健康診断にて

►2009/02/18 22:06 

先日、旦那の会社が属する
保健組合主催の健康診断へ行ってきた。

そこでおもしろい女性と遭遇した。

この保健組合には全国のいろんな会社が属していて、
何十万人という組合員がいる。

よって、となり合わせた人が
旦那の会社社員の奥様っていう確率はかなり低い。

そんな、係員の説明する声しかしない静かな会場に
その女性の声が響いた。

 『あの、ワタクシ、○○太郎の妻、花子でございます! 
こういうところへは初めて参りました。よろしくお願いします!』と

結構な大きな声で受付をした。
そして、並んだパイプイスに座るいろんな人に
 『○○です。こんにちは。』と一礼して座った。

多分、彼女は会場内にいる受診者は
すべてご主人の会社の人ばかりだと思っていたっぽい。

フレッシュな人だなぁと思わせてくれた彼女には、
検診中ずっと笑わせてもらった。

 『こちらでは体重と身長を測ります。
 靴を脱いでそのままお上がりください。
 体重は1キロ引いて記載します。』

 『え?1キロも減らしてもらえるんですか?
 実は今日薄着してきたんです

検診のスタッフは
「いや、誰もそんなこと聞いてないよ。」と言わんばかりの顔で
苦笑していた。

そして採血の時・・・

 『本日昼食はとらずに来ましたか?』

 『はい、食べてません。』

 『朝ごはんは食べましたか?』

 『はい!トーストと、○○と○○と・・・・・を食べてきました。』

 『そ、そうですか(笑)』

メニューなんて誰も聞いてないし。
それに前の人もそんなこと答えてなかっただろうに・・・。

お次は心電図。

 『あ、あの私、今緊張してるから異常が出るかもしれません
 という声が聞こえてきた。

いちいち声が大きいのですべて聞こえてくる。

他の受診者は「はい」とか「ありがとうございます」とか
「よろしくおねがいします」とか
小さな声で話している中、

メタボ検査の腹囲測定時でも、
眼圧測定時でも、
ずーっと大きな声で検診スタッフと会話をしていた。

家でもこんな調子なのかしら。

カーテンの中から問診のやりとりが手に取るように聞こえてきて、
隣の人と思わず目が合ってしまった。

イメージとしては、マラソン選手だった松野明美さんって感じかな。


この日の出来事を、帰宅した旦那に話してみた。

すごい人と一緒になったよ、という感じで話したのに、
旦那は

 『かわいいやん。』と言った。

あの調子で一日中話されたら大変だろうなぁ、とは思ったが、
友人知人が

 『あんたのマシンガントークも似たようなもんじゃない?』と
 言っているのが容易に想像できてしまった。

旦那が『えー、それは大変だ。』と言わなかったのは
私に鍛えられているからかな^^;

テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

福岡生活Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

コメント

待ち時間に、退屈しなくて良かったですね。
私も去年初めて行きましたけど、スタッフがすごい機械的な口調で嫌になりました。
まあ、何度も何度も同じ説明してたらあ~いうふうになっちゃうのかな??
ちなみに子供も連れて行っちゃいましたけどね。


No:1658 2009/02/19 20:49 | あきぼ #-URL[ 編集 ]

あきぼ さんへ

子連れって、二人とも?
私は妹に預けていきましたが、来年、大人しく座ってくれてそうだったら子連れで行ってみようかな。

今回の検診、あきぼさんのところと同様、かなり機会的でしたよ。
受診者の顔もみてない感じで。


No:1660 2009/02/19 22:04 | もろあい #-URL編集 ]

爆笑

夫と二人で爆笑させていただきました~~!
楽しい検診でよかたね(笑)


No:1841 2009/05/24 02:08 | kiyopi #-URL[ 編集 ]

kiyopi さんへ

まぁ、ご主人とも読んで頂いたなんて。

バンコク生活も楽しまれているみたいですね。
kiyopiさんのお城(ご自宅)の特集組んでください。
確かベットの写真はあった気がしたんですけど・・。

素敵過ぎて卒倒しちゃうかも。




No:1843 2009/05/24 15:51 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |