スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

歯科へ

►2006/08/27 23:31 

左下の親知らずを抜いた跡(穴?)がまだふさがらずにへこんだままで
食べ物が入りやすくとても困っている。
ココは中国に来てから抜いた。
その時のことについて書く。


4本あった親知らずのうち、既に3本は抜いてしまっていて、左下の1本だけ残っていた。
この親知らずはキレイに生えていたので、抜くかどうか様子見をしようといいながら
5年ほどたつうちに、どうやら虫歯になっていたようだった。


まだこっちにきてからまだ間もないころで
行くかどうかとても迷ったが、勇気を出して行ってみた。
中国の病院の質の悪さは聞いていたので、ドキドキしながら行ったが、
外国人向けの“クリニック”と言う感じでとても新しく、衛生的だった。
通訳をかねた病院のスタッフが最初から最後までついていてくれた。
支払いの時のことだが、カード支払いもOKで
『サインをお願いします』と言ったその通訳は、私の座るソファーの横に膝まづいてくれた。
「患者と看護師」というよりは「乗客と客室乗務員」という感じだった。


診察後、案の定抜いたほうがいいと言われた。
『中国で抜くか??』と思っていたが、先生の説明がえらく丁寧で親切で、
レントゲン設備も最新式だったので、まぁ大丈夫だろうと思い切って抜くことにした。


歯根が“J”の字に曲がっていて、歯と歯根の間がくびれていたので、
とても抜くのが大変だったらしい。
麻酔で痛くはなかったが、先生がマイナスドライバーのようなものを歯にあて手で固定し、
その端を歯科衛生士の女性がかなづちでガンガンたたき始めた。
かなり驚いた。しかも数回ではなく、院内に響くくらいだった。
あごがはずれるかと思った。
看護師がかなづちで叩きながら私のあごが外れないように
反対側から羽交い絞め状態で私のあごを固定した。

なんか最後はどうにでもして、、という感じだった。
歯を割って抜いたのかと思いきや、綺麗に抜いてくれた。
絵に描いたような歯だった。歯根もしっかりあって「上等な歯」と言われた。


治療は個室で行われた。治療が終わって病室を出ると、
他の患者が私に注目している気がした。
眉間にしわを寄せ、痛そうな顔をしているので、?と思っていると、
通訳が「廊下中にガンガンと響いていましたから(苦笑)」と教えてくれた。


麻酔が切れたときは少し痛かったが、歯というよりは、口のあけすぎであごがいたかった。
寝る頃には舌のしびれもとれ、翌日からは普通に食事も出来た。


歯の治療は保険が効かないので、抜歯も含め2回の治療費と薬代で2万円はかかった。
高~い(><)
中国で2万円といえば、かなりの高額。そりゃあ、患者と言うよりはお客様扱いになるわな、と思った。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:医・美Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

歯科の内容だから
なんとなくコメント。
今最初から読んでますよv-360

かなづち??
なんだろう。
まだ抜歯はわかんねーやww
自費診療、意外と興味深いi-190


No:94 2006/12/24 08:10 | yossys #-URL[ 編集 ]

yossysさんへ

かなづち、っていうかハンマーやね。
うん、ありゃ工具だったよ。
医療器具には見えなかったもん。
歯に当ててるマイナスドライバーがずれたらどうなるんだろう!?ってかなり怖かったよ。
マイナスドライバーが歯ぐきに突き刺さるだけじゃすまない気がして。


No:103 2006/12/26 18:17 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。