中国の美容院

►2006/09/07 23:01 

昨日に引き続き髪型の話。
昼間友人と会った時に、昨日見たすごい前髪の話をした。
(昨日の日記参照)
すると、『ここでは、結構前髪を斜めに切るらしいよ。
だってね、
語学大学のテキストの中にあった【美容院編】で、
「前髪はななめに切らないで下
さい。」という例文があった
もん。』と教えてくれた。
ということは、昨日見た『なんじゃこりゃ!』という前髪は、お洒落だったってことか。。。
なんとう美的センス・・。

洗髪はとても安く、15元(225円)くらいである。
たいていは、入社したばかりの、まだ髪を切ることが出来ない若い子がやってくれる。
これは日本と同じ。
違うのは二点。

まず1点目は、
15元の中に全身マッサージまでついていること。
肩や腕、足までマッサージしてくれるらしい。
さすがに足の裏はないらしいが、スバラシイ。そう考えるとかなり安い。
時間つぶしに美容院で洗髪、というのは一般的なことらしく、
例えば、待ち合わせまであと1時間半あったとする。
その場合、喫茶店でお茶、ではなく、洗髪が思い浮かぶ人が結構いるらしい。

次に2点目。
髪の洗い方だが、シャンプー台ではなく、座ったままで洗髪されること。
頭のてっぺんにシャンプーを乗せ、少しずつ水を加えながら泡をたてていく。
そして、こんもりソフトクリームの様に立ち上げいく。
髪が長い人だと、とんでもない高さになる。

髪を洗い終わってはじめてシャンプー台へ案内される。
シャンプー台は離れた場所にあるので、洗髪が終わった人は
頭がソフトクリーム状態のままシャンプー台まで歩いていかなければならない。
なんとも滑稽な光景である。

シャンプー台で頭を洗ってもらうのがキツイ、という人を結構知っている。
頭に血が上るとか、腰が痛いとか、顔にかけるガーゼが苦しいとかいろいろ。
彼女達には、この中国式洗髪は願ってもないスタイルなのかもしれない。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

中国:衣・ファッションComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |