スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

陶器屋の女将

►2009/01/08 21:00 

先日、佐賀の嬉野温泉に行ってきた。
過去記事 2008/12/30

その後、有田に寄って陶器を買ってきた。
過去記事 1/4
↓↓↓
DSCF6330-1.jpg

DSCF6379-1.jpg


その時のショップの女将が強烈ですごくインパクトがあった。

ちょっと覗きに入っただけだったのだが、
気がついたら結構な量を買ってしまった。
買ってしまったというか、買わされたというか、、、
勢いに呑まれてついつい買ってしまったというわけだ。

入店時からすごかった。
12月29日の年の瀬ということもあり、客は私達だけ。

奥からボリュームのある演歌歌手風の髪型をした女将が出てきた。
出てきたと同時に息をつく暇もないくらいのトークトークトーク!



 『いらっしゃいませっ。今日はどちらから?』

 『福岡からです。ちょっと見せてください。』

 『んふっ もちろんですわ


以下、女将の『 』は
可能な限り超スピードでお読みくださいまし。

 『今日は何をお探しなのかしら?あ、そのコーナーは作家物なのであまりお勉強できませんの。他のコーナーのものでしたら、最低でも3割はお値引き出来ますわ。で、何をお探しっておっしゃいましたっけ。あ、今ご主人が手にとられている茶碗は素人目にはわからない傷がちょっと入っているだけのワケアリ商品なんですの。ですからそれは1000円にしています。普通に売っている物だと3000円以上はしますのよ。ほら、ご覧になって。3000円以上の値札が貼ってありますでしょ?年末年始ですからね、正月にぴったりの食器類なんかもそろっておりますのよ。ペラペラペラ・・・・・・ペラペラペラペラ・・・・』

いったいいつ息を吸っているのか?という感じ。
途中、私達に質問をなげかけてはくるが、
その回答を聞いているのか聞いていないのかわからない反応のまま
ひたすらしゃべりまくる女将。

女将ワールドに押されつつ、旦那のお茶碗を一つ買うことにした。
そこで、私が使える現金がないことに気づいた。

有田に来る前に通りがかった銀行で、
お年玉用に手元にあった現金をすべて新札に変えていたので
そのお金は使いたくなかったのだ。

 『あ、私(使える)お金なかった。立て替えられる?』

 『あ、おれも(財布が手元に)ない。車に取りに行ってくる。』

こんな会話を横で聞いていた女将、どうやら
 ≪このお客さん、お金がないんだわ。≫
と思ったらしい。

旦那が車の小銭をかき集めに行ったと思ったのか、
 『支払いは小銭でもいいですよ。』と言ってきた。

旦那が車に財布を取りに行っている間に、
お!と思える素敵な器を発見。

戻ってきた旦那に、欲しいなぁ、どうしようかなぁと相談。

旦那は『買えば?1万円くらいならあるよ。』と言ってくれたので
購入することに。

私の勝手な想像だが、女将はこの会話を聞いていて
 ≪このお客さんは1万円までなら売り込めるわ≫と思ったらしく
1万円ぴったりになる様にいろいろすすめてきた。

見始めるといろいろ欲しくなるもので、
コーヒーカップとお茶碗の他、
ピンクの花柄の丸い器と長方形の平たいお皿も欲しくなった。

しかし、全部買うと予算オーバー。

そこで
 『カード使えますか?』と聞いて見た。

 『もちろんですわ。ただ、あんまりお勉強できませんけど。
 1万円まで現金で購入されて、残りはカードにされたらどうですか?
 引き落とし日はまだまだ先ですし。』

 も、もしもし?
引き落とし日はまだ先ですし、ってどういう意味?
私達、年末年始お金に困っている夫婦に見えるのかしら。

どうしようか迷ったが、写真の丸い器の方に決定。

 『この器、サラダを盛るとすごく栄えますよ。』

 『そうですね。筑前煮とか煮物でもいいですね。』

 『いや、サラダがイッチバンいいんです。
 グリーンの葉や赤いトマトがとても栄えるんですよ。』

 『うちは食事する時間帯が今は別なので、
 サラダは個別に盛るんですよ。
 でも一緒に食べる時はサラダを盛ってみます。』

 『そうです。是非そうなさって下さい。
 ただのサラダも美しく見えますから。』


 もしもし? 
何の変哲もないただのサラダ(←ここまで言ってない)だなんて
失礼しちゃうわっ。

しかし、悪気はなさそうだし
おもしろい人だなぁと思いながら話していたし
器も気に入ったので予算いっぱいいっぱいまで購入。

陶器市の時にまた行ってみようかな。
女将を観察しに(笑)

☆☆☆ おまけ ☆☆☆

昨年末、ダスキンの営業マンが
『試しに使ってみませんか?』と
モップを2本と換気扇フィルターを持ってやってきた。

その営業マン、上記の女将とま逆な人。
口癖の様にずーっと『すみません』を繰り返す人だった。

月々の金額も手頃だし、
やってみてもいいかなぁと思っていたところ、
営業マンの彼が回収にやってきた。

 『す、すみません ご使用ありがとうございました。
 回収に参りました。』

 『ありがとうございます。年末だから助かりました。』と

モップを2本渡すと、

 『す、すみません。ありがとうございました。
 すみません失礼します。すみません

とそそくさに去ってしまった。


あ、あれ?営業はよかったのかな?

使用した感じはどうでしたか?とか聞かなくてよかったのかな?

もし、言われたら契約してもよかったのに。


あーた、有田の女将の元で修行してきなさい!




ところで・・・・

モップを渡した時点でそそくさと帰られてしまったので、
まだ換気扇のフィルターを返していない。

そして彼は未だ取に来ず。

もしかして、取に来るのが気が引けて、
自腹で会社に払っていたりして・・・・。


国内旅行:九州Comment(5)Trackback(0) | Top ▲

コメント

すてきなお皿ですねー、私も黒いお皿って使いやすくて好きです。
でもサラダって押し付けなくてもいいのにね・・
私も素敵な和食器がほしいなぁ。帰国したらきっと食器を買いに行きます。食洗機で洗えないからどうせ稀にしか食卓に登場しなさそうだけど・・


No:1568 2009/01/09 08:51 | ぴぎゃ #-URL編集 ]

読んでて笑っちゃいましたよー。
素敵な食器が買えてよかったですね。
女将さんのセールストーク
うちの旦那だったら馬鹿みたいに買わされちゃうかも。。。
洋服でもなんでも
「またいろいろ見てみますー。また寄らせてくださーい。」
って私が切り上げさせないと終わらないんですよ。
お店の人は売るのが仕事なんだから!!
って言ってるんですけどね。


No:1569 2009/01/09 09:11 | Haeschen #-URL[ 編集 ]

【ただのサラダも美味しく見える】魔法のお皿を手に入れたとはすごいです、(笑)
私もこの女将に一度会ってみたくなりました。


No:1570 2009/01/09 09:59 | ごーさん #-URL編集 ]

もろあいさん、遅くなりましたが明けましておめでとうございます☆

タコ唐のお茶碗、素敵ですね☆佐賀・有田ななんて眩暈がするほど羨ましいです。行きたい!!!!!!!
しかしそれにしても女将さん、うに最高。それに比べてダスキンマンさん・・・その対極さに笑いました。^^

2009年がもろあいさんご一家にとって楽しく充実した1年でありますように。今年もよろしくお願いします☆


No:1571 2009/01/09 19:11 | Sunny #mQop/nM.URL編集 ]

ぴぎゃ さんへ

ドイツの食器洗いってパワフルなのかしら。漆やクリスタル意外にも使えない食器類って多いのかな?
帰国時に素敵な器に出会えますように。

Haeschen さんへ

私、きっと旦那さんタイプです。
勧められるとだんだんその気になってきちゃうんですよね。
懐に余裕がある時の買い物時はHaeschenさんのように「まだいろいろ見てきます、また寄らせてもらいますね~」って切ってくれる人が必要かも。
うちの旦那は相談しても9割方「買えば?」ですから。

ごーさん へ

魔法の皿だと思えば、なんだか価値あるものに思えてきました。
有田に行かれるときは是非にでも器を買いに行って・・・ではなく女将を見てきてください。

Sunny さんへ

こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

Sunnyさんが有田に眩暈がするほどに魅力を感じられるのはすごくわかるような気がします。
陶器市の時はすごいですよ~。店先まで陶器を出した店がずららららーーーーっと何キロも続くんですから。
きっと眩暈どころか倒れちゃいますね(笑)

もともと和食器が好きだったんですけど、Sunnyさんの影響か、もっと好きになりました。
料理って、盛り方も器もテーブルセッティングも重要ですよね。

今年もうっとりするような写真、期待してます!


No:1572 2009/01/09 21:14 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。