スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

女性らしさを出すホルモン

►2007/09/20 20:15 

私は昔から生理不順で、
大学生の時から産婦人科に通っていた。

そのせいか、今は結構一般的になっている、
定期的な婦人科検診も自然とその頃から受けるようになっていた。
子宮内膜症・子宮筋腫・子宮がん、などなど
年に1度チェックしている。

生理不順の原因はチェックする病院によって結構違ったが、
一番印象に残ってるのは3年前の検診時での医者の言葉。

『生理は黄体ホルモン
エストロゲンというホルモンが
二つ同時に一定量分泌されないと始まりません。

先日、黄体ホルモンを注射しましたが生理が始まらなかったので、
エストロゲンが足りないということが分りました。』と
先生が言った。

『へぇ。そうなんですか。』と私。

すると、先生は・・・

『エストロゲンというのは、
女性らしさをだすホルモンです。
それが不足してるんですねぇ。』

と言った。

『あ・・・・そうですか・・・。』と私。


なるほどねぇ。だから私は上半身はうすっぺらで
ヒップもなかったわけか。

あ・・・女性らしさを出すエストロゲンって、
性格にも影響するのかしら。

そうだとしたら、自分がなんとなく男っぽくて
勇ましい、やや攻撃的性格もそのせい???

テーマ : 女性だけの悩み - ジャンル : ヘルス・ダイエット

わたしComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。