あるふてぶてしい不動産業者

►2007/04/13 22:00 

昨日のつづき。
引越し直後の友人宅(華ちゃん)に泊めてもらった時の話。
華ちゃん引っ越し話シリーズ②

②ふてぶてしい不動産業者

中国では、入居直後は普段どおりの生活はのぞめない。
いくつもの不具合箇所を修繕してもらう必要がある。

不動産を通してオーナーに借りて住む時は、
たいてい何事も不動産を通さなければならない。

ということで、入居直後のごたごたの解消、業者の手配や取次ぎなどを
うまくやってもらえるかどうかはすべて不動産にかかっている。

残念なことに、華ちゃんはお世辞にもいいとは言えない不動産に
頼んでしまった。
しかも、担当してくれた不動産担当女性は最悪だった。

なにが最悪かというと・・。

①時間を守らない。

これは中国の業者には往々にしてあること。
もちろん、遅れても平気な顔。

②メモをとらないので、何度言っても忘れられる。

えっと、これも中国の業者としては結構普通。

③人をみて対応する。

中国語がペラペラではないからか、日本人だからなのか、
借主である華ちゃんを完全にナメきった対応をしてくる。
華ちゃんには、日本語がペラペラな親切な中国人の友人がいる。
その中国人の友人が対応仲介にたってくれる時は
『少しはましな反応をする。』と華ちゃんが言っていた。
呼んだ時の返事まで違うとか。

④聞き取れないくらいのスピードでわざと話す。

相手が日本人で、ゆっくり話さないと聞き取れないというのが
分かっていて、超スピードで話すらしい。
確か、ゆっくり話してとお願いしたこともあるとか言っていた気がする。
そして、華ちゃんが『分からない(聞き取れない)』というと、
電話口で鼻で笑ったりするらしい。

華ちゃんが聞き取れないのをわかっていて、
なぜか毎回華ちゃんの携帯に電話をしてきて
超スピードでまくしたてるように話すと言っていた。

かなり意地悪。

⑤客の家のソファーでふんぞりがえる。

これを見た時はさすがに私も驚いた。
この不動産女性は、ソファーに座る華ちゃんのご主人の横に
ふんぞりかえって座るのだ。華ちゃんは立っているのに。
足を大きく組み、組んで上の方にきた足の裏は完全に天井方向に向いていた。
そしてタバコを吸っていた。

う~ん、態度悪すぎ。



あとは思い出せない・・。
>>>華ちゃん、こんなもんかな?

一生懸命さというか誠実さの全く感じられない若い女性だった。

そんな彼女に、華ちゃんは日本語
『あんたなんて大嫌いなんだよ!!』と、しかも面と向かって大声で
言っていた。

華ちゃんすばらしい

私の経験上、たとえ日本語だとしても、
現地外国人相手に怒りをぶつけられる様になれば、
その土地に馴染んできた証拠
だと思っている。

きっと彼女にも華ちゃんの怒りは伝わっているとは思うが
きっと気にも留めないで、もちろん反省もすることはなく、
よって改善されることもなく、いまも変わぬ態度を
とり続けているんだろうと思うと華ちゃんが気の毒でならない。

華ちゃん、がんばれ~!

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:人・国民性Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

読みながら爆笑してしまった(^^)
そうだったね。いろいろあったよ(笑い)
あいちゃんの観察力はいつも感心してしまう。
相変わらず陳さんは「最悪」だけど、私も智慧を付けて来て、連絡はすべて主人に伝えるように言い渡した。私に連絡をしてくる時もしばしばあるが、「家にいるか?」と聞かれたら
「あなたが来るなら私はいない!」
「なぜ?」
「私はあなたが嫌いだから」と言ってやる。
もう、肝心なところは自分で修理したほうが早いことを学んだので、用はない(^^)

先日も彼女が来た時に濡れた傘を持ったままリビングに入り床が濡れたので「拭け!」と言ってやった(笑い)
今までは黙っていたが今は少々違うのだ!
しかもその時家を買おうとしている友達が来ていたんだ。
陳さんは「家を買うなら・・」と営業を始めようとしたので「この人は最悪だよ」って言ってみた。
間違っても大事な友達を紹介できないよね。
学んでくれ!陳さん(^^)


No:326 2007/04/16 22:41 | 華ちゃん #-URL[ 編集 ]

華ちゃん へ

おぉ、なかなか過激になってきましたねぇ~。
でもいいんじゃないですか?本人に嫌なもんは嫌と言っても。その場に陳さんの他に第三者がいなければですけど。彼(女)らって異様にプライド高いですからね。
「拭け!」は絶対に言うべきです。
その後、改善されるかわからないですけど・・。


No:329 2007/04/24 16:40 | もろあい #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |