頭の老化チェック

►2009/03/16 14:53 

先日たまった新聞をみていたら、
地元の大学の後期試験問題が
回答と共に載っていた。

果敢(無謀?)にも解いてみた。

載っていたのは英語と数学。

まずは数学・・・・。


 『どれどれ・・・?ふむふむ・・・。うーん・・・と・・・・。』

問題の意味すらわからず・・・・

各設問のジャンル(関数とか行列とか確率とか)が何であるか、
しかわからなかった。

 『この記号なんていう意味だったっけ・・。
  っていうか、何て読むんだっけ??』というお粗末な結果に。。


5分もかからずに撃沈し、あきらめた。


 『ま、気を改めまして、お次は英語~。
  何々?第1問は冒頭の4行の和訳ね。えーっと・・・。

  えーっと、この単語何て意味だったっけ。
  ナントカが、ナントカの、えーっと、ナントカと共にナントカした・・・』

単語、分らなさすぎ
かろうじて文の構成はわかったが、知らない単語はいくつもあると
さーっぱりわからない。

回答例を見てみた。

 『・・・なんのこっちゃ。和訳された文の意味すらわからん。』


こりゃ、そうとうやばいぞ

なんだかもやもやしながら違う日の新聞をみていたら、

地元県立高校の入試問題
載っているではないか!

これはいいところに!リベンジするにはちょうどいい!と
解いてみることにした。
リベンジというには随分とレベルが違うのだが・・・。

県立高校の入試問題ということは
中学卒業レベルの問題であり、
つまり一般常識レベルということになうる。

これは解けないと恥ずかしいぞ。

気合を入れて解き始めた。


ふふふーん


こんなレベルで喜んでいいのかわからないが、

 『私、すごーいまだまだイケル(←当たり前)』という結果に。


社会は日本史に世界史、公民に地理がある。
解く前はどうかなぁ~と思っていたが意外と解けた。

どれも一般常識的なものばかり。
中四国の地図があって、
<県名と県庁所在地の名前が違う県を塗りつぶせ>とか。

当時苦手だった戦国時代も、
社会人になって沢山みた時代劇(主に大河ドラマ)のおかげで
すっきり頭の中が整理されている。

【クレジットカードの利点や注意点】に関するものがあったりして、
今はこんなことを勉強しているのかぁ~となかなか面白かった。

<勉強が仕事>だった時代から
2~30年もたった、というわけでもないのにこの衰え様。

 『ねぇ、お母さん、ここ教えて。』と言われても

 『どれどれ~?あぁ、ここはね・・・・』と
姫が中学くらいまでは答えられるレベルを保たなければ
親の威厳形無しだ。
   


テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

わたしComment(6)Trackback(0) | Top ▲

コメント

高校の入試問題なら解けるかなー?
将来、子供と一緒に教科書開いて勉強しようかしら??


No:1697 2009/03/16 20:57 | あきぼ #-URL[ 編集 ]

えー!私自信ないな。。。
momoさんが小学校高学年になるまでにどうにかしなきゃ!
歴史とか理科とかもはや小学校レベルも危ないと思う…。


No:1698 2009/03/16 22:25 | Haeschen #-URL編集 ]

こんにちは
小学校、高校の問題すら解けないのですから私には絶対無理ですね。それと私は男ですので子供が小さいころは奥さん任せでしたから何もわからなくても大丈夫だったのでラッキーでした(笑)


No:1700 2009/03/17 14:20 | ごーさん #-URL[ 編集 ]

私も昔よく大学入試問題を解いてました。年々解ける問題が減っていき、今は問題の意味すら分からないかも。
中学の数学の問題集はトイレわきに常備していて、時々パズルの代わりに遊んでいます。
でも社会とかはきっともう中学レベルでもだめでしょうね。日本人としてのいわゆる一般社会常識問題が解けない人間になってしまいました。(悲)


No:1703 2009/03/18 19:30 | phary #nlhry96YURL編集 ]

偉い!

問題を解こうとされたもろあいさんが偉い!私には思いもつきません。><
でも勉強を教えられる親はいいですよね。私もいつも父に数学を教えられ、分からなくて呆れられてましたが・・・>< 

あ、とーーっても遅くなりましたがリンクさせていただきました。事後報告でごめんなさい。都合悪ければその旨教えてくださいね☆


No:1705 2009/03/20 16:42 | Sunny #-URL編集 ]

あきぼ さんへ

多分、今は解けると思いますよ。
でも、チビの成長とともに衰えていくでしょうから、一緒に解くというのは厳しそうです。
一緒に一から勉強しなおしかも。

Haeschen さんへ

そうそう、小学校高学年のレベルの方がかえって必要かも。中学生の娘が質問をしてくる場面はあんまり想像出来ないけど、小学校高学年の娘が宿題の相談にくる場面はなんか想像出来ます。
数学は公式が使えるけど、算数って結構公式がない問題が多くてかえって難しいんですよね。
私もがんばろーっと。

ごーさん へ

そうですよね。子供の宿題の手伝いって家にいる母の仕事ですよね。
小学校の先生をしている妹が言うには、『宿題をちゃんと見てもらっている子供の成績はいい』だそうです。
私も娘の宿題を手伝いながら6年かけて遠く昔の知識を掘り起こしますわ。

phary さんへ

さすが pharyさん、すごい!そうか、だからお嬢さんのレポートを手伝うよ!とか言えちゃったりするんですね。
社会科の地理なんかにうとくなっている分、きっと世界史なんかは詳しくなっているんでしょうね。

Sunny さんへ

子供へ教えられるのって素敵ですけど、我が子へものを教えるのって難しいらしいですね。「なんで出来ないの?」って悔しさも倍増らしくて。
私も父に算数を教えてもらった記憶があります。教えてもらったというか、問題を解かされて解けずに怒られて泣かされたといういやーな思い出になってます^^;

リンク、嬉しいです♪

おこさんネタ、楽しみにしてますね。


No:1708 2009/03/20 22:23 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |