スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

入居条件

►2007/04/07 00:34 

中国で外国人が借りて住む住居は大きく分けて2タイプある。
どちらも家具・家電付。

一つはサービスメントアパート(←言い方間違ってるかも。)

ホテルの客室清掃係の様なスタイルの人達が
部屋のシーツ交換や清掃をしてくれる。
週に何回来てくれるかは、金額やマンションによって異なるらしい。

友人が住むマンションは、朝食券も月々配布されると言っていた。
本当にホテルみたいだなと驚いたのをおぼえている。

もう一つは、オーナーから部屋を借りて住むタイプだ。
(何と言うかは知らない。)

私が住んでいた部屋は後者のタイプ。

マンションの部屋ごとにオーナーが違う。
最近中国では、マンションの部屋を買って外国人向けに改装し、
貸して家賃収入を得る不動産投資が流行っているらしい。

よって、部屋によって備え付いている家具や家電も様々で、
間取りもオーナーによって設計・施工されるので
雰囲気も部屋によってかなり違う。

入居を決めるにあたり、
『寝室にTVとDVDをつけてくれたら入居してもいいよ。』とか、
『冷蔵庫と洗濯機を新しく買い換えてくて下さい。』とか、
条件を提示してオーナーと交渉することが出来る。

大抵のことは了承してもらえる。
それくらい家賃が高いということだ。
家賃には、入居時にいろいろと入居者の希望を叶えるだけのお金も
含まれているらしい。

・・・ということで、希望は“言わなきゃ損”なのだ。

ちなみに、私が住んだのは新築。
提示した条件は、

①寝室にTV設置。
②DVDデッキ設置。
③NHK受信デッキ設置。
④書斎の照明交換。(もっと明るいものへ)
⑤衣類乾燥機の設置。


もちろん、すべて承諾してもらった。(させた?)

・・・・・・・という長い前置きになってしまったが、
昨日の続きに戻る。

華ちゃん宅も入居時にいろいろ条件提示していた。
浴槽交換、2F便器交換などなど。

その工事もなかなかのハプニングだった。

この様子はまた次回。


テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:住・施工Comment(3)Trackback(0) | Top ▲

コメント

引越しの時に大家の良し悪しを確認しなかったが、これはかなり重大かも・・・
以前は台湾人が大家だったが大らかで何でも文句無く承諾してくれた。
今回は大陸(中国人)の方で、外の好みや常識がまったく?通じない感じがした。
修理も速く終わることより安く済ましたいようで・・・結局修理不可能・・・私の貴重な時間だけが費やされた(^^)
雨季に入り雨漏りを見つけて連絡をしたが、もう5日間連絡がないんだ~♪
お蔭で大事な写真がカビにおかされた^^:
でも、負けない!!華と藍だけがご機嫌^^


No:319 2007/04/07 20:53 | 華ちゃん #-URL[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


No:320 2007/04/09 09:56 | #[ 編集 ]

華ちゃん へ

<華・藍だけがご機嫌>ですか。
なんか想像出来て癒されます。
日本の感覚で言うと、引越しの時は普通“家”しかみないですよね。それを仲介してくれる不動産やオーナー(大家)の人柄なんて考えもしないけど、中国じゃあ逆にそっちの方が重要になってくるんですね。


No:321 2007/04/10 10:39 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。