道案内

►2008/02/28 23:27 

探し物があって、インターネットで調べた店にその品物あるかどうか、
そして、あるならばどんなものがあるか、等を電話で聞いてみた。

聞きたいことはだいたい聞けたので、
店の場所も聞いてみることにした。

近所だったし、インターネットに簡易地図も載っていたので
なんとなく場所はわかっていたのだが、
もうちょっと詳しく聞いとこうと思って聞いたのだが・・・。

多分、電話で対応してくれたのは年配の女性 


 『お店の場所なんですけど・・・』

 『今どこにいるの?』

 『○○町です。』

 『ああ、近いじゃないですか。えーっとですねぇ。
パン屋のとこです。』

 『え・・・パ、パン屋ですか。。パン屋と言われても・・・』

 『え?わからない?★★★ベーカリーですよ。』

 『わ、わからないです。』

 『え?わからないの?じゃあ、遠くから来られるのね。』


 ・・・え?だから近所から行きますケド。


 『えぇっとね、じゃあサティは分ります?
サティのところから曲がったところにありますから。』


 オイオイ(苦笑) サティのどこの角からどっちに曲がったところだよ。


 『あの・・・その説明ではいまいちピンとこないんですけど。』

 『何て説明したらいいかねぇ。とにかくサティまで来たらわかるから。』

 『サティから見えるんですか?』

 『いえ、すぐには見えませんよ。』


 ・・・・オイ!

 『サティを基点に、お店はどちら方面にありますか?
旧3号線側?線路側?』

 『▲▲内科側です。』

 『・・・・』

おーい。そんな内科知らんぞ。っていうか、その内科はサティの
南側にあるんか?北側か?それとも西側なんか???


↑だんだん自分で調べた方が早い気がして聞くのが面倒になってきた。

 『どこにお住まいっていったかね。○○町の何丁目?
あぁ、お宮があるところでしょ?』

 『近くに神社がありますけど。』

 『じゃあ、神社の前の道をまっすぐ来たらあるから。』

まっすぐ来たらあるって言われても・・分るようなわからないような(苦笑)

 『あぁ、だいたい分りました。(←もちろんわかっていない)
検討して伺いますね。』

と言って電話を切った。


それにしてもすごい道案内。

道を聞いて私の様に『なんじゃソレ。』と思って
行くのを辞めた人も今までに多々おるやろうなぁ。

きっと家族経営なんだろうけど、
あのおばあさんには道案内させない方が商売上いい気がする。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

福岡生活Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |