FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

桂林 ~観光地②~

►2006/10/25 19:08 

<象山岩>
桂林には、山というよりは、岩が沢山そびえたっている。
日本の様に、なだらかで山々が連なっているという感じではなく、
一つ一つの岩の様な山がにょきにょき生えている(?)感じだ。
側面は岩肌が露呈していて、岩に木や草、コケが生えている。
そして、岩にはそれぞれタイトルが付けられている。
象山岩というところは、
象にみえる大きな岩の様な山が有名な観光地になっている。
↓↓↓
zou

象のオブジェなどが置いてある。
そこで民族衣装を着て10元(150円)で写真を撮ったりした。
相変わらず私はコスプレまがいなこと好きだなぁ、と
苦笑しながらも楽しく撮影。
↓↓↓
isyou

言われれば見えるけど・・と思った岩も、
何回か見ているとだんだん象さんに見えてきた。
それなりに楽しめたスポットだった。

<畳彩山>
桂林市内を一望出来る山に登った。
かなり汗だくになったが、頂上から見た風景はとても美しかった。
桂林は意外に都会で驚いた。
↓↓↓
itibou

ここで見つけたおもしろいものは二つ。
一つは落下注意のマーク。本当に人が落ちそうな絵だった。
↓↓↓
ma-ku

あとは“籠”。
頂上まで登る、人力の乗り物で、簡易的なおみこしのような形をしている。
みこしをかつぐおじさん達は日本語で
『かご!』『かご!』『安いよ~』と話しかけてきた。
ここでも日本人観光客が多いんだろうと感じた。

<川下り>
水墨画や絵葉書で見る風景が頭に定着されてしまっているせいか、
まさか何十人も乗れる遊覧船で川下りをするなど思いもよらず、
昔ながらの、船頭のおじさんが長い棒をもって漕いでくれる小船に数人で
乗るとばかり思っていたので、とてもびっくりしてしまった。
ガイドさんは、私がもっていたイメージに驚き、
『もし、人力で下れば丸2日はかかるでしょう。』と言っていた。
川下りは見ごたえ十分で、なんと4時間も船にゆられた。
船は結構大きいのだが、このサイズの船が約100隻ほどが行き来するらしい。
100隻!!本当か??と最初は少し疑ったが、
船着場を見て納得した。それくらいありそうだった。
昔から一度行ってみたかった桂林、写真で見るような朝もや・・というような
幻想的な風景ではなかったが、来てよかった~と思える美しいい景色だった。
↓↓↓
rikou
 


 

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

旅行・桂林Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。