スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

トホホ イタリアン

►2009/09/12 12:00 

私は昔から何事もかたちから


学生時代『よし、もうすぐ○○試験だ』と思うとまず
机ではなく文具屋に向かった。

社会人になり、懐に余裕が出てきたさらにひどくなった。

本や道具を買い揃え、
『ふふふ。』とそこでかなりの満足感を得てしまう。

『こんなに買っちゃったんだからやらなくっちゃ。』と気分的に
追い立てられて始めることもあれば、
中には道具をそろえて終了・・・・ということも(苦笑)



最近「なんでもやってみたい!」という欲張りモード。
昨日の記事

その中には「なんちゃってイタリアンからの脱却」もある。


基礎から勉強してみよかな~と
詳しく解説がある本と、
自分好みのレシピが沢山載っていた本を2冊購入。

↓↓↓1冊目。【イチバン親切なイタリア料理の教科書】
22222222222222222222222.jpg

著者: 川上文代
出版社: 新星出版社


↓↓↓2冊目。 【うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理】
1111111.jpg

著者:Taeko Fortunati(タエコ・フォルトゥナーティ)
発行:講談社



ネット上のレシピ集なんかでも十分対応出来るのだが、
かたちから入る私としては手元に本が欲しくて

イタリア料理はすごく好きでよく食べに行く。
自宅でも意外と作りはするが、
なんせ「なんちゃってイタリアン」なんで知識はゼロに近い。

ハーブだって、名前は結構知っているが、
オレガノとかセイジ、タイムなんかは
香りや味がぱっと思い浮かばない。

松の実や、赤ワインビネガー、バルサミコ酢、
ケイパーなどなど、我家の食卓には縁のない食材も沢山あって
『ほぅ、ほぅ・・・』となかなか面白い。

そこで「何事もかたちから」のワタクシは
まずは材料集めから開始

ネットで検索したりデパートに行ったりして
いろんな道具を物色。


9月9日は三女の誕生日
次女も来て、3姉妹+姫と姪っ子で誕生会。

これは「初本格イタリアンを!」と思い
2品だけチャレンジしてみることにした。

ひとつはトマトベースのソースで煮込んだ【タコ煮込み】(写真はなし)

タコを鍋に入れる前の下準備として、
タコをビニールに入れてめん棒で根気強く叩いて柔らかくする
というのがあった。

買ってきたタコをビニールに入れ、テレビを見ながら
ゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴン!
ダンダンダンダンダンダンダンダンダン!
と丁寧に叩いてみた。

「タコの吸盤がビニールにつかなくなるのが目安」
書いてあってあのだが、
最初から特にビニールに吸い付く感じもなかったので
『こんなもんかなぁ。こんなもんかなぁ。柔らかくなってきたかなぁ。
ゴンゴンゴン、ドンドンドン・・・』と叩き続けた。

そうこうするうちに、



吸盤がビニールにつかなくなる云々ではなく、
吸盤がぽろぽろとれてきた



『あら?あら?』と思いながらもそのまま料理を続け、
煮込み始めてから衝撃的なことを発見。



 『いやーん 買ってこなきゃいけなかったのは、
 生タコだった!私ってば
 ボイルされたタコ買ってきちゃったー

なるほどね、だから吸盤がビニールにくっつかなかったのね。


ボイルされたタコを煮込んだもんで、
仕上がりはなんとも歯ごたえのある【たこ煮込み】になった。

味は・・・。
今まで使ったことがない材料をいろいろ入れたせいか
独特な風味がした。

旦那はトマトソース(ケチャップ系)の料理が苦手。
きっと、旦那には
 『刺身醤油で食べた方が何倍もうまい。』って
言われるだろうなぁと覚悟していたら

 『お、意外と美味い。タコが噛みごたえがあっていいね。』
となかなか好評だった。

私には「ゆですぎて硬くて食べにくい」タコが
旦那には「硬くて噛みごたえがあっていい」らしかった。

ま、結果オーライということで。


食後は次女が調達してくれた「16区」のケーキで乾杯。
なんとも上品な味わいで
さすが高級ケーキは違うなぁと思った。

↓↓↓ケーキ
090909_2112501.jpg

M(三女)、お誕生日おめでとう。
素敵な一年になりますように!




テーマ : 気ままな主婦日記 - ジャンル : 日記

Comment(5)Trackback(0) | Top ▲

コメント

ゆでダコが吸いついたらこわいですね~。
いや、でもおっちょこちょいなワタシは笑えないなきっと。
最近実家がベランダ菜園にはまっているので、採れたてバジルソースをいっぱいもらいました。
ただオイルがおいしくないのか、ジェノベーゼを作ったんですけどいまいちなんですよね。
多分実家作のバジルソースの時点で松の実もクルミも入ってないので、風味が足りないせいもあると思うんですけど。
イタリアンは見た目も豪華だし、みんな好きだし上手になってもてなしたいですよね!!


No:2042 2009/09/12 18:35 | Haeschen #-URL編集 ]

かたちからはいるのわかります。
問題集買っただけで満足みたいな。
本人はなんちゃってイタリアンでも、もろあいさんの料理は、私からしたらすてきなイタリアンですよー。
ブログで公開したからには!ですね。次回のお宅訪問が楽しみです!!
私としては、
「タコe-352をビニールに入れて‘綿棒‘で根気強く叩いて柔らかくする」
っていう誤植がめちゃくちゃツボでした。e-350その後、ずーっと想像してしまいました。
根気よくどれくらい続けたらやわらかくなるかなe-455


No:2043 2009/09/12 19:43 | Sくんかあちゃん #-URL[ 編集 ]

あの~~もしもし、
ゆでタコの吸盤ってどうやってもくっつかないと思うのですが・・・・・・、
普通の人だったら間違って買ってしまってもすぐに気が付くはずなんですけど・・・・・
たこ煮込み旦那さんまさかイタリア料理とは思わないで食べていたのではないですか・・。


No:2045 2009/09/13 05:53 | ごーさん #-URL編集 ]

ちゃんと本を読んでから作りましょうね。
材料が無駄になっちゃいますよ。

三女さん、私と姫と誕生日が一日違いだったんですね。お祝いメッセージ、ありがとうございました。


No:2047 2009/09/13 19:48 | あきぼ #-URL[ 編集 ]

Haeschen さんへ

手作りバジルソース!私も明日あたりに作ろうと材料を買ってきたところです。うまく出来るかしら。
イタリアンは色がきれいなイメージがあります。
おもてなしには見た目的にもいいですよね。

Sくんかあちゃん さんへ

指摘するまで“綿棒”になってることに気づかなかった!
あれ、木のめんぼうってどんな字だったっけ・・と調べちゃったよ。
私も想像してわらっちゃったわ。しかも涙出して(爆笑)
ご指摘ありがと。

もうちょっと腕があがったら食べに来てね^^

ごーさん へ

買い物には「生だこ、生だこ、生だこ・・・」とブツブツ言いながら買ったんです。刺身のところで買ったので全然気にもせず・・・^^;
生だこを買ったことがなく、あれからいろんなスーパーの鮮魚コーナーを注意深くみてまわったんですけど、置いてないんですよ。生だこ。
みんな生だこ買わないのかな。

あきぼ さんへ

本はよーく読んで、買い物リストにも「生だこ」って書いて、「生だこ生だこ・・」とぶつぶついいながら買ったんです。
刺身コーナーで何の疑念もなくかっちゃったんです。
うっかりというレベルではなく、アホでした。

次回は生だこで再チャレンジしてみます。





No:2050 2009/09/14 22:29 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。