染みつきつつある、中国の感覚③

►2007/02/03 14:24 

先日一時帰国(1/25~30)した時のこと。
またまた昨日のつづき。

④テーブルチェック

中国だとテーブルチェックが一般的だ。
大概テーブルで会計が済ませられる。
その感覚でウエイトレスに
「すみません。会計お願いします。」と言って
「あ、会計はレジの方で・・」と言われてしまった。
えーー言われること数回。。

この点に関しては中国の方がなんて便利なんだ、と思った。

⑤「ありがとう!」

中国語でありがとうは「謝謝」【xiexie】(シエシエ)だが、
この言い方によって伝わるニュアンスが変わる。
かるーく「シェシェ」と短く言うと「どーもー」「ども。」
くらいの軽いニュアンスになる。
丁寧にゆっくり「シエシエ」と言うと
「どうもありがとうございます。」になる。
一応尊敬語など、もっと丁寧な言い方もあるが、
大抵「謝謝」で事足りる。

普段「誠にどうもありがとうございます。」と
言わなければならない場面に遭遇することはない。
普段の生活では「ありがと~」くらいの雰囲気の「謝謝」で十分だ。

普段の生活で「こんにちは」と「ありがとう」
必ず言う事にしているので(そうすると、中国人の対応が違うのだ)
結構習慣づいてしまっている。

帰国期間中も、何か尋ねる時は必ず「こんにちは。あの・・・」と言い、
お礼を言った。

・・・が、やや問題が。

「こんにちは。」はいいのだ。「こんにちは。」は。
問題は「ありがとう。」の方なのだ。

日本語だと「どーも。」と「ありがとう。」と
「ありがとうございます。」はやっぱり違う。

駅員さんに場所を尋ねた後など、
最後に「ありがと!」と言ってしまうのだ。

言った後、おいおい、「ありがと!」じゃなくて、
「ありがとうございます。」だろ!?と思うのだだが、
言ってしまったものはどうしようもない。

「あぁ、なるほどぉ。分りました。どうもありがとうございます。
助かりました。」と頭をさげつつ丁寧に会話しときながら、
去り際に「ありがと!」
思わず「よ!」と手を挙げてしまうくらいの気軽さで
締めくくってしまうのだ。

駅員さんは皆、少し驚いていた感じだった。
帰国後少しずつ直すしかないな・・・。

旅行・日本(一時帰国)Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

こんばんは(^O^)/
履歴から遊びに来ました。

お国が違えばホント生活文化も違いますよね。
マレーシアのトイレ事情読んで懐かしく思っちゃいました。

知らず知らずに身についた習慣も怖いですよね~(-_-;)
私も帰国後日本人に戻る?のに時間かかりました。





No:370 2007/06/10 23:06 | みにとまと #-URL編集 ]

みにとまと さんへ

訪問ありがとうございます^^
知らず知らずのうちに身についた習慣って、
海外や知らぬ土地に行って初めて気づく事が多いし、
気づくと結構驚いたりしますよね。
また遊びに来てくださいね。



No:371 2007/06/11 17:22 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |