トールペイント教室

►2008/02/01 23:50 

気がついてみれば、
トールペイントも今年で10年目に突入。

20年くらい前に興味はもったが、
自己流ではうまくかけず断念。
『いつか習いたい。』と思つつも10年経過。

社会人になり、たまたま会社の寮の近くに
教室をみつけて習い始めた。
ここで完全にはまってしまった。

休みが合わなくて、週1回から月2回しか通えなかったので、
家で睡眠時間をけずって明け方まで描いていたこともあった。

10時から11時くらいまで仕事をして、
家に帰ってからトールペイント、
そして翌日出勤なんてこともザラ。

あの頃は若かった・・・。

その後、自分の転勤や先生のお引越しなどで
現在通う教室は3つ目。

たまたま通うことになった教室の先生(ka-ko先生)の紹介で
次の教室へ。

そして次の教室の先生(うめ先生)の紹介で今の教室へ。

そして一番最初の先生と今の先生も知り合い。

すんごいつながり。

どの先生もとんでもなくすごーい人たちなのだ。
私は今までものすごく質のいいレッスンを
受けてきたんだな、と幸せに思う。

前置きはおいておいて・・

↓↓↓今通っている教室はココ
2_20080202004912.jpg


1_20080202004904.jpg


↓↓↓教室内の様子
IMG_3342.jpg

3_20080202004918.jpg


教室の正式名称は【SO・DIY・GO・ME】
(ソー・ダイ・ゴー・ミー) だが、普通に読むと「そだいごみ」になる。

決して「粗大ゴミ」としてはならい。
しかし、皆は教室のことを愛情をもって「ごみや」と呼ぶ。

旦那にも『今日はごみやの日。』と言っている。

先生が『昔、教室の前にゴミが
捨てられていたことがあったんだよ。』と言っていた。

月曜以外はほとんど開講しているし、
子どもが生まれたらなかなか来れないだろうな、と
今集中的に通っている。
というか、いりびたっている。

家から徒歩30分くらいで、
ちょうど散歩コースにいいのだ。

描きに行っているのか、おしゃべりをしにいっているのか、
美味しいものを食べに行っているのか、
何が目的かわからなくなる時もあるが、
とーっても楽しいので出産後も息抜きに
なんとかしてレッスンに通おうかと思っている。

↓↓↓レッスン中の様子
IMG_3350.jpg


↓↓↓現在描いている作品。
 まだ途中。文字を描いているところ。
 マスキングテープも貼りっぱなしだが・・・
IMG_3348.jpg


デザイン:望月千草
タイトル:Frontier Spirits


細かい絵なので、拡大してご覧下さいまし。

このデザインが気に入られた方は・・・
↓↓↓こちらへどうぞ。

http://www.d1.dion.ne.jp/~sodiygom/sodiygome2006/0020dp-3.htm

額は絵が完成してから発注予定。
完成したらまたアップすることにする。

↓↓↓沢山の先生オリジナルの作品が飾られている
IMG_3343.jpg

IMG_3344.jpg


中には、ルーブル美術館に出品されたもの等、
海外巡業を終えた作品達も飾られている。
世界の望月千草先生なのだ。

本当は(?)すごーい先生なのだが、
気さくで恥ずかしがりやでとっても素敵な先生なのだ。

先生をサポートする、教室共同運営の方たちも
生徒さんもみーんな素敵で楽しくてしかたがない。

トールを終えて帰ってきた私はイキイキしているらしく、
旦那も『今日はトールやったと?楽しそうだね。』と言う。

“ごみや”に通うことは、今の私にとって、
一番の胎教になっている。

テーマ : トールペイント - ジャンル : 趣味・実用

トールペイントComment(3)Trackback(0) | Top ▲

コメント

トールペイントってどんな物なんですか?
写真で見るとなかなか良いですね。


No:929 2008/02/03 00:17 | ごーさん #-URL編集 ]

これが望月先生の作品なんですね。
今まで見てきた作品とはまったく違うんですね。
黒川あつ子先生のオイルのバラとかが、もろあいさんには似合っていると勝手に思っていたけど、ウエスタンぽい作品も作れるんだと、感動しているところです。
私の先生もすっごい人だったんだね♪


No:930 2008/02/03 12:02 | 華ちゃん #-URL[ 編集 ]

ごーさん へ

トールペイントは、絵心がなくても描ける絵で、塗り絵みたいなものです。
図案をトレーシングペーパーを使って転写し、指定された色や筆や技法で色を塗り重ねていくだけなんです。
今の先生は作家さんだし、画家みたいなものですが、私は先生の作品を模写しているだけです。
楽しいですよ~。

華ちゃん へ

趣味とは変わるもので、昔はカントリー調の淡いかわいらしいものを好んでいましたが、いつのまにかエレガントな写実的なものが好きになり、人物もOKになり、今は文字が沢山入っている望月先生の作品にはまっています。
また一緒に描きたいですね。


No:932 2008/02/04 23:36 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |