スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

姫のこわいもの

►2010/10/09 01:09 

姫が言うことをきかない時やおとなしくさせたい時に登場させる、
親にとって都合のいいとうかありがた~い存在がある。

姫が苦手なもので、“脅し”効果ナンバー<かえる>

なかなか歯磨きをさせてもらえない時等、
 『姫、早く歯磨きしないとカエルさんが来ちゃうよ!大変大変!』と言えば
おとなしく従ってくれる。
もちろん私も迫真の演技で「お母さんも怖い!大変!」という雰囲気を出す。


なぜ姫がカエルが苦手になってしまったというと・・・


母がよかれとカエル型の和小物を作ってくれた。

↓↓↓カエルの置物
DSCF0314.jpg


最初にこれを見た時に姫は固まった(笑)
どうやら赤の生地と目が怖かったようで。。。

これはお手玉のように中に小さなパイルのようなものが入っていて
いろんな体勢になる。

↓↓↓こんな感じに
DSCF0313.jpg

子供目線で見ると怖いかな??

↓↓↓ぶら下げるとこんな感じ
DSCF0321.jpg


最初は姫の反応がおもしろくてイタズラしてたら
すっかりカエルが嫌いになってしまって、
夏に買ったかわいいカエルの絵がプリントされたプールには
「カエルしゃんだ・・」と入ろうともしてくれなかった。

少しするとこのカエルにも慣れてきてしまったが、
『○○しないとカエルさん来ちゃうよ!お母さん怖いなぁ。』と言った後、
声色を変えて
『○○しない子はだぁーれだぁぁぁ。』なんて言おうもんなら
効果抜群!

いやぁ、便利な存在だわ。カエル様様って感じ。

最近はこのカエルのビジュアルにも慣れてきたようで
存在自体を見せずに実体のないものとして登場させるほうが効果アリ。

なぜダメなのか、なぜ○○しないといけないのか、
本当は理由を言い聞かせてやらせるのがいいというのはわかっている。

しかし、このカエルに頼りたい場面に一日に何度も遭遇すると
ついつい頼ってしまう。

昔、≪日本昔はなし≫バージョンで
食べものを残すと“もったいないおばけ”が出る、というCMが
あっていたし、少しくらいはよかろう、なんて正当化させちゃったりして。

姫はカエルだが、姪っ子はというとクモ
妹宅は家の中によくクモが出没するようで、
しかもちょうどいいタイミングで出るらしく
「いい子にしてないとクモが出てくる」と本気で信じている様子。

姫はクモをそんなに怖いとは思っていないらしく、
姪っ子もカエルがそんなに怖いとは思っていない様。

お互いちょっぴり悪知恵が働くようになり、姫は
 『NNちゃーん。クモよぉ。クモ。クモいるよ~。』と言い、

姪っ子は
 『姫ちゃーん。カエルしゃん来たねぇー怖かったねぇ。』
とお互いを脅かす(笑)


先日、すごいものを見つけた。

タカラトミーが出している本物顔負けの動きをするおもちゃの虫。

↓↓↓HEXBUG nano
DSCF0324.jpg

電動ハブラシくらいのバイブ音と振動で
キショーキモイ!キモイ!キモイ!と
鳥肌が立つような動きをする。
壁にぶつかると方向転換し、ひっくり返っても元に戻る。

一体だとそうでもないが、これが数十匹いると
おもちゃだと分かっていても近づきたくない感じ。

YouTubeで映像をみたら鳥肌がたって仕方がなかった。


妹と「これはカエル(クモ)の後釜になる」と1体ずつ購入。


いやぁ、これは効果抜群!
怖がる怖がる。
この虫は<ブルブル>と命名された。


いつまでこの虫効果が継続するかな~。



★★★ おまけ ★★★


姫の新しいお友達がやってきた。

↓↓↓姫の愛するミッキー!
DSCF0327.jpg

姫とほぼ同じサイズ。

先日またまたディズニーランドへ行ってきた。
2泊3日でディズニーランドオンリーの旅。

2日目に叔母が駆けつけてくれ、
記念にと買ってくれたのだ。

寝るときもトイレに行く時もずっと一緒。
ぬいぐるみ(おもちゃ)というよりお友達という感じ。

叔母様、ありがとうございます



ディズニーランド旅行記はまたこんど。


テーマ : 2歳児の日常 - ジャンル : 育児

子育て記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。