最後の広州探索 ②

►2007/03/12 13:41 

妹達が広州に遊びに来てくれた5泊6日の旅、第2日目

1日目は夜に着いたので食事だけ。
ちなみに食事は近所の韓国料理店で焼肉。

2日目はややゆっくりのスタートでまずは三元里へ。
ここは革製品関係、主にバックが売ってある市場だ。
以前も紹介したことがあるが巨大バック市場という感じだ。

大きな建物中に、3畳くらいの小さな店がひしめきあいながら
店を連ねている。

よいものを数点ディスプレイし、
センスの良さをアピールしている店は皆無だ。

もうこれ以上は飾れない、というくらいに
壁いっぱい天井いっぱいにこんもりぶら下げ、
うちは沢山あるぞ~という取り扱い数をアピールしている。

普通は前者の方が商品が良く見えるはずなのだが、
不思議とボリュームがある店の方に足が向いてしまう。

ここに来るのもかれこれ7回目くらい。
行く店も決まってきた。

コピー商品がものすごい数で当たり前の様に売られているのだが、
結構精巧に出来ている。
コピー商品意外に目を向けてみても結構よく出来ている。

結婚式やパーティで使えそうな、ビーズできらきらしたバックや
着物の時でも使えそうなラメが上品に入ったバックなどは
日本で買うのがバカらしいくらいに安い。

ここで、妹達はお土産のバックから自分のバックまでいろいろと買い、
私も負けじと(?)いろんなバックを買った。

旅行先では最終日に買ったものを一斉に並べて写真をとるのだが、
今回は疲れ果てて取りそびれてしまった。
う~ん、残念。

次女がずっと『同じようなバックを売っている店がこんなに
軒を連ねていて採算が合うんだろうか。』と言っていた。
確かに日本で、ある薬局の隣に別の薬局があり、通りをはさんで
真向かいに3軒の薬局がある・・・なんてことはありえない。

以前、韓国でこの質問をガイドさんにしたことがある。

ガイドさんは『同じ店が沢山並んでいた方が逆に
お客さんを捕まえやすい。』と言っていた。

例えば、ピンクのバックが欲しかったとする。
近くのスーパーのバックコーナーで物色し、もしなかったら
別のショッピングセンターの1Fと5Fでバックを探す・・・
というのはやはり面倒。
○○へ行けばきっと見つかると思えば皆○○へ行く。

店側もそれを見越して皆同じ場所で商売をする。

とまあそんなところらしい。

つづく・・

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:広州探索Comment(3)Trackback(1) | Top ▲

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


No:283 2007/03/12 17:31 | #[ 編集 ]

よかったね!

うちも5月に母と妹が来る事になりました。
どうなることやら・・
妹さん達充実した旅になってよかったね♪


No:285 2007/03/13 01:10 | kiyopi #NAiEW80kURL編集 ]

kiyopi さんへ

妹さんとお母さんが来られるだなんて、それはそれはにぎやかそうですね。
kiyopiさんの案内だったら、ショッピングも食事も十二分に満足して帰られるでしょうね。満足しすぎて居ついちゃったりして(笑)


No:287 2007/03/13 20:30 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007/06/11 | ハウスクリーニングお掃除父さんの時事ネタニュース日記 |

三元里

広州2日目。えへ・・・。 食後はまたマッサージ! 今回は海の塩で。 爆睡で記憶なし・・・。 たくさん移動しすぎで疲れたかも・・・。三元里はお店閉まってたから、またリベンジしに来ないと。 それにしても、ここのすっ

 | Blog Top |