スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

引越し 中国→日本 ②

►2007/03/31 01:49 

中国から日本に帰る引越しの話のつづき。

今回の引越しは荷詰めを業者がしてくれたが、
結構大変だった。

何が大変だったかというと、荷物の仕分けが大変だった。

引越し荷物の搬出後も、預けたパスポートが戻ってくるまで
(税関手続きで必要なため数日預けた)
その家でしばらく過ごさなければならなかった。

家具・家電付住宅なので、必要最低限のものがあれば
数日くらいは普通に生活出来る。
よって、シャンプーや洗濯洗剤類、必要最低限の鍋釜類や食器等を
残しておかなければならなかった。
その仕分けが面倒だった。

どういう風に分けたかというと・・

①航空便で日本に運ぶもの。(最大60キロまで)

②船便で日本に運ぶもの。

③引渡し当日まで使って、人に譲るもの。

④引越し当日まで使って、捨てるもの。

⑤手荷物として日本にはこぶもの。
(手荷物は飛行機で運ぶので重量制限あり)



一見簡単そうに思えるが結構大変だった。
『これは手荷物にした方がいいかぁ。でも重いなぁ。』
『洗濯しながら○日すごすから△着くらいあったらいいかな。』
の様に、一人ぶつぶつ言いながら仕分けた。

鍋釜類や食器類を仕分けするときは、冷蔵庫の中身と相談して決めた。

荷物の仕分けが面倒だったが、
それよりも大変だったのは、
その仕分け通りに梱包してもらうこと。

引越し業者のリーダーは日本人だったが、
スタッフは中国人、しかも結構大人数。
なかなか指示が行き渡らない。

もともと家に備え着いているものを
間違って梱包されないようにする
のも大変だった。

しっかり見張っていたはずなのだがやっぱり失敗・・・。

失敗の内容は明日。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。