切り絵

►2007/03/16 03:20 

先日の海珠広場へ行った時に
妹が切り絵を買ったと書いた。

するとコメントでドイツのpharyさん
是非見て見たいとおっしゃって下さったので
妹に画像を送ってもらってアップすることにした。

↓↓↓これが全体像。
DSCF0018.jpg


↓↓↓これが細部。
DSCF0025.jpg


私も買おうか結構迷った。
ただ、タイやバリ風のアジアンテイストを好む私にとって
これはちょっとインテリアには合わないと思ってやめた。


以前、広州の美術館で
中国の伝統文化・芸術の作品展があって見に行った。

印象は、「さすが中国、ウン千年の歴史。」だった。

米粒のような小さなものに何十行にも渡って文字がかかれていたり、
そんなに大きくない大理石に、新聞紙1枚分くらいの文字が彫られていたり、
とことん繊細で細かかった。
さすが中国人は手先が器用だと実感。

そんな展示会で切り絵のコーナーを発見。
縦50cm×横60cm くらいの大きさの切り絵が
ずらーーーーーっと何十枚も飾られていた。

そしてその隅の方で切り絵作成の実演があっていた。
カッターで切り抜いているのかと思いきや、
なんとはさみで切っていたのだ。

はさみで切り抜くには、最初に穴をあけないかぎり、
紙に折り目がつきそうなものを、器用に小さなはさみを使って
切り絵をつくっていた。

あまり期待していなかったこともあり、大満足な美術館見学だった。

ただ・・・・
中国らしい残念なものを目にしてしまった。

習字の実演コーナーらしきところに、
すずりや筆が置いてあった。

よーく見てみると、
すずりの上に、食べ終わったバナナの皮が!

骨董・美術品の前で間食ですか・・。
それから、ゴミくらい撤去しましょうよ。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:文化・習慣Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

コメント

何にしても、「さすが広州大都会!」と思わずにはいられない品揃えですね。
しかも安いし。

「インテリアに合わないから・・・」
我が家は最近、この概念が消え去ってしまいました。
家の中は怪しげな貰い物の装飾品のオンパレード。(^^;)
日本に帰ったら整理しよう・・・かな・・・?


No:293 2007/03/16 13:58 | labcha #VDyZIP8AURL[ 編集 ]

切り絵綺麗ですね、手間隙がかかると思うのですが、日本だったら手間賃を入れるとかなり高い値段になると思います。しかしバナナはチョッとと言う感じですね。


No:294 2007/03/16 14:24 | ごーさん #LkZag.iMURL編集 ]

すごい!これがきり絵なんですか?
しかもはさみで切った?
なんかこう、スタンプみたいなもので一気にザクッと抜き取ったのかと思ってしまいました。
神業ですね。
さすが中国!
美術館のすずりの上にバナナの皮ってのも、さすが中国!


No:295 2007/03/18 23:00 | phary #nlhry96YURL編集 ]

labcha さんへ

最初は、バリリゾート風を目指していましたが、タイに旅行したら、タイ風のインテリアにも魅せられてしまいました。
そのうち、行くアジアの国々の雰囲気が気に入り、最近ではごちゃまぜアジアンになりつつあります・・・。

ごーさん へ

日本で買ったらさすがに高いでしょうね。この切り絵の価格は本当にお買い得だと思います。「試しに買ってみる」にはいい金額です。実はこの切り絵の額縁の裏側ですが、ビスではなく、ガムテープでとめてあるんです。
このあたりが安い所以ですかね。

phary さんへ

私も“神業”だと思います。
中国人って手先が本当に器用ですよね。




No:296 2007/03/19 01:40 | もろあい #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |