結婚しても働くのが一般的だ。
キャビンアテンダントは割と裕福な家庭で学歴(教養)がなければなれない。
よって彼女達は
「ワタクシ、キャビンアテンダント ナンデゴザイマスワヨ」
と常に斜め上を向いて胸を張って歩くのだ。

広州-上海線で、彼女達は、飲み物サービス時に
空になったペットボトルをカートの下のカゴに
ものすごい勢いで音を立てながら放り投げていた。

うるさいって・・・。

お茶をちょうだいとお願いしたら、
さっき飲み終わったオレンジジュースが入っていたカップに
そのまま注いでくれた。

オレンジのいい香りがするお茶だこと!


機内が寒い場合に使用するブランケット、
特に国内線だと早めに言わないと『もうありません。』と言われてしまう。
乗客全員が欲しがった時の場合にそなえて・・と
人数分揃えてあることはなく、
なくても『申し訳ございません。』の一言もない。
『ない。』の一言で済まされてしまう。

あと、中国はどこに行っても人、人、人。
機内も同じ。
小さな旅客機でさえ客室乗務員が何人もいる。
男性客室乗務員も数人いるのだが、へんなのが彼らが座る場所。
客室乗務員用のイスではなく、エコノミー席の最前列に、
普通
に座っているのである。
しかも談笑しながら・・。

配られたブランケットとイヤホンだが、
なぜか着陸態勢に入る前に回収されてしまう。
ぬくぬく寝ていた時に起こされてブランケットをとられてしまうと、
寒くて眠るどころではなくなる。
観ていた映画も途中から画像を見るだけになってしまう。
到着時までぬくぬく映画を楽しむなんてことはさせてもらえないらしい。
・・・なぜ?

『中国にはサービスはない!
あってもサービスは有料だ!』

以前言われた通りだな、と本当に思う。
しかし、機内のサービス、
チケット代に含まれていないのだろうか・・・。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:人・国民性Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

コメント

お怒りはごもっともでございます。
これは彼女達が外の世界を知らないからなのでしょうか・・・?
私も以前銀行で換金を頼んだ時に舌打ちをされたことがあったよ。
「有問題嗎?」って聞いたら苦笑していました。
高飛車に見える態度も上手に出ると大人しくなると思いましたが・・・
おためしあれv-218
それから、私も中国「ただ」はないと思う。
レストランで勝手に置かれているティシュも料金に入っているし、デザートがサービスなんて言ってるけどそんな店は高いよね。
レベルの高いサービスは望めないね。
でも・・・やっぱり物価が安い・・・
賃金も安いよね・・・
難しい問題だぁ~


No:81 2006/12/19 20:57 | はな #-URL[ 編集 ]

はな さんへ

「有問題嗎?」← 使える!
舌打ちされたら『何か問題あるわけ?』と言ってみます。
そうやって意気込んでるうちは、そんな状況に陥らなくて、
突然そんな状況になった時は
怒りで「有問題嗎?」って出てこないんですよね~。
修行します。
よし、今度使ってみるぞ!


No:82 2006/12/20 14:30 | もろあい #-URL編集 ]

「有問題?」←ドイツでも使えます!
"Etwas Plobreme?"
やってみよう。


No:91 2006/12/24 03:39 | phary #-URL編集 ]

phary さんへ

日本で『何か問題ありますか?』と強気で言うと少々角がたちそうですが、
海外では結構使えますね。
レッツトライ!
『Etwas Plobreme?』
・・・発音あってるかな?


No:100 2006/12/26 13:10 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |