スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

半日入院③ ~2日目~

►2006/12/25 10:00 

胃腸炎での半日入院2日目。


一夜明けて・・・。
昨日は日中ずっと寝ていたが、夜もぐっすり寝られた。
朝、熱も吐き気も腹痛もなかった。
頭痛は少しあったが薬を飲むほどではない。
疲れた顔はしているが、ぐっすり寝たおかげで肌の調子もよく、
両手をほほにあてた感触はすこぶるよかった。
顔色も普段と変わらない。
病院へ行くだけなので、顔にはファンデーションではなく
軽くパウダーをはたき、眉だけ書いた。

診察室に入ると、先生が『おぁ、今日はだいぶいいようですね。』と言った。
しかし、『うーーん、しかし相変わらず顔色が悪いというか・・・
くすんでいますね
。』と言った。
先生・・・この顔色、普段どおりなんですが。。。
しかも、すっぴんに一枚うすーく載せてるんですがね。。
ここ数ヶ月で、ずいぶん顔に“くすみ”が出てきたな・・・と思っていたのだが、
人にズバッと指摘されるとなかなかへこむ。
日々、ファンデーション様様と拝みながら化粧をしている。
やはり人様に見せられる素肌ではなくなったのか・・としんみりしてしまう。

先生が『胃腸の調子がよくなったら、血流をよくするために漢方で
体質改善しませんか?処方します。』と言ってくれた。
くすみもなおりますよ』とも言ってくれた。
くすみくすみいうなー!!と思ったが、
中国人相手に漢方薬を買えるだけの中国語力はないので、
病院で処方してもらうのが一番安心。
漢方にはちょっと興味があったので
治ったら通ってみようかな、と思っている。

昨日寒かったので、かなり着こんで行った。
点滴のために腕を出すので、腕にかぶせるストールも持参。
そして恥ずかしながら腹巻も持参。
そして、分厚いバスタオルも2枚持参して行った。
バスタオルはもちろん、硬いベットに敷くためである。
四つ折にし、腰の部分で少し重ねた。
中央に敷いてスペシャルベット完成!う~ん快適。

11時50分頃にたたき起こされ、食事はどうするかと聞かれた。
近くの日本料理店から弁当を注文してくれるとのこと。
眠たかったしお腹も空いていなかった。
しかし、昨日の様に夜までかかったらもたないかも・・と思い、
焼き魚弁当を頼み、2時頃にしてくれと頼んだ。
そして1時50分、再びたたき起こされ
『食え。』とばかりに体を起こされ、食べさせられた。


長期間ほとんど何も食べてなかったし、起きた直後。
普通の硬さのご飯を噛んで食べることがこんなに重労働とは・・と
病人くさいことを思った。(病人なんだけど)
半分ほど残したが、胃がびっくりしているのが分った。
食事が済んだのがだいたい2時半ちょっと前。
すぐには横にならずしばらく体を起こした状態で休憩していた。

そして3時。
看護師が『はい、終わりましたよ~。』と言った。
・・・は?もう終わり??
うれしい”と“がっくり”が一緒にきた。
こんなことなら3時まで寝せてほしかった・・・。
そして家に帰ってからやわらかいうどんか雑炊を食べたのに・・・。

もう少しだけつづく・・。


テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:医・美Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。