TV番組

►2006/08/30 11:17 


中国のTVはとにかくチャンネル数が多い。50くらいはある。

中国の時代劇、、スポーツ、ニュース、韓国ドラマ、日本のアニメ、バラエティ。
何でもあるが、中国が製作したTV番組は全然人気がないらしい。
中国語の先生が『中国のドラマは、歴史もの、農村の貧困もの、
戦争ものばかりで、楽しくない。
日本のドラマはいろんなジャンルのものが楽しめていい。』と言っていた。

日本のアニメがよくあっているが、中国語に吹き替えてあって、
とても変な感じがする。
おもしろいのが、その放映時間。とにかく長い。
毎日チャンネル47で、午前中9時から12時まで
【ドラゴンボール】があっている。
昔何度も漫画で読んだので、ストーリーは頭に入っている。
だから、少々言葉がわからなくっても理解出来る。
その後は【テニスの王子様】が2,3時間あっている。
こっちの方は、吹き替えだけでなく、
字幕まで出るので勉強のためにたまに見る。

日本の様に、30分番組が週1だけ放映される様な
しかも、歌とコマーシャルの時間を差し引いて実質20分ちょっと、という
ケチくさい(?)まねはしない。
大盤ぶるまいで一気に毎日放映してしまう。
おかしいなと思うのが、チャンネル53でも、
夕方ドラゴンボールがあっていたことだ。
しかも、内容も同じくらいの近さ。
1ヶ月前チャンネル53で見た内容が
今チャンネル47で放映されている、という具合だ。なぜ??

ちょっとイヤだな、と思うのはコマーシャルの長さ。
コマーシャルは60秒か45秒が普通だったのに、
5分くらいあっていたりする。
しびれをきらしてチャンネルを変えたりする。

基本はNHKばかりを見ているが、日本で普通にあっているものではなく、
ワールドNHKなので、面白さにちょっとかける。
得にニュース、毎時ちょうどに10分から15分のニュースがあるが、
はっきりいって、毎回ほぼ同じで、再放送?と思うくらいだ。見飽きる。

今年の甲子園の決勝、延長再試合が放映されるのを今か今かと待っていた。
中国時間で14時から放映されるはずだったので、
10分前からTVをつけてスタンバイしていた。
日本では15時になっているので、再放送ということはわかっていた。
が、しかし・・・。

13時55分くらいのニュースで
『今年は3連覇を目指す駒沢苫小牧を下し、
早稲田実業が初優勝をかざりました。』とのアナウンサーが。
『なに????』と思ってTVのもとへいくと、
『駒沢苫小牧VS早稲田実業』の決勝再試合開催ー!!と
決勝の放送が始まった。

ありえなーーーい191
結果を先に知ってしまった。。。
ということで、9回の表の反撃ドラマのドキドキしながら見ることが出来なかった。
がーっくりきて、結局その番組はほとんどBGM状態だった。


日本のドラマが普通にタイムリーにみたいなぁ。


テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:娯楽Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |